broncomaniacのブログ版

2016.10.13 明日もう試合だよ

現地水曜、次戦前日の練習でも左肩を痛めているQB Trevor Siemianはlimitedの練習参加。木曜の@SD戦の出場ステイタスはクエスチョナブル。Joe DeCamillis代理ヘッドはSimianが先発するかは試合当日の判断になると話した。特に怪我の悪化などがないかぎりSD戦には先発するとみられている。ほかKayvon Websterもハムストリングでクエスチョナブル、DeMarcus Wareは手の骨折でアウト。他は怪我人リポートに名を連ねている選手はいない。RT Donald StephensonとTE Virgel Greenはようやく出場へ。3試合そろって欠場していた2人の復帰は大きい。2人の欠場でランが出なくなっているBroncos。SDのラン守備はリーグ8位だ。

前戦でAtlantaのTevin ColemanとDevonta Freemanの2人のRBにパスコースを好きに走られたBroncos。ILB Brandon MarshallとTodd Davisもカバー出来ずに終わった。
このAtlantaのRBを使ったパスでのBroncos守備攻略は昨年もNEが盛んに試していたが昨年のNEは不発だった。しかしAtlantaはBroncos守備をRB陣をパスコースに出すプランで攻略した、これがBroncos守備を倒すブループリントになるのだろうか。TJ Wardは
「すべてのチームがAtlantaと同じ戦力があるわけではない。Atlantaには2人の優れたRBがいる。Detroitも2人いるね。動きの素晴らしい2人がね。でも殆どのチームは彼らのようなタイプのRBなんていない。Atlantaは我々守備に対応出来る選手がいた。我々もベストの試合が出来なかった。だから彼らが勝てたんだ」と話している。
昨年のNEはAFC選手権でRB James WhiteをWRの位置の置き16回ものパスをWhiteに投げた。しかし成功はわずか5回だけだった。違いはなにか。AtlantaのColemanは40yを4.39秒で走る。Whiteは4.57秒。Demaryius Thomasは4.38秒。このスピードでキャッチ能力があればいかにカバーに定評があるMarshallとはいえ太刀打ち出来ない。またAtlantaはDenver戦までRBにディープを走らせるプレイは見せていなかった。Marshallは
「もし彼らがRBをディープに前から走らせるプレイをやっていたなら、僕もやられることはなかった。僕は彼についていけなかったのではない。ただ予想しないプレイをやられただけだ。だから攻撃CのKyle Shanahanには素晴らしい仕事をしたといいたい」と話している。
次戦のSDのエースRBはMelvin Gordon。5試合で14キャッチ122y。
DeCamillis代理ヘッドはSDもGordonをレシーバーとしてラインアップさせると予想している。
「してくるだろうね。うちのLBも準備しているよ。彼らは同じような攻撃を受けるとわかっている。ちゃんと準備しているよ」と話している。ただしMarshallは
「このリーグはすぐコピーするから彼らSDも狙ってくるだろうけど、Colemanは40y4,3だよ。とんでもなく早いんだ。ほとんどのレシーバーより早い。誰もが同じように出来るわけじゃない。挑戦してきても同じ結果にはならないよ」と話している。MarshallはLBがレシーバーにマンツーマンで守ることに誇りを持っている。NFLのほとんどのチームの優秀と呼ばれるLBもパスカバーではほどんどがゾーンだ。
「全部ゾーンだよ。うちは全部マンツー。うちはNFLお数少ないマンツーのチーム。コーチが我々を信じているからだ」とMarshall。

スポンサード・リンク

  1. 2016/10/13(木) 23:11:09|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)