broncomaniacのブログ版

2016.10.14 試合後記

LT Russell OkungがSD戦後に救急車で病院に搬送された。広報のPatrick Smythによると脳震盪の症状としている。病院で診察を受けたが早々に退院となっている。本人はTwitterで心配してくれた人ありがとうとつぶやいている。暖かいSDでの試合でもしかすると暑さが原因だったのでは・・とは地元ライターMike Klis。

Broncos攻撃ラインはRT D Stephenson、TE V Greenが戻ってきても穴をあけられず、ラン攻撃は不発。パスプロテクションでもパスではほぼ毎プレイ、ポケットはすぐに狭くなり、QB Siemianは短いルートしか見る時間がなく、苦しい戦いとなった。
Siemianは10y以上のパスは9回投げ成功わずか1回(反則で取り消しのパスもあったが)。立ち上がりの悪さも顕著となってきている。Broncosは第1Qも得失点ディフィレンシャルはマイナス28。しかし第4Qはプラス57。

この日12もの反則を犯したBroncos。攻撃ラインは全員反則を記録。

Von Millerが今日もサックで開幕から6試合連続でサックを記録。今季7.5サックとなった。

Profootballfocusの攻撃トップグレード
C Matt Paradis, 79.9
RB C.J. Anderson, 77.5
TE John Phillps, 74.4
FB Andy Janovich, 70.5
RB Devontae Booker, 70.5
守備のトップグレード
ILB Brandon Marshall, 87.4
OLB Von Miller, 84.3
CB Bradley Roby, 77.9
DT Sylvester Williams, 76.7
OLB Shaq Barrett, 76.4
なおQB Siemianは40.5。ラッシュをかければアンダーニース、チェックダウンしか投げられないQBと低評価。大金をもらっているD Thomasもこういう時こそサラリーに見合ったプレイが必要なのに出来ず、低評価。

スポンサード・リンク

  1. 2016/10/14(金) 22:57:51|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)