broncomaniacのブログ版

2016.10.29 Anderson怪我人リスト

CJ Andersonが半月板損傷修復手術で怪我人リスト入り。1時間の修復手術はスムーズに終わり将来キャリアに影響を及ぼすこともなし。リーグのルールで各球団1人、怪我人リスト入り選手を8週間後にロースター復帰させることが出来る。今後Andersonは2~3週間自宅のカリフォルニアで過ごし、動けるようなってから球団施設に戻る予定。Anderson自身Denver地元テレビ局のインタビューで、今季プレイ出来るのかどうかはまだわからないと話している。Broncosは新人のDevontae Bookerと3年目のKapri Bibbsの2人がSD戦でボールキャリーを分け合う。SD戦で3人目のテイルバックを出場させるには土曜日の午後までにその選手をロースター下におかなくてはいけない。トレードの締め切り前だが、恐らくプラクティススクワッドのJuan Thompsonを昇格するとみられる。Thompsonは14シーズン、15シーズンの2年間フルにロースターにいた選手。FBとTBを兼用で72回320y、1回平均4.4y。またスペシャルチームでもエース級のプレイが出来る。Bibbsがテイルバックの控えとなるため、怪我を避けるためにBibbsをスペシャルチームから外したい。Tompsonの昇格はBibbsの役割をそのまま引き継げることで一番自然となる。またもしかするとBibbsをスペシャルチームに残しThompsonをBookerの控えとして起用する可能性も。
Kubiakヘッドは
「BookもKapriも今週は良い練習が出来ている。KapriはスペシャルチームでプレイしているからJuanの準備も必要になるかもしれない。JuanはHBでもFBでも素晴らしい働きをしてくれているからね」と話している。
Anderson以外にも怪我人で不安が。臀部を痛めながら今季プレイを続けているセンターMatt Paradiseが今週一度も練習に参加せず。元々は金曜の練習に参加、日曜に備える予定だったが金曜の状態から練習を休ませることを球団は決めたとKubiakヘッド。Kubiakヘッドは今週一度も練習に参加せずともParadiseは日曜にプレイ出来るだろうと話している。またCB Aqib Talibも腰の痛みで今週の練習は金曜のlimited参加のみ。日曜はクエスチョナブル、試合は出場の見込み。アキレス腱のBrandon Marshallは日曜の試合当日判断。DeMarcus Wareは前腕骨折で今週からチームドリル復帰もPhillips守備Cは
「まだ出られる状態ではないと思う。まだプレシーズンモードだよ」とWareの状態についてい話している。

2週間前の対戦ではSDに破れたBroncos。しかしラスベガスのオッズメーカーは今週末のSD戦のオッズを4ー6ポイントBroncos有利の予想。

夏のキャンプで高額サラリーだったBritton Colquittに勝利し正パンターとなったRiley Dixon。Broncosの選択は正しかったのか。
Dixonはここまで
パント平均41.4y、リーグ9位。グロスパント平均46y、リーグ16位。

2015年シーズンのColquittの成績は
パント平均39.5y、リーグ21位。グロスパント平均43.6、リーグ27位。
Dixonは去年のColquittより成績は良く、昨年のパントゲームよりも良化させていることになる。Colquitteは36y以内のシャンクパントが8回もあったのが痛かったがDixonは今季36y以下のシャンクはなし。平均的なパントを蹴り続けているという感じ。ただし匹距離が出るマイルハイでキック力のあるパンターゆえ、全てが短く見える?
また現在Clevelandで蹴っているColquittの今季の成績は
パント平均41.4y、リーグ9位。グロスパント平均46.7、リーグ11位。
Dixonより少しだけ良い成績となっている。

スポンサード・リンク

  1. 2016/10/29(土) 22:24:34|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)