broncomaniacのブログ版

2016.11.4 Talib次戦も危うし

Aqib Talibの腰の具合はかなりの問題かもしれない。現地水曜、専門医の診断及びセカンドオピニオンをあおぐためカリフォルニアに飛んだ。Talibの腰に目立った異変が見えたのはHouston戦での試合前のウォームアップ。その試合ではプレイしたが翌週のSD戦はプレイ出来なかった。カリフォルニアの医師の診断は今すぐ手術が必要なものではないというものだった。ただしTalibが次のOakland戦でプレイ出来るかどうかは誰にもわからない。
「次のOakland戦ではSD以上に良いレシーバーがいるから皆ががんばらないと」とChris Harrisは話している。Talib抜きでSDのレシーバーはシャットアウト出来た。TJ WardはOaklandレシーバーはたいしたことは無い、と凄んでいるがAmari CooperとMichael Crabtreeは強力だ。Cooperは787y、Crabtreeは569yのレシーブヤード。
Oakland戦はハムストリングの痛みでKayvon Websterも欠場となる可能性が高い。Talibの代わりにBradley Roby。そしてSD戦で思わぬ活躍だったLorezo Dossがニッケルで挑むことになる。
またセンターMatt Paradiseも木曜の練習を臀部の痛みで練習休み。RT Okungも休んだがこちらはベテランオフで休養のため。先週ハムストリングで休んだBrandon MarshallはOakland戦は痛みが再発しない限り出場へ向かっている。
日曜のOakland戦はTalib試合前判断、Webster恐らく欠場、Paradise恐らく出場・・・という感じか。
また前腕骨折からSD戦で復帰したDeMarcus Ware。本人もびっくりの予定以上の70%のスナップでプレイ。次のOaklandのDerek Carrには簡単にプレッシャーを与えられない。OaklandはエクストラOLを1人加えた6人の攻撃ラインパッケージを好む。Carrは今季8試合で9サックしか受けていない。Wareの復帰は素晴らしいタイミングになった。

SD戦でサイドラインでSD選手と激突、アバラ骨を折ったWade Phillips守備CがOakland戦をコーチボックスからコールをすることを考えているという。アバラの痛みで痛み止めの薬を摂っているPhillipss守備C
「痛いし、またヒットを受けたくないしね」とPhillips守備C。Phillips守備Cは基本的にサイドラインを好むが2011年のHouston時代に、腎臓と胆嚢摘出をした後、1試合だけコーチボックスからコールをした経験がある。

スポンサード・リンク

  1. 2016/11/04(金) 23:17:59|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (543)