broncomaniacのブログ版

Tauren Nixonとプラクティススクワッド契約。

現地水曜の練習に訪れた選手に二つの驚きが待っていた。一つ目はBroncos練習施設のロッカーに新しく、スーパーボウル制覇のロンバルディトロフィーケースが置かれていた。並べられた三つのトロフィー。もう一つあるとバランスが良くなるがこれはお前らが獲れ!というメッセージ。

TJ Wardは
「練習前にこれを見れることは素晴らしいよ。写真が飾られているよりもずっとね。去年スーパーボウル勝利を経験していない今年入団した選手には凄い新鮮にうつるだろう。これが皆のやる気につながってくれるといいと思う」と話している。
Broncosは今季残り3試合。KCと2試合、Oakland、NEとの試合。次のKC戦からはレイオフモードとなる。
さらに練習にはPeyton ManningがMarshall&Mosleyの子供たちを連れ立って訪問。Kubiakヘッドは
「新人には皆挨拶しろと言ったから、とても長い挨拶の列が出来ていたよ」とKubiakヘッド。QB Siemianは
「彼には”服の下は練習用シャツを着てるのはわかってるよ。早く練習しよう”と言ってみたんだけどさすがに着てなかったよ」と練習後。
Manningとチームメイトの写真は公式サイトのスライドショーでどうぞ。

今週契約したWR Marlon Brown。Kubiakヘッドは
「彼はとても選手。この夏もロースターに残る可能性は高かった。しかし腰に問題があったからね」とKubiakヘッド。

53人ロースターで練習不参加はロングスナッパーのCasey Kreiterのみ。
「ふくらはぎを痛めている。でも彼は最後まで練習には参加しなかったがほとんどのことはこなせた。」とKubiakヘッド。なお毎週ほとんど練習に参加していない臀部の痛みのMatt Paradisは水曜は練習参加も、木曜は休みの予定。

肘の微細骨折から今週末のKC戦での復帰が期待されるDerek Wolfe。KCのリーディングレシーバーのTE Jason KelceをBroncosで最も知る男。University of Cincinnati.時代のチームメイトで
「一緒に住んでいたんだ。僕と彼と彼の兄のJason(現Eaglesのセンター。14年プロボウル選出)。あとほかに3人いて、家でめちゃくちゃだったよ」とWolfe。KelceはVon Millerとここ数試合やりあうなどややいざこざ状態にある。

KubiakヘッドがMinnesotaをカットされたRonnie Hillman獲得のためウェイバー獲得宣言を出していたことを認めた。

KubiakヘッドはKC戦では不甲斐ない先発RT Donald Stephensonと控えのTy Sambrailoをローテーションさせると話した。また場合によってはGも含めローテーションさせたいとしている。またFB Janovichが骨折していた手のキャストが外れ、ここ数試合フラットルートのパスがなかったが、両手が使えるようになったためJanovichへのパスが増えるかもしれない。パスが投げられずとも手に保護具とれたためFBのパスルートという相手守備の警戒が一つ増えることになる。Broncos勝利でランプレイが多い試合ではJanovichの試合出場は40 %を超えている。今季Janovichが出場スナップ40%を超えた試合は6戦全勝。Janovichが試合に出られる展開こそがBroncos勝利の方程式。全戦のみ勝利ながらJanovichわずか12%だったが、これはキャスト着用で出番が少なかった。その前の敗戦のOakland戦では序盤からリードを許しパス一辺倒のためJanovichわずか1%の出場。

Broncosがマイルハイスタジアムの命名権販売やファン向けイベントのパートナーとしてWME-IMGと契約。Broncos社長Joe Ellisは
「命名権販売は我々スタジアムを良くするために大切なこと。WME-IMGとのチームアップは我々組織や我々のコミュニティの価値をよく理解してくれる正しい相手を見つける大きな助けになる」と話している。
WME-IMGは今後命名権販売でBroncosの代理として販売相手を探し、ほか球団イベント、デジタルコンテンツなどフットボール事業以外の活動の多くを引き受ける。
どんな会社かネットで検索してみたら・・・以下Harbor Business Onlineの記事が出てきた。
「2016年3月23日、米大手芸能事務所WME-IMGは、ソフトバンクグループが同社に2億5000万ドル(約280億円)出資したと発表した。欧米メディアによると、出資比率は5~8%とみられる。日経新聞によると、ソフトバンクは「成長性を評価した投資案件の一つ」(広報室)としている。
 WME-IMGは、2014年にハリウッドの老舗芸能事務所WME(William Morris Endeavor)がスポーツ選手のマネジメントに強みを持つIMGを傘下に収めて誕生したエージェンシーである。
 WME(William Morris Endeavor)は、米国の映画ビジネスにおける4大エージェンシーの1つで、競合企業はクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー、ICMパートナーズ、ユナイテッド・タレント・エージェンシーである。100年以上の歴史を持つ。俳優・監督のクライアントには、ラッセル・クロウ、クリント・イーストウッド、リチャード・ギア、シャロン・ストーン、エディ・マーフィーなど。また、ミュージシャンのクライアントには、ブリトニー・スピアーズ、ザ・ローリング・ストーンズ、X JAPAN、坂本龍一がいる。松田聖子も、かつてはクライアントであった。
 一方、IMGは、スポーツ、ファッション、メディアのグローバルリーディングカンパニーであり、事業領域は、イベント、メディア、ゴルフ、テニス、ファッションイベント、ファッションモデル、スポーツ選手のマネジメント、ライセンシングなどなど多岐に及んでいる。 IMGは、1960年に米国クリーブランドの弁護士マーク・マコーマックと、彼の同級生だったプロゴルファーのアーノルド・パーマーの合意で設立された。パーマーのほか、ゲーリー・プレーヤー、ジャック・ニクラウスも所属。彼らのテレビ、CM出演などのマネジメントを行ないながら、多くのメディア企業や金融会社を吸収し、スポーツ業界におけるライセンス・ビジネスを拡大した。
 マネジメントだけでなく、育成にも力を入れている。
 フロリダ州にあるIMGアカデミーは、東京ドーム16個分という広大な敷地に、テニスコート、ゴルフ練習場、バスケットコート、サッカー場、2つの野球場まで揃ったプロスポーツ選手の養成所だ。世界から集まった約600人のアカデミー生は、厳しい練習に耐えながら、プロになるという夢を追いかけている。IMGアカデミーの著名な卒業生には、アンドレ・アガシ、マリア・シャラポア、ボリス・ベッカー、マルティナ・ヒンギス、セリーナ・ウィリアムス、ヴィーナス・ウィリアムスと実に錚々たる面々が揃っている。
 スポーツ関連事業では、ヴィーナス・ウィリアムス、ノバク・ジョコビッチ、錦織 圭などのテニス選手、卓球の石川 佳純、浅田 真央をはじめとするフィギアスケート選手がクライアント(マネジメント契約)として名を連ねる。かつては、韓国のキム・ヨナもIMGコリアのクライアントであった。
 WME-IMGはソフトバンクグループからの出資金を投資、買収、合弁に活用するという。人気イベントの運営権やベンチャー企業の買収、海外事業の拡大などに使う計画であるという。一方、ソフトバンクグループから見ると、2億5000万ドル(約280億円)の出資は、出資比率5~8%とみられ、現状では投資案件にとどまるが、将来ソフトバンクグループの既存事業とのシナジー展開に繋がることもあるのかもしれない。」
だそう。



スポンサード・リンク

  1. 2016/11/24(木) 23:31:27|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (541)