broncomaniacのブログ版

2015.10.19 攻撃主力やらかしまくりもなんとか勝つ なお退場したRayは初期診断はMCL捻挫(2ヶ月アウト?)

1234OT
Denver37310326
Cleveland00716023

@Cleveland

試合登録から外れたのは

DeMarcus WareTy Sambrailo Juwan ThompsonTrevor SiemianDarius Kilgo,Lorenzo DossShelley Smith

G Evan Mathisは試合登録された。またエンドKenny Anunikeが今季初試合登録。プレシーズンで活躍も膝の内視鏡手術で出遅れ。その後回復後も試合登録されていなかった。かわりにKligoが登録から外れている。

AnunikeRB Kapri Bibbsともまだ公式戦でプレイ経験なし。

Peyton Manningは本日手袋をつけて試合に臨む。Clevelandは本日気温摂氏6℃、体感では3℃だという。風が強し。

Clevelandコイントスに勝ち後半のレシーブ。

 前半

第一Q

Boldenがキックオフリターン、転がるキックオフで返すも15yまで。

Broncos攻撃1
自陣14yから。ピストルからAnderson4yでスタート。Manningがプレイアクション&ブーツからSandersへパスヒットでファーストダウン。Hillman出てきて2y、2yで3rdダウン。CJ Andersonが右側大外にラインアップ、LBカバーでスラントパターンでファーストダウン。外からアクロスしてくるSandersへ投げるも、LB Dansbyがパスを読み後ろに下がりインターセプト。

 

Cleveland攻撃1
フィールド中央あたりからと絶好のチャンスのCleveland2回のランでファーストダウン。次の3回の攻撃で5y前進で50FGトライorパントにはいかず4thダウンギャンブル。古巣とのプレイのWardTE Barnidgeをパスカバーしてパス失敗、ギャンブル失敗。

 

Broncos攻撃2
自陣33yくらい。ランで開始。本日Broncosはランを多くしている。ManningまたブーツからSandersへファーストダウンヒット。短いパスとはいえ今日は走りながらのランを2回ヒットのManningHillman2回のランでファーストダウン。敵陣へ。Latimerがフィールドにいた。敵陣でBroncos4thダウン3を迎える。こちらもギャンブル。McManus56yトライは、本日強風のClevelandのため選択せず。D Thomasでファーストダウン。さらにThomasでファーストダウンでレッドゾーンへ。2度のランで少しだけ、3rdダウンで投げるとこなく無念にも本日もレッドゾーンでTD出来ず。McManusFGで先制のBroncos

ランはHillmanのランが確実に3yくらい出ていた。Andersonはちょびっとしか出ない。しかも一度大穴あくもそこを走らないやや失態気味のプレイあり。15プレイ7分を使ったドライブだった。Manningにもプレッシャーあまりかからず、ランもロスすることなく割と前に進んだ。

 

Cleveland攻撃2
風が強く逆風かMcManusのキックオフが短い。短いがリターン出来ず。

自陣18yから。一度のファーストダウンでパントと思いきやMalic Jacksonの要らぬフェイスマスクでファーストダウン与える。何もしなくてもQB McCownはスクランブルでダウンの体勢だったのに・・・・。ラン、さらにRB Crowellへの短いパスでBroncos陣へ入ったところで第一Qおしまい。

 

第二Q

Cleveland攻撃中
Barrettがランをロスタックル。TalibインターセプトリターンTDTalibキャリア8つめ。Broncosは今季4つめのリターンTD60ヤードくらいのリターンだった。100となるとBroncosリード広げる。本日ここまで守備のTD1、攻撃0のBroncos。なおTalibはクリーブランド生まれだそうだ。

 

Cleveland攻撃3
自陣25yから。Broncosはラッシュに人数をあまりかけておらずMcCownへはあまりラッシュはかかっていない。2度のファーストダウン。新人Rayが足を痛める。膝を押さえ非常に痛そうな表情。Lerentee McCrayRayの代わりに。McCray今季初出場かな。とそのMcCrayB Marshallがブリッツからサック。パント。

 

Rayはカートで退場。靱帯をやっていそうな雰囲気。MCLとの情報。

Broncos攻撃3
自陣27yから。D Thomasへロングパス失敗。ラン後の3rdダウンでLatimerに投げるもボールは全然あさっての方向へ。どうやらLatimer全然違うルート走った模様。サイドラインに戻る際ManningLatimerの頭をかなり大振りの平手でひっぱたこうとしたら空振りしてた。

 Cleveland攻撃4
自陣35yから。McCownは早いパスを多用しているが、レシーバーとのタイミングが合わないのか、やたらミスしている。パント。このダウンプレッシャー多かった。

 

Broncos攻撃5
パント短いもClevelandに都合よくBroncos陣にごろごろ。自陣15yから。3rdダウンでフリーのSandersをミスる。プレッシャーで少し早めに投げたけことも理由だけど残念なプレイでパント。

 

Cleveland攻撃5
自陣40yから。RB Johnsonのパスフェイクの外のランでファーストダウン。Broncos陣へ。しかし次のファーストダウンはラッシュにあい奪えずパント。

 

Broncos攻撃6

自陣20yから。Hillman26yラン。さらにWR Caldwellへ。敵陣40yへ。ここで残り2分となる。4thダウン2となる。McManus51yトライへ。失敗。McManus今季初失敗。

 

Cleveland攻撃6
自陣41y。Clevelandがタイムアウトを全然とらなかったので残り18秒。RBへのパスで12y進む。後15yほど進めばFGへ。残る1秒でヘイルメイリー、失敗。前半終わり。

 

前半は攻撃TDなしでBroncos103Cleveland

Manning17回投げて11回成功70yのみ。インターセプト1。
ClevelandMcCown17回投げて7回成功47y。インターセプト1。
一度七分のドライブがあった以外は見所とくになし。
ランは

BroncosHillman1059y、ロング26y。Anderson512y。
ClevelandJohnson524y、Crowell515y。

後半

第三Q

Cleveland攻撃1
自陣25yから。ここ3試合大活躍のTE Barnidge本日初キャッチでファーストダウン。WR Howkinsがワイドオープンで25yパスヒット。さらにCrowellがタックルの外を軽快に走りタックル外し12yラン。レッドゾーンへ。最後TrevathanカバーのTE Barnidgeがコーナーへのパスをキャッチ。Trevathanのカバーはついてはいたも身長差で敗れる。107Cleveland追い上げる。

 

Broncos攻撃1
Boldenリターンもホールディングで自陣14yから。Hillman一発ファーストダウン。しかし3rdダウン2でパスとれず。パント。Hillmanはもう80y近く走っており、本日はHillmanのラン以外は何も無しというBroncosオフェンス。

Cleveland攻撃2
FowlerがフェアキャッチしたBenjaminにヒットかまして15yの反則。自陣35yから。一度もファーストダウンとれずパント。

Broncos攻撃2
自陣20yから。Mathisの代わりに出てるG Garciaがホールディングで10yまで下がる。元々の20yまで戻しただけでパント。

 Benjaminが横に走り巻くって自陣30yからフィールド中央くらいまで戻す。
サイドラインで激しく攻撃選手に激を飛ばすKubiakヘッド。

 Cleveland攻撃3
フィールド中央あたりから。Shaqアタック爆発でノーブロックでMcCownをサック&ファンブルフォース&リカバー。Barrett活躍。

Broncos攻撃3
敵陣42yあたりから。D Thomasでファーストダウン。Hillman15yラン。レッドゾーン入る。しかしここでTDとれず。今日はランが出ているので3rdダウンショートが多いが、そこからのパスがまったくファーストダウンとれない。McManusFG137とリード広げる。Broncosはこのドライブで最後のTDをとってから24ドライブTDなし。現在リーグ最長シリーズ攻撃TDなし。

 

Cleveland攻撃4
自陣20yから。一度もファーストダウンとれずパント。

Broncos攻撃4
自陣27yから。Sandersでファーストダウン。Manning本日ようやくパス100y突破。さらにThomasでフィールド中央へ。さらにHillman4yランで100yラッシュ達成。Andersonはランがほとんど出ないので後半はほとんどHillman。なおBibbsはキャリーなし。多分パスプレイでもプレイしていないと思う。さらにThomas30y内入る。またも3rdダウン2。今日はこの状況でパスでまったくファーストダウンをとっていないBroncosSandersTDパス狙う、Sanders両手にボールあてるもとれず。解説のDan FautsManningのパスは完璧もSandersがジャンプを早くしすぎてジャンプ最高到達点でボールをキャッチ出来ず失敗と解説。McManus39yFGで終わる。167と一本差以上をつけてBroncosリード。

 

ところで今の攻撃中に第四Qに入っていたんだけど、区切るの忘れてしまった。

第四Q
Cleveland攻撃5
自陣20yから。3rdダウン9Darien StewarカバーのWR Benjaminへ、Broncosオフサイドのフリープレイからロングパスは解説のFoutsいわくさきほどのSandersと違い完璧なジャンプ、一気にBroncos30yへ。McCowenのスクランブルでファーストダウンレッドゾーンへ。ゾーンでTE BarnidgeがフリーとなりTD1614Cleveland追い上げる。

Broncos攻撃5
Boldenがキックオフをマフるも拾ってリターン。自陣15yから。Thomasでファーストダウン。LB Dansby2度目のインターセプト、リターンTD。といってもHillmanがはじいたボールなんだけど・・・・。HillmanここまでオフェンスMVPの活躍もやらかしてしまった。ちょっとターンボール気味だったけど。2016となり、2ポイント。パス失敗もTalibがニュートラルに入ってしまっていたため反則、2ポイントを1yからやり直し。パス失敗。2016で終わる。

Broncos攻撃6
自陣25yから。D Sandersへ一発TDヒット75y。トライポイント蹴って2320となる。26ドライブもかかり久方ぶりに攻撃TDをとりました。

 

Cleveland攻撃7
自陣26yから。一度もファーストダウンとれずパント。

パントリターン中にLB Cory Nelsonが膝をぐぎっと痛める。Nelsonはさっきも怪我で試合がとまって、問題なくプレイを続けていたが、今回は・・・。Elwayがスタンドではなくサイドラインに。Nelsonがトレーナーの肩を借りて下がる。

Broncos攻撃7
自陣30yから。ホールディングで下がる。二発パス失敗、3rdダウン20Andersonのドローで保守的にいってパント。 

Cleveland攻撃8
自陣40yから。少し進めばFGに入れる。2回のランでファーストダウンBroncos陣へ。パス失敗もDerek Wolfeが投げ捨てた後にヘルメットへヒットして15y。アホすぎる・・・・。何もしないでFG圏へ入れてしまう。残り2分切ってファーストダウンBroncos11y。しかしなんとか踏ん張りFGへ。成功。2323と同点。

 残り130秒、タイムアウトなしのBroncos

 Broncos攻撃8 
自陣23yから。T Thomasがワイドオープンで走るレーンがあったところでまさかの落球。フィールド中央手前まで戻せるプレイだった。3rdダウン10でブリッツ入ったところでその裏を投げるパスはNorwoodがブリッツ裏のリードが出来ず元のルートで走ってしまったようで飛んできたパスに驚き気味のパス失敗。FoutsWes Welkerだったら理解していただろう、違いが出たと解説。

 Cleveland攻撃9
自陣40yから。タイムアウト全部あり。Benjaminへファーストダウン。激しいプレッシャーの中、無理にMcCown多分外に投げ捨てたもボールはBrutonへごっつぁんインターセプト。

 Broncos攻撃9
自陣30yくらいから。D Thomasでファーストダウン。残り27秒。Sandersへロングパス、ヒット、審判ボールデッド、しかしSandersはダウンと思わずボールもって走る。しかし審判はボールデッド、Sansersが走ったので時間が消費。時間が切れてしまう。ただリプレイではまずSandersが実際キャッチしていたか怪しい、さらにリプレイではキャッチしていたとするとSandersはキャッチ後足が外に出ている。レビューが入りパス失敗。なおSandersは肩をかなり強打したようで痛がっている。

 パント。

 Cleveland攻撃10
自陣20yから攻撃。残り8秒、タイムアウト2回あるも8秒では時間つぶすか、出来てヘイルメイリーか。時間つぶして延長へ。

 Sandersは肩でクエスチョナブル
コイントスにBroncos勝利。Broncosがレシーブ

5Q延長

Broncos攻撃1
転がりパントでBibbsへ飛んできてラッキーとリターン、自陣30yから。Sanders入って居る。しかしSanders肩が痛くルート走れず下がる。3rdダウン7でまたもThomas20yゲインくらいのパスを豪快に落球。ところがなんとこのプレイでCleveland12人選手がいたので、Thomas落球も3rdダウン2でやり直し。Manning浮かしたボールはLB Mingoの頭をまったく越えずごっつぁんインターセプト。

Cleveland攻撃1
Broncos40yから。Jacksonサック!ほか3プレイ全部ロスプレイで自陣でパントのCleveland

Sanders出られないのでNorwoodパントマフ なんとか自分で拾う。

Broncos攻撃2
自陣12yから。Anderson2回で出ず、3rdダウン5TE Daniels本日初キャッチでファーストダウン自陣36yまで戻す。Thomasで敵陣へ。Thomasは大事なとこで2落球も100yレシーブ。3rdダウン2となる。ピストルからAndersonでファーストダウン。FG圏内に入る。ただし風下。Anderson一発ファーストダウンで敵陣25yへ。敵陣17yでMcManus登場。34yほどのエクストラポイントと同じ距離。ただしハッシュマークの外から蹴る。と真ん中。しかしその前にClevelandが嫌がらせタイムアウト。蹴り直しもこの距離ではオートマチックかMcManusさよならFGで勝利。

最後はお互いの攻撃が勝ちたくないように譲り会う展開。

Thomasは一番大事なとこで2落球、Hillman大活躍もパスお手玉インターセプトリターンTDを演出。Manningも相手のインターセプト挙げてるしもうこんなんで良く勝利したといえる。ただ相手もMcCownが要らぬインターセプト投げたりもう譲り合い精神が素晴らしすぎる展開だった。Manningサックなし、Hillman100yラッシュ。と攻撃ライン改善か

  

スポンサード・リンク

  1. 2015/10/19(月) 05:55:01|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)