broncomaniacのブログ版

17.2.16

昨年オフにFA契約したLT Rusell Okung。2年目はオプションとなっており3月9日に17年シーズンから4年48ミリオンうち20ミリオン保障が確定する。Broncosはこのオプションを行使することはなく、Okungが17年シーズンもBroncosでプレイするには契約減給見直し必須と見られている。今季FAまたドラフトでも攻撃ラインの層は薄くBroncosとしては額を安くしてOkung残留を目指す。BroncosはRTのDonald Stephensonを解雇するとみられ、先発タックル2枚を層の薄い今季オフのFA、ドラフトで埋めるには厳しい。

今季FAとなるDT Sylvester WilliamsとはBroncosは再契約を試みない見込みとChannel9のMike Klis。WIlliamsは16年シーズン前にドラフトされてからの5年目オプションをBroncosが行使しない選択をしたことで大きく失望していたという。ただしBroncosはWilliamsのドラフトしてからのプレイ振りにはもっと失望している。今年はCB Bradley Robyに5年目オプションを使うかどうかの選択イヤー。3月2日までにBroncosは18年シーズンの5年目オプションを行使するか選択しないといけない。行使した場合サラリーは8ミリオン強になる。

先発センターMatt Paradisが今オフ2度目の臀部の手術を現地火曜受けた。5週間前に1度目の手術。今回の手術も予定されていたもの。臀部の痛みは大学時代から悩まされていたもの。16年シーズンは痛みの中でParadisは全試合に出場していた。

元BroncosヘッドMike ShanahanがBroncosのQBに関して地元ラジオのインタビューで
「Trevor Siemianにはとても感心したよ。彼の自分自身の扱いにもよい印象がある。リリースもいいしナチュラルなリーダーだと思う。問題は怪我なくいられるかだろ思う。Paxton Lynchの身体能力はみながわかっている。ただ今季の彼はシステムに合わせなければいけなかったからね。次のシーズンはコーチも彼にもっとあったシステムでやるだろう。ただPaxtonも能力はあってもTrevorに競争で勝つにはなかなか難しいと思う」とShanahan。
今季はMike McOoyを攻撃Cに迎えLynchが大学時代行っていたシステムに近いものになるとみられているBroncos。Lynch勝負イヤーともいわれており、Siemianが開幕先発となるとLynchのドラフト1順は失敗だったことになるのでは・・・という雰囲気の中でShanahanのSiemian高評価。といってもShanahanはKubiakのウエストコースとの師匠。ウエストコーストコーチにはSiemianは優秀に感じるのか。

スポンサード・リンク

  1. 2017/02/16(木) 23:11:19|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)