broncomaniacのブログ版

2015.10.28  

Green Bayのオフェンスはハリーアップオフェンスをテンポよく使い相手守備に選手の交代を許さず、守備を混乱させる。Brandon Marshallは
「ライナップし素早くプレイする。重要なポイントは正しくライナップすること。コールを正しく理解しプレイすることだ」と話している。
「もし準備出来ていないと彼らはワイドオープンになり悪夢が始まる。Aaron Rodgersはヒットするのに大きな穴は必要ない。狭い穴でも通す。だから正しくライナップし準備万端でプレイを始めないといけない」
ここ2年のGBオフェンスは早いテンポで3WRセットを多用し攻撃。相手守備に交代を許さず消耗させる。Broncosは守備ラインからセカンダリーにいたるまで、ローテーション方式で次々と選手を入れ替える。GBのオフェンスはBroncos守備にはプレイ以前に大きなチャレンジをもたらす。それゆえGBのオフェンスは8プレイ以上のTDドライブを6回決めているがかかつた時間は最もかかった時間で4分42秒。10TDが4分以下、うち6回は2分48秒以下。幸いにもBroncosは昨年までのFox政権ではAdam Gaseの高速オフェンスを展開していた。ライバルNEとの対戦でもハリーアップオフェンスを経験している。
「我々はテンポの早いオフェンスの練習をしてきている。彼らがテンポを上げてきても、準備万端で挑まなくてはいけない。正しくプレイを理解し準備することだ」と話している。

Peyton ManningとAaron Rodgersの対決は2008年以来。ManningはColts、RodgersなNFL4年目ながら先発昇格初年度だった。GBが34ー14で勝利。

Broncosは怪我人リスト入りしていたDT Marvin Austinをカットした。

スポンサード・リンク

  1. 2015/10/28(水) 23:12:40|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)