broncomaniacのブログ版

17.3.12 守備ライン2人契約

FA3日目。もうランアタックの波状攻撃を受けたくない。Broncosは巨大守備ライン2人と契約。
元CincyのDomata Pekoと2年7.5ミリオン、元IndyのZach Kerrと契約。2人合わせて体重660パウントになり、重量攻撃ラインをもつOaklandと年2回対戦することを含め、ランストップを重視した獲得。
Pekoは325パウンドのノーズタックル。32才でBroncosの守備ラインKyle Pekoの叔父に当たる。PekoはSylvester Williamsの代わりとなりNTの先発の期待。32才だがロッカールームリーダーとして評価も高く11シーズンのうち10シーズンで16試合に出場しているタフネスを誇る。パスラッシュは得意ではないが、ランストップのための大きな戦力となる。16年シーズンはチーム同様あまり良いプレイは見せられなかったがBroncosとしては次の若い守備タックルを探す間、なんとかこの2年繋いでほしいところ。甥っ子Kyleは昨年のBroncosのドラフト外FA新人で1試合にロス2タックルを記録。今回の叔父PekoのBroncos入団には特にリクルートなどはしていなかったという。
BroncosではChamp(CB)&Boss(LB)のBailey兄弟、また90年台にはDave&Doug兄弟(攻撃ライン)Widell兄弟がおり、皆先発で同じフィールドでプレイした。
Kerrは今年27才で335パウンドでIndyのドラフト外FA選手。NTとエンドとローテーションで守っていた。16年シーズンのIndyとの対戦ではBroncosはKerrにサック1、ロスタックル2を喰らっていた。ギャップを守る時よりも、攻撃ラインをペネトレートさせた時のほうが良いプレイを見せていた。
とはいえ2人の契約が即守備ライン強化とはいえないところ。Pekoも16年のプレイはそれ以前と比べるとパフォーマンスダウン。Kerrもあくまでもローテーション選手。Broncosの期待はPekoにはベテランの底力発揮、Kerrにはポテンシャルの開花だ。

スポンサード・リンク

  1. 2017/03/12(日) 23:32:14|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)