broncomaniacのブログ版

2015.10.30  Sambrailoアウト

現地木曜の練習にVon Millerが不参加。親族の葬儀のため故郷Texasへ戻った。金曜朝Denverに戻り、その後金曜の練習に参加する予定。
肩を痛めているLT Ty SambrailoはGB戦も欠場へ。水曜、木曜と練習に参加。特に木曜の練習が出場に向けてのテストとKubiakヘッドは話していた。Kubiakヘッドは
「Tyが戻っても50プレイも出来るとは思えない。」とKubiakヘッド。
GB戦ではRT Ryan HarrisがLTへ、相手RTにはMichael Schofieldが入る。

K Brandon McManusが10月のAFC月間スペシャルチームMVPに選出された。

GB戦のハーフタイムでPat Bowlenオーナーのチーム殿堂入りセレモニーが行われるがBowlenオーナーは来場せずセレモニーに参加しない見込み。チーム広報が明らかにしたもの。Bowlenオーナーはアルツハイマーと闘っている。

Peyton Manningのオマハーオマハーはすっかり流行語になったが、Aaron Rodgersのハードカウントもトップ級。相手を引っかけてオフサイドを誘いフリープレイからロングパスを決めることにかけてはリーグ最強だ。
「アグレッシブを止めてはいけない。たとえオフサイドに引っかかってもプレイを続けないといけない」とDeMarcus Ware。守備は明らかにオフサイドとなると、プレイをやめ棒立ちになってしまうことが多い。そうなるとRodgersは思うままにノーラッシュの中、ディープルートを走るレシーバーをゆっくり見極めボムを投げる。
GB攻撃が相手守備から誘発した守備オフサイドは11回。これはリーグ2位の多さ。Broncosは守備オフサイドを8度犯しておりリーグ最多タイの多さ。GBはここま6試合中ホームで4試合、ロードで2試合しかしてない。ロードで3度のオフサイドを相手守備から奪い、残りの8度は地元でのもの。Denverの観客が大騒ぎをすればRodgersのハードカウントも威力は半減する。しかしWareは
「彼はホームでもロードでもサードダウンでもどんな状況でも決める。彼に状況は関係ない」と話している。Wade Phillips守備CはRodgersのハードカウント能力を
「自分が見た中ではJohn Elwayがベストだった。ただ今度の相手はそれの匹敵するよ」と話している。
「相手からオフサイドを奪いフリープレイをもぎ取る。彼らはそこから今季6プレイで200yもゲインしている。うちの守備選手はよくそれを理解させている」とPhillips。平均すると毎試合、1プレイは相手のオフサイドからフリープレイを奪い30y以上のパスを通していることになる。
またRodgersのスクランブル能力も驚異になる。 Phillips守備Cは
「守備バックにはレシーバーを2度カバーしろと言ってある。まずドロップバックの2.5秒。そして彼がスクランブルを為たときにもカバーをする。これがキーだ」と話している。
S Darien Stewartは
「彼がポケットの外に出たら危険だ。そこから逃げて足で稼ぐし、投げて稼ぐ。彼は走ってから二通りの武器を持っている。Broncosはバイウィーク明けにGBと対戦出来ることは幸いかもしれない。AFCの大敵NEとは毎年のように対戦している。しかしRodgersのGBとは最後の対戦は4年前だ。バイの間にBroncosの守備選手はビデオスタディに多く時間をかけることが出来た。Aqib Talibは
「バイの間にたくさん見たよ。朝早くから、GBの試合は全部見たし、自分個人でも見直したよ。今度のチームにはエクストラのビデオスタディは重要だ」と話している。

スポンサード・リンク

  1. 2015/10/30(金) 23:54:00|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)