broncomaniacのブログ版

17.4.28 1順はT Garett Bolles


指名後壇上に子供を連れて上がったBolles
USA Todayにライオンキングをやってると書かれてた

ドラフト前に、BroncosとSeattleがT Garett Bollesをターゲットに両球団トレードアップを狙っている、逆にBroncosはトレードアップはもう考えにはなく20番目で落ちて来たタックルを指名する、などなどと様々な情報が伝えられ、Denver地元局のMike KlisはBroncosはLTに狙いを絞った模様と伝え、トップ候補はBolles。ライバルは23番のNY Giants、25番のHouston、26番のSeattleとした。14番目のPhilly、18番目のTennesseeがトレードダウンを図るのではと伝えられるので、そこまでBollesが残ればBroncosは後ろの3球団の存在があるため、トレードアップを図る可能性もとKlis。
2017年のドラフト開始。
Christian McCaffreyは1位8番目でCarolinaが指名。西地区のライバルLA Chargersが全体7番目でWR Mike Williams、KCがなんとトレードアップしてきて10番目でQB Patrick Mahomesを指名するなど、戦力を補強していくなか、指名は続いていった。
LTの指名が予想されトレードアップもあるかと見られていたHoustonがトレードアップしQB DeShaun Watsonを指名。これでLT狙いのライバルとなると見られた球団が一つ消えた。その後Broncosにからむ他球団の動きはまったくなく、Broncosの前に攻撃タックルが指名されることがなく、Broncosの指名順に。
UtahのLT先発候補Garett Bollesを指名。子供を連れて壇上へあがったBollesだった、
6-5に300パウンドは荒れた10代を過ごした苦労人。指名前は色々予想されたが、結局何もせずに其の場で待ち、一番必要なポジションの攻撃タックルで一番指名したい選手を獲得することが出来た。
Elwayは指名後直ぐにTwitterで
「彼がここまで残っていてくれて嬉しい。彼は今ドラフトのタックルで最もアスリート。うちのLT問題を解消してくれる。それも今後長い長い間ね」と喜びを。
なおDenver Postによると、Broncosはどの時点かまではトレードアップのための連絡交渉を行っており、また多くのトレードダウンの交渉が持ちかけられていたという。なお攻撃ラインの初指名が20番目という遅さとなったのはスーパーボウル時代のドラフトでは最も遅い指名だったという。

2017年 Broncos ドラフト
1順 LT Barrett Bolles Utah
6-5 297パウンド。長年悩みだったLT問題解決が期待される野獣系攻撃ライン。通常攻撃ラインは知能優秀、冷静なジェントルマン。しかしBollesは攻撃ラインは26点くらいが平均のWonderlic Testでわずか9点。フットボールIQもまだまだ未熟。ただし身体能力と野獣の本能はトップクラス。10代の荒れた人生を周囲の助けもあり克服した。
最大の売りは運動能力。足の動きが非常にスムーズでクイックネスもありエッジラッシャーにも対応出来る。ただし体が細くパワーとなるとやや問題が。ウェイトルームでのワークが必要だ。

Bollesの物語はドラフト前から話題になっていた。NFLが好む、不遇な10代からのカムバック物語がBollesにはあるからだ。実母から暴力を受け続けた子供時代。5つもの学校を退学。しまいには薬物問題やら他の学校で器物破損行為を犯すなどし、実父に家を追い出され、ストリートキッドに。高校のBollesのラクロスチームのコーチの夫婦がBollesの身元引受人となり、また養子としてBollesを迎え、Bollesの人生を正しい道へ戻してくれた。新しい家庭には仕事をすること、教会にいくこと、など厳しいルールがあった。ルールを破れば2つ目の家も追い出されることになっていた。そして教会から派遣されColoradoでミッション生活も送ったこともある。BollesはColoradoで人生を悟りColoradoで人生を築いていくことになる。
そんな遠回りをしたことでBollesは2017年の開幕を25才で迎える。結婚をして4ヶ月の子供持ちだ。

Bolles長所
タックルとしてはトップクラスの身体能力
足がスムーズ
身体能力からエッジラッシャーを追いかけられる
アグレッシブで攻撃的
膝のベンドもよい
パスプロ、ランブロックとバランスがとれている
諦めない
ゾーンブロッキングに長けている

Bolles短所
25才
大学では実質一年の活躍
スキームが限られる
体が細い
テクニックがまだ未熟
フットボールIQが低い

指名後会見。
John ElwayGMはGarrettが今ドラフトのNo1ターゲットであったと話した。
Broncosファンが熱望していたChristian McCaffreyに関しては指名順が遠すぎて実際はBroncosはシリアスに指名獲得健闘にはならなかった。
「トレードダウンの交渉もたくさんもらったよ。でもどれも魅力的なものはなかった。うちはGarrettがターゲット。その彼がそこにいた。LTは見つけるのが難しい。我々はみつけたと思っている」とElway。
BroncosはNFLコンバインのワークやインタビューセッションで早くからBollesがトップターゲットと決めていた。25才で開幕を迎えるLTには当然一年勉強のシーズンは与えられない。開幕先発LTがプランだ。Elwayは25才は選手として油がのり、また不遇の10代からミッション活動、結婚、子供を得たことで成熟した精神状態の大人ととらえ心配していない。
「そういった総てを調べてきた。彼とも話をし、彼を教えた大学のコーチ達とも話をしてきた。彼のことを深く知り彼の質の高い人間性を知ることが出来た。若い時に不遇な時期を送り、そこから這い上がる若者は多いし彼はその一人だ。彼の精神状態は十分大人であり彼は素晴らしいDenver Broncoとなるだろう」とElway。

スポンサード・リンク

  1. 2017/04/28(金) 11:39:09|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (486)