broncomaniacのブログ版

2015.10.31
現地金曜に出されたGB戦怪我人リポート。LT Ty Sambrailoがダウトトフル、スロットレシーバーのJordan Norwoodがハムストリングを傷めクエスチョナブル。

金曜日午後、球団殿堂入りのPat Bowlenオーナーの銅像が公開された。Bowlen氏は来場せず、妻であるAnnabel Bowlenがスピーチを行った。週末のGB戦のハーフタイムにもセレモニーが行われる。Broncosの球団殿堂入り選手20人、1997年度シーズンのスーパーボウル優勝チームメンバー40人が集結する。
金曜の銅像の公開セレモニーにもJohn Elway、Gary Zimmerman、Shannon Sharpe、Steve Atwater、Dennis Smith、Tom Jacksonらが参加している。またBowlen一家の招待でNBC局のNFL中継の大ボスDick Ebersol氏(現在は顧問)も来場。
GB戦はNBC局が放送のサンデーナイト試合。NBCがサンデーナイト試合の放映権を得ることが出来たのはPat Bowlen氏のおかげでEbersolは以前より感謝の言葉を公の場で話していた。Bowlenオーナーは、フレックススケジュール制をリーグに導入させるため活動も行っていた。Ebersolは昨年シーズン中に
「今のNFLのテレビスタイルを確立したのはBowlen氏によるものが大きい。彼はサンデーナイトフットボールの父と言ってもいい。彼なしにはサンデーナイトフットボールは存在しなかった」と話していた。NBCが2006年にサンデーナイトを放送する前はESPNがサンデーナイトを放送。NBC局となりNBCがシーズン後半の放送カードを選択できるようになり、フレックス制も導入。今はマンデーナイト以上の価値を持つようになった
Annabelはスピーチを
「おめでとうPat、次はオハイオ州のカントン(NFLの殿堂博物館がある)ね!」と締めくくった。Broncos組織、選手、関係者はGB戦勝利を
"This one's for Pat!"の思いで迎える。
なんだかヘタな試合を出来ない雰囲気になってきたBroncosだ・・・。


Broncosの97年シーズンメンバーと現メンバーが土曜日にミィーティング。97年組みはRod Smith、現メンバーはDavid Brutonがスピーチを行う。

GB戦次第ではBroncosはSFのTE Vernon Davisトレード獲得へ動くべきとDenver PostのMark Kizlaと Troy Renckの二人のメインライターが意見を述べている。

GB QBのAaron RodgersはWade Phillipsがヘッド、もしくは守備Cのチームとの対戦は5試合。11TDにインターセプト0とRdogersはインターセプトを一度も投げていない。
2007ー2010年までは4年連続でGB対Dallasで対戦。最初の2回の対戦ではDallas勝利。最後の2回の対戦はGB勝利。2012年にはPhillipsが守備CだったHoustonでの対戦でこのときはGB勝利。勝敗では3ー2でRodgersが勝っている。レイティングは111.3。

現在GBは22試合連続で第1Qの得点中。Broncosは今季第1Qに失点なし。
GBは相手にギブアウェイで相手に攻撃権を奪われたのはわずか4回でリーグ2位の少なさ。Broncosはテイクアウェイで相手から攻撃権を奪ったのは17回でリーグ2位の多さ。


スポンサード・リンク

  1. 2015/10/31(土) 23:32:22|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)