broncomaniacのブログ版

2015.11.02 全勝チーム内最弱チームから脱出!多分・・・・

1234
GB073010
Den7107529


GreenBay@Denver
Broncosはスーパーボウル32ジャージでプレイ。青いやつ。
Broncos、試合登録外れたのはすばらくMCLでアウトのShane Ray、金曜にハムストリングを傷めたJordan Norwood、肩のTy Sambrailo。ほかShelley Smith、Lorenzo Doss、Trevor SiemianそしてDarius Kilgo。Kligoの代わりにKenny Anunikeが試合登録された。
WRはスロットのNorwood欠場でCaldwell、Fowlerらに期待がかかる。Latimerは出番が増え今季初キャッチなるか。またCJ Andersonが控え降格、Ronnie Hillman先発。
GBのほうはWR、RBとけが人が多かったが、主力は概ね試合登録された。

映像はないんだけど、現地ファンのTwitterを見ると、試合前に1997年シーズンのスーパーボウル優勝チームがフィールドで紹介されている様子。Shanhanヘッドに大歓声が上がっているとTweetされている。一人ひとり紹介されてトンネルから出てきているみたいだ。T.Dも登場。

NBC放送、Chris Collinsworthの解説。

前半
第1Q
Broncosのレシーブ。Omar Bolden。自陣20yから。

Broncos攻撃1
自陣20yから。プレイアクションでDT Thomasへヒット20y近くゲインでスタート。T Ryan Harrisの反則で、CBのパスインターフェア取り消し相殺の痛い反則。Hillmanファーストキャリーはゲインなし。3rdダウン10はプレッシャー入りスロットにいたFowlerへ短いパスでパント。
Colquidttパント短い。

パンターのTom Rouenがスイート席から見てる。ほかの選手もスイートにいるみたいだ。

GB攻撃1
自陣22yから。RBのLacyがランで抜けて自陣38yに一気に戻す。Chris Harrisホールディングでファーストダウン。LBMcCrayがランストップ補助、パスレシーバーへのロスタックルと2プレイ連続活躍。Shaq Barrettもタックルなど見せる。Rodgersがこのドライブ二回ヒット受ける。パント。攻撃でとったファーストダウンはLacyのランでのみ。

お互いのファースト攻撃シリーズはほぼ互角の立ち上がり。1度のファーストダウンであと何も出来ず。ショットガンGB対ピストルBroncos

Broncos攻撃2
自陣17yから。Hillmanが外回って17yラン。次Anderson代わりに入る。Manningプレイアクション&ロールアウトからTE Greenへショートパスでファーストダウン。Andersonがスピンでタックルかわし9yゲイン。敵陣入る。さらにAndersonで8y。なんだいったいランがばんばんでる。DT Thomasに31yヒット。CB Haywardが同じルートで同じくらいThomasにフリーにされている。またGBはコーナーのSam Shieldsが肩を痛めた様子。
ファーストダウンゴールとなる。問題はここからのBroncosオフェンス陣。Thomasのスラントはあと半ヤード、いやボール一個たりず、ジャンボパッケージで守られたHillmanが残りを低空につっこんでTD。9プレイ6ラン、3パスで82yくらいのドライブを完遂。7-0とBroncos専制する。

GB攻撃2
リターンをFowlerが仕留める。自陣18yから。一度のファーストダウンでパント。3rdダウンからのパスはRodgersが投げる時間をめちゃくちゃ稼ぎパスラッシュをブロック陣が抑えるもレシーバーが誰もオープンにならず鉄壁のセカンダリー。

Broncos攻撃3
リターン中にホールディングがり自陣15yから。Shieldsは肩を痛め戻るかはクエスチョナブル。Greenがファーストダウン。今日はGreenが二回目のキャッチ。HillmanがRajiとPeppersにサンドイッチロスタックルされる。TE Danielsのスクリーンでファーストダウン。今日はTEをばんばんプレイにからめている。
攻撃中に第一Q終わる。今日もBroncosは第一Qに得点許さず。

第二Q
Broncos攻撃中。D Thomasへロングボムヒットでファーストダウンゴール敵陣5y。プレイアクション&ブーツでAndre CaldwllウルトラワイドオープンTDもCaldwellが相手を押してフリーになっていたのでTD取り消し&10y下がる。Hillmanが15y一発で走り抜けTD。右サイドのランがつまっていたので左にカットしスピードで振り切りTD。なおこのドライブMax Garciaが出ていた模様。Broncosランブロックは外側を完全に制圧しているようで、外へ向かうランはどっかんどっかん出ている。14ー0とBroncosリード広げる。
ランが出て、TEに浅いパスなげ、D Thomasへばんばん長いの投げる本日のBroncosオフェンス。これまでThomasとSanders偏重パスだったが、多くのレシーバーを絡めターゲットを絞らせず、薄くなったThomasへミドル、ロングと投げまくりThomasは早くも100yレシーブ突破。
McManus本日もなんかキックオフの距離が出てない気がする。風かと思ったけど陣地変わってもエンドゾーンは越えないキックオフ。

GB攻撃3
自陣20yから。3凡。

Broncos攻撃4
自陣22yほどから。Sandersがフォルスで下がる。TE Danielsでファーストダウン。3rdダウン2でAndersonがタックルをワンステップでかわし19yラン。GBはさらにもう一人コーナーバックがクエスチョナブルでCBが3人しかいなくなってしまったようだ。この攻撃は敵陣33yでダウン。McManusが50yFGをど真ん中余裕の距離で決め17ー0とBroncosリード広げる。

GB攻撃4
自陣20yから。Rodgersスクランブルでファーストダウン。と思ったら解説のCollinthwordはレシーバーがオープンになっていたのに投げないで走ったのでデザインランかもと話している。Miller惜しくもサック出来ずRodgersに逃げられファーストダウンパス。フィールド中央へ。ランプレイでMiller足を痛める。たいしたことなさそうですぐ戻れそう。3rdダウンパス失敗でラッシュをかけていたDavid Brutonがラフィングザパサーでファーストダウン与える。Broncos得意の15yの反則が出てしまった。さらにエンドアラウンドで10y。Lacyでファーストダウン。ファーストダウンゴールとなる。Millerは戻っている。LacyがつっこんでTD。重量のあるLacyのパワフルな押し込みランTDだった。
反則が大きな流れを与えてしまった。17ー7と追い上げるGB。

Broncos攻撃5
2分強でタイムアウト三つで自陣20yから。HillmanへのパスをClay Mathewsが豪快5yロスタックル。しかしなんとかDanielsでファーストダウン。Fowlerでフィールド中央超える。さらにSandersでファーストダウン。敵陣37yくらまでちゃっちゃと入る。しかしホールディングで10y下がる。さらにホールディングで下がる。2回とも新人Max Garcia。CollinsworthはGarciaはランブロックはいいけどパスブロックはCleveland戦から悪いと解説。ランで時間をつぶしにかかる。とりあえず残り二分からで時間をつぶしてRodgersに出番を与えなかったということでまぁわりと成功のオフェンスとも言える。残り6秒でパントして前半終わる。

前半17ー7でBroncosリードで終わる。Brutonの反則でドライブを続けさせTDされた以外はパーフェクトだった守備。ただ今日も反則が痛いBroncos。
Rodgersはパス獲得まさかの37yのみ。ランはLacy8回35y、Rodgersの14yのみ。
Manningはパス18回で14回成功212y。ランがAnderson5回43y、Hillman11回40y。両QBともサックなし。

後半
第三Q
GB攻撃1
自陣20yから。3凡と思ったらパス失敗のプレイでTJ Wardがインターフェア。ここまで反則はGB1回5y、Broncosは9回83y。3rdダウンロングでRodgersスクランブルでファーストダウン。Broncos陣40yへ。3rdダウン4でホールディング中にパス失敗。Kubiakヘッドは反則ディクラインせずにFG圏内からだし3rdダウンもう一度を選択。スクリーンで前進しCrosbyの56yトライ。成功。CrosbyはColorado大出身。17ー10と追い上げるGB。反則とRodgersのランで3点とられてしまった。

Broncos攻撃1
自陣20yからの攻撃。GBはCB RollinsとShields本日アウト。3rdダウン8はThomasでファーストダウン。Caldwellへ良いパスヒット24y。そのプレイでClaly Mathewsがどこか傷めた要す。ただ自分の足でてこてこ歩いている。Hillmanが痛んだのかAnderson、Thompsonが出ている。しかし後半はランはほぼロスになっている。3rdダウン2でAndersonが真ん中どっかんで28yランTD。ゾーンでMathisがLBまで上がりMathewsの代わりに出ているILBをシールド、Andersonはノータッチで28y走る。24ー10とBroncosリード広げる。

GB攻撃2
自陣20yから。3凡もまたホールディングでファーストダウン上げるBroncos。今度はTalib。ただフリーのレシーバーをRodgersもミスしてたけど。Cobbが素晴らしいキャッチで久々にちゃんとしたプレイでファーストダウンのGB。Antonio Smithサック。Malic Jackson
パスディフレクトでパント。反則とパスの2回のファーストダウンで自陣38yでパントとなる。カバーが完璧でRodgersは投げるところが無く、プレッシャーもRodgersの目前にBroncos守備がわんさか集まり、投げるとこないRodgersはもう打つ手なしの状況。GB攻撃ラインもぎりぎりのところでBroncosのラッシュを押しととめてはいるんだけど、時間と共にどこどこ押されてかなり厳しい状況。

Broncos攻撃2
自陣20yから。Mathewsが戻っている。Hillmanもこのドライブは入ってランしてファーストダウンをとっている。D Thomasでまた25y近いパスヒット。
第三Qおしまい。

第四Q
Broncos攻撃中
TE Greenにまたパスヒットで30yくらい。敵陣13yほど。パスチップされ浮いたボールがインターセプト危機となるもボールは地面に落下。あぁびっくり。おしくもMcManusの24yFGで終わる。27ー10とBroncosリード広げる。

GB攻撃3
自陣12yから。Wareがサック&ファンブルフォース、エンドゾーンにボール転がりGreenbay押させるもセーフティー。Rodgersがサックを避けようと横に居たRBにパスをトスしようとしたみたいだけど、Wareにヒットされ弾はごろごろ。29ー10となる。またも守備で得点をするBroncos。

Broncos攻撃3
フリーキックをSandersリターンして自陣36yから。どうせなら完璧試合にするに、ここからランプレイで時間をばんばん消費するところも見てみたい。Manningインターセプト。

GB攻撃4
自陣29yから。Rodgersサック。カバレッジサックで投げると来なくてMillerとSmithサック。3rdダウンからファーストダウンかと思ったらレシーバーが後ろにどこどこ下がりファンブルしてリカバーGB。フォワードプログレスがなくファースダウンのところでボールデッドかと思ったらレシーバーも前進しようとしていたとして認められず。パント。

Broncos攻撃4
自陣27yから。Andersonがどーーんとフィールド中央へ。Andersonのランばかりで時間を消費するBroncos。Andersonが100yラッシュ達成。と思ったらロスしちゃった。100y兵器かな、5分くらい時間つぶしてパント。

GB攻撃5
自陣20yから。Rodgers下がってQB Tolgine(?)みたいな名前の選手に交代。ラン2回しておしまい。
Rodgersはパス77yしか投げられなかった。

スポンサード・リンク

  1. 2015/11/02(月) 13:30:27|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)