broncomaniacのブログ版

2017.061.29 Manning見に行ったらRyanにやられた

元BroncosのPeyton Manningの新しいCMはゲータレード!。The Secret to Victory、勝利の秘密と名付けられているこのCM。マイケルジョーダンがCMのリードパーソンとなり、様々なスポーツ界のヒーロー達が勝利の秘訣として自身のスポーツキャリアのローライトを挙げていくというもの。バスケ、野球選手、テニス選手が出ており、NFLからはHoustonのJJ Wattが”俺は大学に推薦を受けられずウォークスルーで入った”と話しPerytonは”俺の新人年は3勝13敗だった”とカメラに向かって話をする。Peytonは弟Eliと同じ画面で出演、Eliは”自分の新人イヤーはインターセプトリーダーで終わった”とカメラに向かい話しかける。スパースターたちはキャリアのローライト時代を経て勝者になったというストーリー。ピザCMなどお茶目なCMが多いPeyton Manningは今回は真剣モード。しかし・・・NFLファンにとってこのCMの最も心が動かされるシーンはAtlantaのQB Matt Ryan。ジョーダンがカメラに向かい”本当に勝利の秘訣が知りたいか?”と問いかけた次のカット、どこぞのスタジアムで多くの記者に囲まれながら視線を移しながら近づいてくる試合スタイルのMatt Ryan。どうもても設定は今年のNEに大逆転負けをした後にフィールドを去るRyan。カメラの手前に来てRyanは一言、勝利の秘訣を
”DEFEAT(敗戦だ)”と言い主観カメラに平手をかまして去っていく。
勝者は敗戦を恐れない。敗戦を次の挑戦への材料として、燃料として使うのだ!とパスの練習を繰り返すRyanの泣けるシーンがラストカットのゲーターレードのCMはこちら。


元Broncosの先発S Nick FergusonがコーチングインターシップでSFの守備バックコーチ見習いに。2003-07年にBroncosに在籍。その後Houstonで1年プレイ。現在42才のFerguson。Broncos時代のチームメイトJohn LynchがSFのGM。FergusonはHoustonに住んでいたがキャリアのためのビッグシティに出ようと考えており、今年のスーパーボウルのメディアセンターでLynchと話しをしたという。その後何回かの連絡のやりとりがありLynchの推薦でNFLのコーチのインターンプログラムでSF入り。守備バックコーチ見習いではあるが、SFヘッドのKyle Shanahanと話した際には攻撃サイドも見たいと話したという。LynchとFergusonはMike Shanahan時代のBroncosで先発Sコンビだった。Fergusonは引退後はカナディアンフットボールでコーチ、NFLの解説の仕事やNFL本部の裏方として働いていた。その間に大学でスポーツ経営も学ぶなどフットボールの関する多くの知識を得ようと励んでいた。Fergusonは現役時代もなかなか目が出ず、NFLキャリア最初の7年で先発クラスの座につけず、引退しコーチ業に転向しようと考えていた時に、Broncosがコンタクト。ワークアウトの後に契約しその後Broncosで先発セーフティーに。キャリア6年をその後NFLで過ごした。あれから14年、本人が願ったNFLコーチの入り口に立つFerguson。
「何があるかわからないよ。だから常にオープンに待っていないとね」とFerguson。

スポンサード・リンク

  1. 2017/06/29(木) 19:56:38|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (466)