broncomaniacのブログ版

17.9.09 Crick月曜微妙か

先発エンドJared Crickが金曜の練習に参加せず。今週から腰の痛みから練習復帰。開幕を目指し順調な回復とみられていた。月曜のLA Chargers戦の出場は微妙。守備ラインはZach Kerrは欠場。甥Pekoは脚の怪我から2ヶ月ぶりに練習復帰したばかり。先発エンドDerek Wolfe、先発NT 叔父Pekoに加えShelby Harris、Adam Gotsisに多くの出番が与えられそうだ。
LA Chargersはほぼ健康。と昨日書いたけど、ドラフト1順のWR Mike Williamsは春にヘルニアの手術をしており、まだ軽いワークのみ。Williamsはしばらく欠場の見込み。

Mike McCoyの攻撃Cの復帰で昨年から大幅にかわるBroncosオフェンス。WR Bennie Fowlerは新しいオフェンスに関して
「たくさんのパスプレイ、たくさんの3WRセット、レシーバーが皆インサイド、アウトサイドでプレイする機会がある。とにかく多様性に富んだオフェンス」と話す。McCoyのオフェンスはBroncos時代、SD時代とこの8年間でパスを投げまくってきた。しかし今のBroncosにはPeyton ManningもPhillip Riversもいない。また多くのレシーバーを投入するため多くのレシーバーが必要になる。RBもレシーバーとして起用される。D ThomasとE Sandersの先発WRには不安はないが、第3WRには誰かがステップアップしなくてはいけない。昨年Broncosで3番目にレシーブが多かったのはRB Devontae Bookerの31キャッチだった。Fowler、Jordan Taylor、Cody Latimer。そして新人のIsaiah McKenzie。NFLで実績のあるレシーバーはいない。Fowlerは2015年の15レシーブ、Taylorは昨年16がキャリア最多で、Latimerは14、15、16シーズンの3年間で16レシーブ。
デプスチャートではLatimerが3番手となるが、プレシーズンではTaylorがミスもあるものの目立つレシーブを何度も見せた。
「僕とTrevはこの2年半の間たくさん一緒に練習をしてきたからね。それがようやく実を結びはじめている気がする。同じページでプレイ出来ることはとても重要。僕はどんなプレイでもいいオプションになれると思う。彼が投げるかはわからないけど」と話している。またThomasは
「TEのパスプレイでの活躍には驚くと思うよ」と話している。プレシーズンではブロッキングTEのGreenが思いのほかSiemianとの相性がよく、HeuermanやAJ DarbyらレシービングTEよりレシーバーとして活躍するのではとの予想もある。
Greenは
「我々皆がプレイにからみたいと思っている。このシステムが導入されて、僕たちは富を皆で共有するという感じだよ」と話している。

McCoy攻撃Cは昨年までChargersのヘッドだった。解雇されBroncos復帰。Demaryius Thomasは
「解雇された相手とマンデーナイトで試合をする。どうしたいかって、まぁ出来るなら100点取りたいだろうね。可能かどうかはわからないけど僕なら狙うよ」と話している。

RB CJ Andersonの尻についた火の勢いは強い。エースRBではあるが過去のスタッツは38y、849y、720y、437yと1度も1000yラッシュを記録したことがない。それどころか年を通して活躍したこともない。14年と15年はコンディション不良でシーズン半場までエンジンが暖まらず、ダイエットで肉体改造した昨年はシーズン途中に膝を痛めシーズンエンド。昨年シーズン前に延長契約で大金をつかみながら期待に応えられなかった。FA加入をしたJamaal Charlesは1年契約で来年も戦力になるかは微妙だが、2年目のBooker、ドラフト3順のDeAngelo Henderson、そしてプラクティススクワッドには週給3万ドルの男Jonathan Williamsを加えている。AndersonはBroncosでのキャリアを続けるなら証明する時間は多くは無い。

スポンサード・リンク

  1. 2017/09/09(土) 23:16:34|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (579)