broncomaniacのブログ版

17.9.13 Josephヘッド会見

現地火曜は練習なし。次のDallas戦に向け選手は体を休める。

Vance Josephヘッドは会見を。今年はTEがレシーブで活躍をすると開幕前に予言していたのはDemaryius Thomas。開幕のLA戦でBroncosのTEは3人で98yレシーブ。昨年の一試合平均の37yを大幅に上回った。
「Mike McCoyオフェンスだよ。カバー3の守備には皆がチャンスがある。それがうちのプランだった。カバー3がきたら狙いどころ。成功したね。」とJosephヘッド。
BroncosのアウトサイドレシーバーのThomasとEmmanuel Sandersの存在が相手にカバー3、4を多く使わせることになると想定していた。
「DTとEmmanuelがアウトサイドにセットすれば相手は上からカバーで囲みにかかることはわかっている。2人にはコーナーがそれぞれついて、ぶちぬかれないよう2人のセーフティーは深い位置にポジショニングをとる。つまりLBとの1対1がインサイドのミドルゾーンで繰り広げられるわけだ。Virgil、Heuerman、Derbyはみなインサイドのシームでレシーブをしてくれた。これは大きかった」とJosephヘッド。

Von Millerは昨年からこれで5試合連続サックなし。それ以前には3試合サックなしが最長だった。Josephヘッドは
「Vonをフリーにしようとあちこちに移動させたが、相手はそれを許さなかった。とにかくどっちのサイドに移してもダブルでブロック。LAは両サイドともにダブルで両サイド(MillerとBarrett)をブロックしていた。おかげでレシーバーの数が減るのでパスカバーは楽だったけどね。ラッシュを止めるために人数を割けばカバーはしやすい。多分今年ずっと続くことになると思う。このチームはここ数年とにかくラッシャーが凄かった。今年はセカンダリーがラッシャーが届くようにちゃんとカバーしないとね」とJosephヘッド。

Josephヘッド一番のがっかりはパスプロテクション。
「攻撃ラインはランブロックでは素晴らしかった。パスプロに関しては良くなかった。確かにMelvin Ingram、Joey Bosaというエリートラッシャーを相手にしていた。厳しいことはわかるがもっと良くならないといけない。とにかくTrevorにはプレッシャーがかかりすぎだった。普通エリートラッシャーを1チームに2人も揃えるのは稀だがAFCの西のチームには2人そろってるんだらね」と話している。

Derek Wolfeが悩んでいる。足にフィットしたスパイクが見つからない。
「なんかフィットしない。ナイキも今年はよくない。昨日の試合は3つのシューズを試したけど合わない。去年に続いて今年もシューズが合わなくて困っている。本当にイライラするよ」とWolfe。

スポンサード・リンク

  1. 2017/09/14(木) 00:48:26|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1999)