broncomaniacのブログ版

2015.11.10 Talib1試合出場停止

Indy戦でVon Millerの言い争いになっていたDwayne Allenに目潰しを見舞ったCB Aqib Talibがリーグより1試合の出場停止処分。Talibは取り消しを訴え現地火曜に公聴会が開かれる。あまりの愚かな行為だが本人は試合後意図的に目潰しをしたのではないと話していた。Kubiakヘッドは帰りの飛行機で、またJohn Elway GMも月曜にリーグより制裁処分が出る前にTalibと話をしている。
Talibの訴えが認められない場合、BroncosはBradley RobyをTalibの位置に入れChris Harrisとコンビを組みKayton Websterがニッケルパッケージで入ることになる。ロースター上は層が薄くなる。ロースターにCBは他に新人のLorenzo Dossがいるだけ。Dossは2試合に試合登録されているがほぼNFLの経験はない。SにコンバートしているOmar Bolden、またプラクティススクワッドにS Ryan Murphyがいる。

再び腰を痛めたDeMarcus Ware。今年Oakland戦で傷めCleveland戦で傷めた箇所で⑵ー4週のアウトとなる。Kubiakヘッドによると前回と同じ箇所を再発させた形で、前回以上の損傷などのダメージではないという。前回はOakland戦で傷め1試合欠場、バイ明けに復帰で2週間かかっている。Broncosは新人Shane Rayも膝で欠場しており、Shaq BarrettとLerentee McCrayで穴を埋める。

Kubiakヘッドが
「我々はリーグトップの守備であると同時にトップのパーソナルファウルのチームになっている」と守備の反則の多さを指摘。通常の反則はプレイ上しかたがないこともあるが、Indy戦ではTalibの目潰しなど悪質、意味不明のパーソナルファウルが続出。今季これまで17つものパーソナルファウルを犯している。
KubiakヘッドはIndy戦の反則全てが選手の責任とは考えておらず、第四QのIndyのFGの際に反則を取られたDanny Trevathanのホールディング(ファーストダウンでFGは蹴らず)、TJ WardのTY Hiltonへのヘルメットtoヘルメットのパーソナルファールは判定がおかしかったとし、Wardのヒットは正当のヒットと話している。

TE Vernon DavisのIndy戦の参加攻撃スナップ数は9。Kubiakヘッドは試合毎に参加スナップ数を増やしていくと話している。

Indy戦でサードダウン20回のうち12回でファーストダウンを奪われたBroncos守備。ブリッツを入れても浅いルートのアクロスパターンでやられまくり。12回のサードダウンからのファーストダウンコンバージョン成功はBroncosが相手に許した数としては2002年以降最多数。Indy全ファーストダウン27回でうち7回が反則によるファーストダウン。Indyが約39分間もIndyがボールを保持していた原因となってしまった。

スポンサード・リンク

  1. 2015/11/10(火) 22:35:47|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (486)