broncomaniacのブログ版

17.10.03 Oakland戦一夜明けて

ProFootballFocusのOakland@Denver戦のBroncosトップグレード選手。
Top 5 Grades: 
S Justin Simmons, 88.1 overall grade 
CB Will Parks, 85.2 overall grade 
CB Bradley Roby, 81.5 overall grade 
CB Aqib Talib, 79.8 overall grade 
WR Emmanuel Sanders, 79.1 overall grad
PFFはTrevor Siemianにも76.4のハイグレードをつけている。パススナップ中54,8%と今週最もパスプレッシャーを受けたQBとなったがその中で活躍。特に10-19yの比較的長い距離のパスが8回中7回成功128yと1発のパスでフィールドを何度も大きく前進した。対戦相手のOaklandはそれほど多くブリッツをかけなかったにもかかわらず激しいプレッシャーを受けたSiemian。身体能力のあるQBではないだけに、できる限りの仕事はしたという評価。
RB CJ Andersonは68,1とグレード的にはまぁまぁも獲得した95yのうち75yはファーストヒットを受けた後に稼いだもの。プロ入りしてから最高の肉体コンディションのAnderson。控えRBのJamaal Charlesが膝にヘルメットのヒットを受け、単なる打撲も安全を期してCharlesは5キャリーのみで下げられた。Bookerも復帰したてとうことでAndersonは1人で20キャリーとエースRBとしてのキャリー数で勝利に貢献。
最後のインターセプトで試合を決めたSimmonsはPFF選出のこの試合のMVP。Simmonsは守備機会ですべてのスナップをプレイしたBroncos選手2人のうちの1人(もう1人はTalib)。試合を通じて素晴らしいプレイを続けていたが、WR Cooperとハイボールの高さ勝負で勝ったインターセプトはこれ1発でMVPの働きにふさわしいものだった。

次の週のBroncosはバイ。試合後Josephヘッドはこの試合で目立つ怪我人はゼロ、ということでBroncosはみんな元気でバイを迎える。
今週は軽いウォークスルー練習を週の序盤に行い、その後週末はオフとなる。という予定ではあったがその前に選手は課題を与えられる。Josephヘッドはレッドゾーンオフェンスの不振が最大の問題と話す。
「過去2週間まったくよくない。それは私の失敗でもある。レッドゾーン練習を増やし、もっと集中したいと思う」とJosephヘッド。Broncosはここ2試合、レッドゾーン7回でTDはわずか1だった。
またJosephヘッドは反則の多さも指摘。レッドゾーンに入ってからの反則でずるずる下がり、スペシャルチームのプレイでもリターナーMcKenzieの61yリターンを反則で取り消しにされている。
「大事なところでの反則を減らさなくてはいけない」とJosephヘッド。
QB SiemianがOakland守備からくらった4サックに関しては
「2つのパスプロテクションの問題、2つはTrevor(Simian)の問題」とJosephヘッド。

さぁ輝けサンシャイン。Jordan TaylorがOakland戦で今期試合に初出場。Taylorはスペシャルチームでのプレイ経験もプロ入りまでほとんどなく、それゆえWRではLatimer、McKenzie、Fowlerに出番が回され開幕から3試合は試合登録されずだった。
しかしOakland戦ではLatimerが膝の怪我でアウト。Taylorが初出場。スペシャルチームでこの試合で最も大きなプレイの1つとなる、Oaklandのパントフェイクのランプレイをストップした。4thダウン11でのギャンブルプレイでパンターKingがボールキャリー、待ち構えたTaylorが完璧なヒットでKingをストップ。
「Brock (Olivoスペシャルチームコーディネーター)の完璧なコール勝ちだったんだ。僕はパンターのスパイ役が仕事だった。彼が走ったら止めることが与えられた仕事。彼は僕が見えなかったようだね。彼は大外のガナーをカバーすると思ったんだろう。だから本当に素晴らしいコールだったよ」とJordan。
「自分の出番があると思ってずっとスペシャルチームでのプレイを練習しているんだ。本当にスペシャルチームでいいプレイが出来て良かった」とTaylor。
なおTaylorはランストップ以外でもパンターKingには常に突進していたようで、他のパントの場面でもTaylorは大外からKingのパントブロックを狙うシーンなどもあった。

試合後NFLnetworkのアナリストDeion SandersがOakland戦後Von Millerに電話インタビュー。フットボールの質問が終わるとSandersが突然、ママが鶏を飼いだしたと発言。それに応えて雄鳥は何匹いるの?と養鶏場を持つMillerが抜群の食いつきを見せ、しばしチキン話しに。飼ってる鶏の卵は店の卵より遙かに美味いよなと盛り上がり、SandersはMillerに、“おまえは俺の鶏コーチだ”と話を閉めていた。

試合後OaklandのRB ビーストLynchからジャージをもらったCJ Anderson。
「ママのためだよ。彼はママの第二の子供なんだよ」とAnderson。OaklandファンのママはOakland@Denverの観戦のためベイエリアから多くの家族と共に観戦のためにやってきた。試合ではオレンジのBroncosのジャージの上にOaklandの黒い上着を着ての応援だった。

スポンサード・リンク

  1. 2017/10/04(水) 00:45:09|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (543)