broncomaniacのブログ版

17.11.03 Sanders Go、Davis苦しいか

ILB Todd Davisは次のPhilly戦は欠場の可能性が高い。足首の怪我でKC戦を欠場している。Josephヘッドは
「彼の状態は3週間はアウトすべき怪我なんだ。しかし彼はタフでありプレイしたがっている。先週ももう少しでプレイ出来そうだったんだ。今週末いけるかはその時の判断だ」と話している。
しかし練習ぶりはまだまだ本来の動きが出来ていない。
WE Emmanuel Sandersは足首の怪我で2試合欠場もPhilly戦は復帰体制。

新人2人 TE Jake ButtとQB Chad Kelly。開幕から6週間たち練習復帰。大学時代のACLのため2人はphysical unable to perform、(PUP)/non-football injury (NFI) リストにそれぞれ登録されている。練習復帰からロースター登録するかどうか判断するまで21日の期限。来週の次のNEとの準備週で手続きを行わなくてはいけない。JosephヘッドはKellyに関しては怪我人リスト入りとなると話している。
Buttのほうはどうなるか興味が持たれる。練習参加初週は良い動きも先週は膝の炎症で練習を休んだ。今週はまた練習に参加している。体を完全に復調させてのプレイなら来年18年シーズン開幕にデビューが最良ではある。しかし怪我人リストに入れてしまうとストレンス&コンディショニングワークはチーム内で行えるがフィールド練習や多くの会議には出ることが出来ない。となると今季は膝の調子を考えながら出来る限りのプレイでNFLの試合になれさせるという使い方に限られる。Buttにはドラフト時からBroncosが望むプレイメイカーのTEとしての期待が大きい。

Demaryius Thomasはこの6年の間欠場無し。98試合連続出場でその最初の1試合目は2011年、Tim TebowのNFLの初先発試合だった。先発に限れば87試合連続先発出場中。その最初の1試合目は2012年、Peyton ManningのBroncosとしての初先発試合だった。そのThomasが長らく続いている終わらせたい記録がある。13試合連続でTDキャッチなし。Thomasが最後のTDレシーブを記録したのは昨年のW10のNO戦。
「終わらせようとはしている。ただうまくいかないだけだ。半分は勝つことが大事だと思っている。しかしWRとしてはやはりタッチダウンを決めたい」とThomas。

Phillyへの遠征試合で気合いが入っているのはPhilly生まれのK Brandon McManus。試合には家族、友人総勢136名が観戦に駆けつける。ほかS Will Parks 、ILB Zaire AndersonがPhilly出身。

スポンサード・リンク

  1. 2017/11/03(金) 23:53:55|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)