broncomaniacのブログ版

17.11.13 試合後記

NE戦のProFootballFocusのBroncosトップグレード選手
G Ron Leary, 90.1 overall grade

WR Emmanuel Sanders, 89.4 overall grade
試合通じてMalcom Butlerとのマッチアップに勝利。10ターゲットで6キャッチ137y。

CB Bradley Roby, 83.9 overall grade
3度ターゲットで3yロス、ノーゲイン、パス失敗と完璧。

CB Aqib Talib, 81.8 overall grade

C Matt Paradis, 81.3 overall grade

Von Millerは77 gradeと今季最低。ランゲームでもストップ出来ず。とはいえMillerのグレードの低さはNE側のMiller排除作戦完全成功のため。なんとMillerはこの日パスラッシュがわずか10回のみ。Millerの方向へレシーバーをシフトさせるなど、Millerがパスカバーしないといけないような状況を作り出した。Bradyが通した25のパスのうち15がTEかRB。LBとS、そしてしまいにはMillerもカバーに出され、インサイドラッシュのないBroncosにはBradyを襲うことは無理な話だった。

Brock Osweilerは63のグレード。第4Qまでは素晴らしいプレイぶりも4Qはインターセプトとパスそのものの精度も落ちた。ノーラッシュの状況では23回で15回成功176y、ラッシュ時は10回で3回成功45yとプレッシャー時には弱かった。

今日の敗戦で6敗目。今後全勝でも10-6がマックス。残り全勝すればワイルドカードの可能性は十分にある数字。とはいえすでにNEの敗戦後のJosephヘッドの会見はシーズン終了のもの。
メディアにはJosephヘッドに、シーズン半ばではあるがコーチングスタッフの入れ替えはあるのかと質問がとんだ
Josephヘッドは特定のコーチ誰か1人が悪いのでは無く、このような敗戦はコーチ陣すべての責任。今後はちゃんとしたコーチングをしないといけないとお茶を濁した。

OlivoスペシャルチームCは毎週金曜に会見を行っている。今週も開催されるのか注目が集まっている。

ここ2週間で2度目のリターナーでのファンブルロストのWR McKenzie。Josephヘッドは試合後
「彼がうちのパントリターナー。それが彼の仕事だ。前に進もう。彼が出来ないとういなら違う選手を探すだけだ」と話した。
しかしMcKenzieのファンブル癖はもう完全に狙われている。McKenzieがファンブル後NE選手の集まりが早かったのはNEはMcKenzieのマフパント癖を知っていたためで
NEのBelichickヘッドは試合後McKenzieのファンブルに関して
「McKenzieがパントをマフするのは今日が初めてではないからね」と試合前から可能性があり狙っていたことを明らかに。

現在5連敗中のBroncos。その間第1Qは相手に55点取られ、得点は6。前半は相手に106点とられ得点は24。
ここ2試合のBroncos守備は
11 touchdowns
3 FGs
3 punts
2 ended on downs
1 fumble
1 kneeldown。
2試合でたったの3パントにしか抑えることが出来ていない。
Phillyのオフェンスは
TD FG TD Punt TD TD Half TD Punt TD Fumble TD Downs
NEのオフェンスは
Punt TD TD FG TD TD TD
とBroncos守備を引き裂いている

Broncosは5連敗中のスコアは23-10、21-0、29-19、51-23、41-16。全部10点差以上。

NE戦の入場でDerek Wolfeが海軍に所属している義理の兄Brian Burrowさんと入場。Burrowさんは手に星条旗を持ちWolfeと共にフィールドイン。BurrowさんはWolfeと共に雄叫びを上げ盛り上げに一役買った。今週は“Salute to Service”週間で軍人、退役軍人ら多くがNFLのイベントに招かれている。Wolfeは試合後
「負けることはもううんざりしているが、それでも良いことがあった。一生忘れない体験が出来た。@brianb1213(Burrowさんのインスタグラムアカウント)、我々のためにどうもありがとう」とインスタグラムに映像を投稿していた。
しかしWolfeはこの言葉以外はポジティブな言葉は出すことはできず試合後のインタビューでは
「うちはずっとチャンピオンシップコンテンダーだったがそれが今やカスだ。誰もうちをリスペクトしていない。結局のところ我々は今んとこ糞なんだ。今んとこ我々は良いチームじゃないってことだ」と話していた。
メディアにやる気がうせたかい?と聞かれると
「あぁ。何が答えかもわからない」と返答。
士気への影響を話したのはWolfeだけではない。Bardley Robyは
「スペシャルチームのプレイを見て、まぁちょっとばかしやる気は失ったよ」と話している。
2011年以降のBroncosに加入した選手は負けることに慣れていない。11年は8-8の成績だったがプレイオフに出場している。翌年Peyton Mannningが来て以来、昨年途切れるまで5年連続でプレイオフに出続けていた。
「ずっと勝ち続けていた。勝つのが当たり前の球団だった。それが今は負け続けている。こんなことには慣れていないんだ」とRoby。しかも負け方がフランチャイズ史上に残る惨敗を続けている。
「こいつは新しいな。新しい醜さだ」とBrandon Marshall。


もし今日2018年のドラフトがあったらBroncosの指名順は6番目。来週はCincinnatiとの試合でともに3-6。

スポンサード・リンク

  1. 2017/11/13(月) 21:03:31|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (579)