broncomaniacのブログ版

17.12.25

ラッシュがかかると何も出来ない自軍QB達。Brock Osweilerはパス乱れうちの中半数でラッシュを受けほとんどのパスがチェックダウンのRBへのパス。その一方でWashingtonのQB Kirk Cousinsはラッシュの中でも冷静にターゲットを素早く見つけ素早く投げる活躍ぶり。Broncosがオフにターゲットとして激しく獲得に動くのではと噂されているCousinsのワークアウトは完璧に終了した。
しかしQB騒動となるのはシーズン終了しFAが始まってから。その前に大きな波が訪れるのは今から1週間後から10日後。今季最終戦のKC戦以降、まずコーチ陣の何人かに斧が振り下ろされる。そして新しい来期スタッフ固まると次には自軍選手の整理が始まる。今季W4に右肩の腱を断裂しながらプレイを続けていることが判明したBrandon Marshallは
「あぁ来るだろうね。自分がその中に含まれていないことを望んでいる。自分が出来ることはフィールドでプレイすることだけだ」と試合後話した。Marshallは18年シーズンに4.5ミリオン以上のオンサラリーを受け取る12人のBroncosの選手の一人。
Von Miller ($19 million), Aqib Talib ($11 million), Bradley Roby ($8.526 million), Demaryius Thomas ($8.5 million), Emmanuel Sanders ($8.25 million), Derek Wolfe ($8 million), Ron Leary ($7.625 million), Chris Harris ($7.4 million), Menelik Watson ($5.5 million), Marshall ($5 million), Darian Stewart ($4.5 million) and C.J. Anderson ($4.5 million)。多くの選手が来年もBroncosの一員としてプレイするだろうが、多くの選手が去ることになることも予想される。来期11ミリオンのTalibは
「何かが起きることはわかっている。自分は今季プロボウルに自分は選ばれた。自分はなんら問題はないと信じている」と話している。しかし問題はプレイぶりではなく、契約、お金のバランスだ。選手も変化が必要だと感じている。たとえその一部に自分が含まれる可能性があったとしても。CJ AndersonはJohn Elwayが球団を変化することを望んでいる。
「彼はそうすべきだ。その権利が彼にはあるんだ。うちは彼のチーム。個人的には自分は全力を持ってプレイするよ。もしここが自分の居場所でないなら、ほかでがんばる。いつもそう思って一生懸命プレイしているから」とAnderson。
QB Cousinsに関してはBroncos選手は脱帽だった。
「自分が思っていた以上の選手だったよ」とTalib。
Marshallは対戦前から、Cousinsが常に勝利を目指す競争心の激しい人間だと知っていた。
「彼は本物だよ。このオフに彼とイベントでフラッグフットボールをやったことがあるんだ。僕は彼と同じチームでレシーバーをやったんだ。僕はイベントのフラッグフットボールだから楽しもうと思っていたんだけどね。そう思ったんだけど彼はマジモードだったんだ。ほんとかよって感じたよ。彼は本物なんだ」とMarshall。
来週KC戦は来年の処遇が不確かな1人が先発する。Paxton Lynch。来週は来期を賭けたプレイとなる。


スポンサード・リンク

  1. 2017/12/25(月) 21:52:45|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (819)