broncomaniacのブログ版

2015.11.21 Manning居残り

Chicago戦欠場するPeyton ManningとDeMarcus Wareが遠征に帯同せず。Kubiakヘッドが金曜日に明らかにしたもの。2人はDenverに残りリハビリ優先と説明した。Manningは月曜にKubiakヘッドに、今週は練習、会議などすべて欠席でリハビリに集中と伝えられていた。金曜の練習には顔を出し、Kubiakヘッドと練習をを見ながら話をしていた。
Wareは
「僕たちは供に試合に出たいと思っているからね。彼(Peyton)には、チームは我々を求めているが80%の我々ではない。チームを助けるために怪我を癒やそうと話した」と話している。
Chicago戦が終った明け月曜に怪我の状態をチェックし、来週のプランを決めるとKubiak。Chicago戦の後はNE戦となる。
Broncosでは欠場選手の遠征帯同はルールはなくその場、その場の判断。たとえばTyler SambrailoはW5で肩を痛めたが、翌週のCleveland遠征には帯同。W3を怪我で欠場していたKayvon WebsterはDetroit遠征に帯同していなかった。

WR Emmanuel Sandersは足首/指でクエスチョナブル。当日判断。出場は厳しいと予想されている。
守備ラインで臀部怪我のAntonio Smithと肩怪我のVance Walkerは金曜の練習も参加せず日曜はクエスチョナブルで当日判断。

ChicagoはWR Eddie Royalがアウト。他WR Ashon Jefferyもクエスチョナブル。金曜の練習にも不参加。RB Matt Forteは金曜はlimitedでクエスチョナブル。

Brock Osweilerが先発となってもプレイブックに大きな変更はなく、またプレイブックの省略もなくフルスケール版でOsweilerは準備をしている。RB CJ Andersonによると”アンダーセンターか、ショットガンであるかの違いだけ”と話している。Dennison攻撃Cは
「同じプレイブック。ショットガン、ピストル、アンダーセンター。どれも使うし我々はそれらスタイルも別のプレイブックとは教えていない」と話している。Chicagoは今季ブリッツ数は少ないが、守備CのVic Gangioは長らくゾーンブリッツの使い手として知られている。1995からCarolinaの守備C、98年からはManningのColts。以降Baltimore、14年のSFと守備の強いチームで攻撃Cおよびポジションコーチを勤めてきた。しかしDennison攻撃CはBears守備よりもBroncos攻撃に集中すると話している。
「それが我々のアプローチ。我々は我々の攻撃を向上していく必要があるんだ。相手の守備がどうこうではない。我々のスキームこそが我々を正しい方向に導いて暮れる」と話している。

スポンサード・リンク

  1. 2015/11/22(日) 01:21:32|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (543)