broncomaniacのブログ版

2015.11.23 Osweiler NFL初の誕生日に先発デビューして勝利QBになる!

1234
Denver730717
Chicago063615

Osweiler NFL初の誕生日に先発デビューして勝利QBになる!
Kubiakは次のNE戦のQBに関しては誰も指名せず。Manningとは月曜の怪我の状態を話し合い!!

Denver@Chicago 午後のアーリーゲーム。

 

Andrew Luckら早々なるQBがドラフトされた2012年。

なんと2012年組みQBで先発今季勝ち越しQBはなし。もしBrock Osweilerが勝利すると10で今季唯一の先発し合い勝ち越しQBとなる。WashingtonKirk Cousinsは今日勝てば今季5割。

 

試合前にはEmmanuel Sandersはプレイ出来そうだとのリポート出たが結局アウト。

Antonio Smithは出場。Trevor Siemianは今年ドラフトされて初めて試合登録。

Broncosで試合登録から外れたのはDeMarcus WareSam BrennerVance WalkerRichard GordonPeyton ManningLorenzo Doss

ChicagoJay CutlerのメインターゲットWR Alshon JefferyRBMatt Forteが欠場。WR Eddie Royalはすでにアウトが発表されている。

 

Chicagoはお昼で氷点下。本日は最高も最低もたいして変わらず、だいたいマイナス2℃~マイナス5℃の間で試合開始から終了後までいくような予報。風も強い。Arizona大出身のOswerilerPac12出身なので確認はしていないけど多分キャリアで最も寒い中でのプレイかな?

 

今日はIndyMatt HasselbeckPhillyMarc SanchezSt LouisCase KeenumHoustonTJ Yatesと控えQBが多く出場する試合が多いそうです。Hassebeck以外は今季初先発。OsNFL初先発。

その一方でDallasTony Romoの復帰戦となります。試合前のNFL.NetworkではRomoの復帰とManningの代わりに出場するということでOs2人に関する話題が多いです。

 

NFL.networkが昨年BroncosOsをトレード放出しようとしていたと伝えたことにJohn Elwayが否定と報道されました。Denver PostTroy Renckは誕生日のNFL初先発の日に、肯定することはないだろう、、、と伝えている。

 

Osの両親観戦中、なんと飛行機がキャンセルされて乗れなくて空路なら2時間とことを山を越えて16時間の車移動でChicago入り。

 

前半

第一Q

Chicago攻撃1

自陣24yから。Langfordのラン4yでスタート。ブーツはBarrettCutlerの前を遮りパス投げるとことなく失敗、3rdダウンはCutlerがスクランブルからファーストダウン。と書いたら本の少し足りずパント。

 

Broncos攻撃1

寒くてボールが固いかパント短く自陣26yから。

Osハドルに入る前のレフリーから握手され激励受ける。Osアンダーセンターで開始。Hillmanのラン3yでスタート。おぉLatimerが先発で顔出しで紹介!。D Thomasのスクリーンでファーストダウン。Hillmanが外を回って15yラン。D Thomasが浅いゾーンのアクロスでウルトラワイドオープン、キャッチ後サイドライン際へ走りそのままエンドゾーンへ、70と先制Broncos

 

Chicago攻撃2

自陣21yから。

Zach MillerへのパスをS StewartがインターセプトしようとしたらボールとれずMillerがキャッチして20yのロングゲインになる。3rダウン6はMarianiでファーストダウン、カバーはChris HarrisChicagoTEと二枚、三枚と大量投入している。Broncos陣入る。3rdダウン9はWolfeCutlerをサックしてパント。Wolfe今季初サック。Froteの代わりに出場数試合、RBやらレシーバーで大活躍のRangordのランはほぼシャットアウト状態。

 

Broncos攻撃2

自陣12yから。OsGの横からロケットサック受ける。Garciaだったんだろうか。誰もパスプロせんかxsつた。3rdダウン12なので無理せずパントの位置を稼ぐランかと思ったらCJ Anderson14y走りファーストダウン。なんだかわらかないけどランが最低でも4yでるBroncosChicago CB Callahanが腕を痛める。3rdダウン4でOs本日初の3rdダウンコンバージョンパスはショットガンからVernon Davisでファーストダウン敵陣へ。おぉ元BroncosMitch UnreinHillmanのシティフアームで転がされている。しかし次は復讐でUnreinが激しいラッシュ。Schofieldの反則で下がる、サックで下がる。今度はMathisのところからどーんと守備が突撃してきた。Osの被2サックはいづれも逃げる暇も無いロケットサック。反則で取り消しもあるので実質3サック。ランも出る、パスも出る。でもパスプロがまったくもたない、Osのサック後第一Q終了。

 

第二Q

Colquittのパントから。

 

Chicago攻撃3

自陣14yから。RB Dean Kelly()8yラン。CutlerAdam GaseGaseDetroitMike Marzに雇われたときから知り合いだそうだ。このドライブKellyのランが良い。WR Wilsonがワイドオープン、Broncos28yへ。今日はDTKilgoが随分出ている。RB Langordがワイドに、Brandon Marshallカバーでなんかやばそうな雰囲気なフォーメーション。TJ WardのブリッツでCutlerヒット受けながらTD狙いのパスは失敗。カバー少しひはひやしたけどブリッツが効いてパスがタイミング会わずRangfordもボールに対応出来ず失敗。FGで終わる。30

 

Broncos攻撃3

自陣20yから。3rdダウン2Ryan Harrisがフォルスで下がる。OsパスがDanielsの走るコースに合わず失敗。しかしアクロスしてたんだし球の出るところが見えてたろうしもう少しうまく調節出来なかったんだろうかDanielsOs本日初パス失敗、パント。

Chicago攻撃4
自陣31yから。またもバストカバレッジでWR BEllががら空き、38yパスとなる。Cutlerのオフェンスがノーハドルなので、準備しないうちに投げられている可能性もあるのだろうか。ただそんなにハリーアップオフェンスではない。しかしまたもWardSブリッツがきき、次のアースとダウンはとれず。一発ロングパスのみでGouldFGで終わる。76となる。今日は両チーム、バストカバレッジで得点している。

 なんとキックオフがエンドゾーンに入りボールがバウンドしてフィールドへ戻ってくる。エンドゾーンでタッチバックと思ったBoldenが慌てて拾って走り出すもゲインなし。ミラクルキックオフになった。Bolden痛む。1ヤード80インチくらい戻した。と思ったらエンドゾーンに入って外でたんだから拾って走らなければタッチバックだったよ!!とFautsBoldenの間違えだと解説中。これ間違えでした。

 Broncos攻撃4

自陣2yから。へたれた攻撃ラインの意地の見せ所ドライブ。Hillman2y、Osブーツで追っかけ回されパス投げだし、D Thomasへロングパスはまったくオープンならず失敗でパント。カバーしてたのはBroncosに一年いてOaklandへ出て行ったTracy Porterだったよ。今Chicagoなのか。

 Chicago攻撃5

Broncos49yから。Sylvester Williams傷む。腕が痛いようだ。一度もファーストダウン取れずパント。Brutonがメガトンヒットを見せる。

 Boldenパントをフェアキャッチ

 Broncos攻撃5

自陣12yから。Hillmanの良いランでてファーストダウン。今日もう74yランのBroncosDanilesへプレッシャーのとこスクリーンでファーストダウンで残り2分。Vernon Davisへのファーストダウンで敵陣入る。Osの両親と奥さんが映る。ピストルからDanielsで敵陣35yへ。残り1分切ってハドル組んでるOsLatimerでレッドゾーン手前でファーストダウン。しかしわりとのんびりOsがやってるので30秒しかない。Osスクランブルから逃げて逃げて15yまで走るも残り15秒。タイムアウト一個しか残りなし。TDパス投げて失敗ならFGで終わらすか。いやDavisへファーストダウン、敵陣6y、残り9秒。D ThomasTD狙うもチャンス無し。McManusFGで本日初登場。24yヒットして106となったところで前半終わり。

 Osは前半17回投げて13回で144y、TD。2分オフェンスも時間減っているのにハドル組んでたりして、無駄に時間消費させたことろはあるが、パスでどんどん前進。おしくもTDは逃したが初先発で落ち着きを見せ非難されようがない初先発ぶり。

長いパスを投げていないのは多分試合プランか。アンダーセンター、3rdダウンでショットガン、ピストル少しだけ、というフォーメーションでブーツもしばし。

ランもHillman950y、Anderson426y。攻撃ラインのパスプロテクションは相手の抜かれたと言うよりアサイメントミスで、あれ誰もパスプロしてないや、みたいなロケットサックを2発食らったもの。しかしラインは今日はランを出しており、やらかしてはいるがいつもの基準を考えるとまぁこんなもんだろうの仕事ぶり。後半しっかりしてほしい。

ChicagoCutler12回で7回成功118y。バストカバレッジからロングゲインを2度獲得した以外はあまりドライブを続けられない。ランでLangord711y、Carey827yで1ドライブランを出し続けた。Broncos3rdダウンから効果的なブリッツを入れCutlerのファーストダウンを許さない。決め所の守備コールが当たっている。両チームともカバーが崩壊してロングゲインされたのはもったいなかったか。

 後半
Broncos攻撃1

自陣17yから。Boldenリターンで激しいヒット受ける。ブーツからワイドオープンのDanielsでフィールド中央手前へ。しかしSブリッツを背後から受けサック、かなりのディレイで入ってきたので、Os気づいて欲しかった・・・。3rdダウンでも激しいラッシュ、逃げるOs、わらわら集まるChicago守備、Osあかんもうだめと自らダウンサック。パント。

 Chicago攻撃1

自陣8yから。TE Bennettがキャッチミスでラッキー。キャッチミスあり3凡。Brandom MarshallのタックルミスをWardの追撃タックルでファーストダウン許さず。

 パントがシャンク。一応30yくらい飛んだけどかなりのショートパントになった。

 Broncos攻撃2

自陣45yから。Hillmanラン2発で3rdダウン1、Thomasへのパスは手を入れられ失敗、ちょっとパスが反対の横に流れた。3凡。巨人Osだからスニークさせるかと思ったけど、怪我したらえらいこっちゃなのかいかなかった。

 

Chicago攻撃2

自陣10yから。Cutlerスクランブルで5y。Careyのランでファーストダウン。しかしCareyWardにヘルメットにヒット受けて脳震盪。反則にはなっていない。一応肩からヒットいったら頭に入ったという感じ。Careyは自分の足でサイドラインに下がる。

Trevathanがインターセプト!。TE Millerのパスの前に入りインターセプト。

守備がCleveland戦以来のターンオーバー奪う。

 Broncos攻撃3

敵陣25yから。Hillman2発でファーストダウン敵陣11yへ。さらにHillman1y、Andersonゲイン無し、3rdダウン9ChicagoラッシュかけるもOsぱっぱと投げて敵陣3yで4thダウンハーフヤード。ギャンブル。なんとOsがエクスチェンジの際にHillmanの足を引っかけてHillmanコケル。ギャンブル失敗。Fautsは、足引っかけ無ければファーストダウンどころかTDだったよ・・って解説。

 Chicago攻撃3

自陣2y。3rdダウン1Rayがオフサイドでファーストダウン与える。BennettへのロングパスをTrevathanがカバーでパス失敗もTrevathanがボールみてないとパスインターフェアをとられてフィールド中央へ。さらに空いたWillson20yでレッドゾーン手前へ。Ward痛む。TDパス狙うもRobbyインターセプトチャンス、WRに叩かれインターならず。FGで終わる。109となるChicago追い上げる。

このドライブはCutlerにまったくラッシュかからず。投げる時間を与えた。よくカバーしており50yの反則と20yパス以外は抑えたがその二つで十分得点出来るヤードを与えてしまった。

 Broncos攻撃4

自陣29yから。Davisでファーストダウン。

攻撃中に第三Qおしまい。

 第四Q

Broncos攻撃中

3rdダウン7はCJ Andersonのフレアでファーストダウン。敵陣へ。Anderson6yラン、ブーツでDanielsオープンでレッドぞーン手前でファーストダウン。Hillman外周りファーストダウン敵陣12Hillman少し、ラッシュかかりパス投げだし、LatimerTDヒットでスカウトチーム組仕事する。179とリード広げるBroncos

 Chicago攻撃4

自陣20yから。Cutlerスクランブル+WardCutlerがダウンした後、Cutlerに突撃。ChicagoなんもせんとBroncos陣へ・・・。ブーツでWilsonがオープンでヒットしBroncos7yでファーストダウンゴール。2プレイで76ヤード進む。フィールドジャッジが痛んで試合止まる。守備踏ん張る、Chicago3発でTDとれずギャンブルへ。失敗、Talibインターセプトチャンスも手に当てて落とす。とってたらエンドゾーンだったんでそのままダウンで20y、落としたので4y。

 Brooncos攻撃5

自陣4yから。3rdダウン1はAnderson15y、しかし1人交わせばロングTDとはいかずもかなりのロングゲインになったからおしかった。Davisスクリーンでファーストダウン中央手前。Hillman100yラッシュ達成。Latimerエンドアラウンド!しかし敵陣41yであと1y足りずギャンブルに行くBroncos。と思ったらハードカウントでした。パント。

 Colquittパントがとんでもなく短い!!27yパント。ギャンブルすればいがったかな程度の距離。本日のColquittのパントたいだい良くない。

 Chicago攻撃5

自陣24yから。残り試合4分強。今度はCutlerがハンドオフでLangrodを引っかける。3rdダウン10TE Bennettでファーストダウン、逃げながら素晴らしいスローのCutlerTalibBennettを転がしたとパスインターフェアで一気にBroncos32yへ。これで100y反則献上のBronoos。反則ばかりで進むChicago。しかしMillerサックでCutlerファンブル、Malic Jacksonリカバーでターンオーバー。ゴメン間違えた、Millerが投げる手を叩いて、ボール宙に浮いて選手にあたって浮いているのをJacksonがインターセプトだ。

 Broncos攻撃6

残り223秒、Chicagoタイムアウト3つあり。ラン二つ、タイムアウト二つ。3rdダウン7となる。なんとG Evan Mathisが痛んだのでそれで時間が止まったと、Chicagoにタイムアウト戻される。3rdダウン7のブーツは読まれていてOsとっとと諦め自らダウンでサックにする。

と思ったらChicagoのタイムアウトは戻されずそのまま取られた。

Colquittパント。

 

Chicago攻撃6

自陣35yから。まだ時間は150秒ある。Cutler逃げまくりながらTE MillerへヒットでBroncos陣へ。さらにBellamyでファーストダウン。さらにRobyのパスインターフェアでBroncos11yへ。さらにRanglordであと2y。TD狙いはRobbyが阻止。Rangordがランで持ち込みTD1715となり2ポイントへ。Rangordまたも持つWardが割って入りストップ。24秒残り2点差死守。

 オンサイドキックへ。D Thomasがキャッチし、Broncos勝利。Foxヘッド試合終了後Broncos選手とハグ祭り。

 今日は何度もパスインターフェアで進まれたがちょっと判定が厳しすぎる気がするが、またWardが俺たちは狙われている発言しそうなかんじだった。とはいえWardはしばし今日もいらんヒットをかましていた。反則で118y献上。Chicagoはなんと反則ゼロ。来週のNETom Bradyには今日みたいに反則ばっかしていたら致命的になるぞ。

Os27回投げて20回成功2502TD

Hillman21102yにAnderson12回で59y。レシーブでは今日はKubiakが大好きなTE祭り。Daniels469yレシーブにVernon Davis668y。長いパスはコールされなかったようでD Thomas1発投げただけで失敗。

守備はラッシュがあまりかからなかった。しかしランはよく止めけしてドライブはさせなかった。出たプレイは皆、Cutlerが逃げながら通した長いパスのみ。点を取られる時は、Cutler逃げながら時間を稼いで長いパスになり反則でさらに大きく前進で得点、というものばかり。相手の攻撃プランをつぶしたがそこからばんばんゲインを許してしまった。


スポンサード・リンク

  1. 2015/11/23(月) 06:17:53|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)