broncomaniacのブログ版

18.3.9 Talib、St Louis Ramsへトレード

BroncosがCB Aqib TalibをSt Louis Ramsへトレード合意、見返りに18年ドラフトの5順。米メディアが一斉に伝えた。合意の段階で正式トレード成立はNFL2018年シーズンのキックオフデー3月14日となる。
この4年間Broncosの先発コーナーだった32才のTalibの放出先を探していた、ここまでSF、NEと交渉と伝えられていた。移籍先のSt Louis Ramsは守備Cに慣れ親しんだ元Broncos守備CのWade Phillips。またTalib本人もPhillips守備C下でのプレイを希望していたとも伝えられている。TalibとBroncosの契約は残り2年で18年が11ミリオン、19年が8ミリオンだった。4年連続オールプロ放出であるが、Broncosは元々Robyを高く評価しもっとプレイさせたいと考えており、またキャップスペースの問題、Talibの32才の年齢などから大きな損失とは考えていない。またどのみち放出する選手に5順がもらえたのは大きい。
RamsもTalibが加入したことでKCから移籍したMarcus Petersと鬼のマンツーマンカバーコンビを形成出来ることは大きな守備の売りになる。なおRamsの昨年の先発コーナーはこれまた元BroncosのKayvon Webster。昨年オフにFAでRamsに2年契約で移籍している。昨年は11試合に先発もアキレス腱を痛め12月に怪我人リスト入りしている。
Broncosは今後FA、ドラフトでCBの補強は必要。FAではRoss Cockrell, Aaron Colvin, Tramaine Brock, T.J. Carrie, Patrick Robinson, Nevin Lawson,Nickell Robey-Colemanら第3CBクラスが候補となり、また自軍では2年目となるBrendan Langleyが期待される。
18年シーズンはKC@Rams at Mexico Cityの試合が組まれている。昨年はNEがメキシコシティという高地試合の前にマイルハイのDenverで試合。今季もRams@Denver、KC@Rams at Mexico CityというスケジューリングをNFLは考慮するかもしれない。
その一方でBroncosはCB Chris Harrisの1.1ミリオンオプションを行使。情報筋からの情報としてDenver地元局のMike Klisが伝えた。スーパーボウル5日後から18年シーズンスタートの5日前、現地9日が期限だった。誰もHarrisが放出されるという予想を出すものはいないが、これでHarrisのBroncosの18シーズン在籍は確定した。
Harrisは1.1ミリオンのオプションの他7.4ミリオンと10万ドルのワークアウトボーナスを受け取る。2011年のドラフト外FAのHarrisは同じ2011年にドラフト入団したVon Millerとともに守備ではBroncosで最も古株、チーム全体でもWR Demaryius Thomasに次ぐ古株となっている。Harrisは同じKC大の先輩でこの4年間一緒にプレイしていたTalibの放出にTwitterで兄貴へのさよならのつぶやきをしている。

Denver地元局のMike KlisがBroncosから制限ありFAとなっているWR Bennie Fowlerは再契約はない見込みと伝えた。Klisは以前にはFowlerには1.9ミリオンのテンダーオファーをBroncosは出すと予想していたが、最近の球団の様子から、オファーはなしと以前の予想とは反対の情報を伝えた。センターMatt Paradise、OLB Shaq Barrettの2人には以前も今も、2.91ミリオンの2ndラウンドテンダーを出す見込みとしている。
KlisはBroncosはどうやら第3WR獲得へFAで大きく動き見込みと伝え候補としてDanny Amendola, Taylor Gabriel, Bruce Ellington, Donte Moncrief, Eric Deckerの名をあげている。また自軍には昨年ドラフト3順のCarlos Hendersonがいる。昨年はキャンプを体重超過で現れ、その後も練習で良いところがなく、さらにプレシーズンで手の親指を手術。シーズエンドとなっていた。
BroncosはBrandon Stokley、Wes Welkerとスロットに優れた選手を獲得してきたが、Welker退団以来は第3WRに苦労。ドラフト2順指名のCody Latimerも期待ほどのプレイが出来ずだった。その中でFowlerは2014年のドラフト外FAながらBroncosで通算56キャッチ、698y、5TDを記録。光るプレイも見せてくれた。しかし問題はシーズンを通じて良いプレイが続けられず安定性はまったくなかった。

元BroncosのEd McCaffreyの3人の息子が人命救助。3月3日の土曜日Max(SF)、Christian(Carolina)、Dylan(Michigan大)の3人、Christianの彼女にDylan の友達Michael MannがColorado州のCastle Rockのてっぺんから転落した72才の男性を救出。男性は13才の孫とハイキング途中に足を滑らせて20フィートも転落。13才の孫(名前はEli)は結婚15周年の旅行でSan Diegoにいた両親に電話。孫Eliの声はパニックではっきりとは聞き取れずも
「足を滑って転落したというようなことを言っていた」と父親。孫は転落したお爺ちゃんの写真を父親に送信。
「写真を見たとき、父は死んだかと思った」
72才の男性は首の骨折、大腿骨の骨折、あばら9カ所の骨折などの大けがで出血も激しかった。運がよかったのはMcCaffreyらのグループと別のグループが近くをハイキングしていた。Christian McCaffreyのグループはお爺ちゃんの転落を目撃していた。
「感覚的には彼は10秒間くらいかけて転落していったような気がした。あんな光景は見たことも無かったのでとてもショックだった」とChristian。
まずMcCaffrey兄弟のグループが先に転落した男性の元へ到着。続いて4人組の家族のグループが到着。Mannは一時心肺停止に陥った男性に心臓マッサージをして蘇生させたという。遅れて到着したグループの男性は折れた首を安定させた。911通報したのはChristianで
「救急隊が来るまでに4時間はかかったのではというくらい長い時間だった。でも後で履歴を見てみたら救急隊はたった11分で到着していた。彼らも素晴らしい対応だった」とChristian。
その後McCaffrey兄弟らも病院にかけつけ孫を励ましたという。
McCaffrey兄弟の両親、Ed&Lisa McCaffrey、末っ子Lukeも病院にかけつけたという。事故の翌日、San Diegoから戻り病院にかけつけた両親は
「えっ?Ed MaCcaffrey?ChristianにMax!そこで状況を把握して、そのままま写真撮影大会になったよ」と父親。13才の息子は前日にChristianに自己紹介されたが、NFL選手のMcCaffreyには結びつかず
「その日はパニックで名前言われてもよくわからなくて翌日まで気づかなかった」と話している。
転落した男性の息子で、13才のEliの父親は
「間違いなく彼らが父を助けたと思っている。父には長い治療が続くだろう。でも医者は現段階は“回復するかどうか”ではなく“いつ回復するか”という状態まできていると話してくれた。彼らなしには、こんな現在はなかったんだ」と兄弟達に感謝している。またMcCaffrey一家の他のグループで助けた人たちとも連絡が取れているという。
Christianと13才のEliはメールのやりとりをしており、Christianは家にEliを招待したという。
「たけど悲しいことなんだけど・・・・いや悲しいことではないんだけど、実は僕たちBengalsファンなんだ・・・・」と衝撃の告白のお父さん。元々BengalsのあるOhio州在住で数年前にColorado州に引っ越してきたのだという。72才のお爺ちゃんはOhioに住んでおり、孫のEliとハイキングするためにColorado州を訪れていたのだという。
「今年はPanthersと49ersを応援しなくちゃって話し合っているよ」とお父さん。

下の写真は(左から)Max 、13才孫、Mann、Christianがかけつけた病院で撮影した写真。なおDylanが映っていないのはMichiganに戻らなくては行けず戻ったため。


スポンサード・リンク

  1. 2018/03/09(金) 22:42:35|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (759)