broncomaniacのブログ版

18.3.16 Keenum、Broncosファンだった!?

現地木曜日の18年シーズンキックオフデーにBroncosと契約合意していた選手がサインのため続々と球団施設に入った。
QB Case Keenumは自身Twiiterに契約書にサインする様子をアップ。なんと子供時代にJohn Elwayのジャージを着る写真を投稿し
「正直に言うけど、僕は人生をこのためにずっと準備していたんだ。Denver Broncosの一員になれてこれ以上の喜びはない!!さぁやろう」とつぶやいた。
つけるジャージ番号は4。大学、プロと初めてつける番号。Broncosで4番はパンターBritton Colquitteが1番有名で他はほとんど活躍した選手はいない。
Keenumは4番を背負い、昨年Minnesotaで果たせなかったスーパーボウル出場を目指す。
「次の思い出を作る準備は出来ている。去年は本当に近いところまでいけたんだ。どういうものがちょっとだけその味を味わうことが出来た。去年は自分にとって、初めてリアルなプレイオフ体験だった。今は飢えている。カンファレンス選手権出場では僕は満足出来ない。もっともっと上に行きたい。もっと上を目指すための準備は出来ている」とKeenum。KeenumはBroncos入りが報道されるとたくさんのBroncos、元Broncosから電話を受けた。Peyton ManningやVon Millerらから電話を受け未だ電話はなりやまないという。

再契約した先発ILB Todd Davisも奥さんや両親と共に施設入りし契約書にサインした。
「Broncosはなかなか厳しい交渉家だったよ」とDavis。
Denver地元局のMike KlisによるとDavisにはPittsburgh Steelersが激しく獲得交渉に出て、他Wade PhillipsのSt Louis Rams、Cleveland Brownsが獲得に動いていたという。
Davisによると他球団とも一進一退というかなり詰めた話まで言っていたという。
Broncosに残りたいDavis。なかなか厳しい条件提示のBroncos。他球団からのオファー。Davisは自分がプレイしたいチームを選択。
Davisはこの2年先発ILBであるがBroncosに加入する前にNO Saintsをカット、契約、カット契約を繰り返し4度もカット。4度目のカット後にBroncosはウェイバー獲得宣言でBroncosに入団。最初にチャンスを得た場所から離れたくなかった。
「他球団からの話もあったけど、自分はBroncosが僕の家だと思っていたから。戻れて嬉しい。キャリアをここで終えたい」とDavis。
スロットコーナーとして契約したCB Tramaine Brockもサイン。しかし身体テストをパス後契約と見られていたCB Delvin Breauxは未契約で施設訪問を終えた。身体テストで落ちたのでは無く他球団のオファーも検討するのかもしれない。

Aqib TalibがトレードでSt Louis Ramsに移籍。Talib放出の原因となった若き新先発QB Bradley Roby。Talibとオフのワークを行う予定だという。
「彼とは親しい関係だったからとても辛い出来事。でもビジネスでしょうがないこと。僕とChrisと彼の3人が10年も一緒にプレイすることなんて出来ない。彼は僕にとってメンターなんだ。若い選手にはベテランのそういう存在の選手がいるもの。Talibが彼にとってはTampa時代のRode Barberがメンターだって話していたことを覚えている。僕にとっては彼なんだ。このオフも彼と一緒に練習するよ。今週も彼のいるDallasに発つ予定だんだ」とRoby。

スポンサード・リンク

  1. 2018/03/16(金) 23:08:37|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (819)