broncomaniacのブログ版

18.4.29 ドラフト後もElway仕事で大忙し

早くもドラフト外新人FA選手と契約合意情報が伝えられている。
C Austin Schlottmann 6'6" 300 lbs TCU
RB Phillip Lindsay 5'8" 190 lbs Colorado
WR Jimmy Williams 5'11" 197 lbs ECU
S Trey Marshall 6'0" 210 lbs Florida State
OLB Jeff Holland 6'2" 249 lbs Auburn
Hollandはまさかのドラフト漏れ選手で中位指名予想もあった選手。
ドラフト外新人FA情報はわりと錯綜することが多く、正式に球団発表までは確実とはいえない。

攻撃ラインはどうしたんだBroncos。ドラフトで唯一指名した攻撃ラインはArizona StateのガードSam Jonesただ一人だった。しかしJonesの喜びは10人分だった。Colorado育ちの子供の頃からのBroncosファン。10歳の時にフットボールのプレイを始めた。当時両親は息子に危険なフットボールをやらせるべきか、真剣な家族会議が開かれた。しかしJonesの強い希望で両親はJonesにフットボールをすることを許した、夢はBroncosでプレイすること。
高校までColorado。大学ではArizona State。両親は息子の試合を見に大学の間、あちこちを旅した。シニアシーズンは大学でプレイしないことを決めドラフトに臨む。元Broncosの選手だったMatt McChesneyをトレーナーとし毎日BroncosのガードConnor McGovernとワークを続けドラフトに備えた。Jonesは自分が3日目の指名になるとはわかっていた。
ドラフト直前に控えた水曜日、Jonesは気分転換にMike Shanahanの経営するレストランに食事に出かけた。
「少しドラフトのことを忘れようと食事に行ったら、John Elwayが僕のテーブルから3つ離れた席で食事をしていたんだ。“もう食事は終わってるみたいだから、挨拶したほうがいいかな”って悩んだよ」とJones。
悩んだJonesはMcChesneyにメールをいれた。
McChesneyは
「こんなラッキーなことないぞって彼には言ったよ。これこそ運命だって。言って自己紹介してこいって伝えたんだ」と話す。
「びびっちゃってなんて言っていいかわからなかったよ。ただ自己紹介して“良い週末になるように。それと僕は本当にBroncoになりたいんです”って言ったんだ。彼は“そうだな。指名できるかどうか、考えてみないとな”って言ってたよ」とJones。
ドラフト3日目、Coloradoの自宅で家族らとともに指名を待っているJonesに、Elwayから電話が来た。Elwayは水曜日の会話を当然覚えていた。
「多分、こういう運命だったんだよ。だろ?」
指名後のインタビューで
「もっと今自分がどんな気持ちがうまく伝えられる言葉があればいいんだけど。僕の子供の頃からの夢がかなったんだ。本当に信じられないよ」とJones。
McChesneyは
「彼はずっとConnor McGovernとワークを続けていてね。彼はBroncosファンとして育ちBroncosでプレイすることを夢みていたんだ。彼が指名されてこんな幸せはないよ。本当に涙が出ちゃったよ」と話す。
ShanahanのレストランでElwayに話しかけたことはドラフトされた理由ではないかもしれないが、少なくとも勇気を振り絞ってElwayに話しかけたことはJonesにとって大きな思い出の一つになっただろう。
「もう全てが信じられない出来事だよ」とJones。

JonesのトレーナーのMatt McChesneyはColorado大出身。2005年にドラフト外FAで当時のSt Louis Ramsと契約。その後NY Jetsへ移籍。Jets時代に守備ラインから攻撃ラインへ転向。08年Miami、09年にBroncos。2010年4月、ゴルフをプレイ中、ボールに集中していたところカートが動き出し足首を破壊。その怪我が原因で5月に引退発表。



スポンサード・リンク

  1. 2018/04/29(日) 08:30:20|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)