broncomaniacのブログ版

2015.12.03 Ware復帰

現地水曜の練習にDeMarcus Wareがlimitedながら練習復帰。腰の痛みから今季都合4試合に欠場している。NE戦で退いたTJ Ward、Sylvester Williamsは今週末のプレイは厳しく練習不参加、Louis Vasquezも不参加。
ほかCody Latimer、Bennie Fowlerの若手LBも休んだ。

Peyton Manningが先週月曜以来メディアに口を開いた。
「プレイ出来ないことはとても残念だ。競争者であり常にプレイしたいと思っているからね。今は可能な限りチームメイトを助けようと努力している」とManning。
Manningは足に付けていた足の固定保護具を火曜に外した。土曜日午前からリハビリを開始。それまでは保護ブーツを履いて過ごす。現時点では状況的にCast Off、Boots Onとなっただけでたいして進歩なし。Manningも足に重さをかけることをしていないので、まだ痛みの具合は不明だという。土曜開始のリハビリで、一週間動いていなかったため、足の力が戻るのに10日かかるという。12月13日のOakland戦での復帰もないことになる。
Manningはいつプレイするか、来年プレイするかなどの問題より、怪我の回復に集中していると話している。飛び交う情報に
「情報先で彼らとか、情報筋とか色々出てくるけど、実際のその彼とか情報筋というものに会ってみたいよ。随分詳しいらしいからね。僕は回復のことしか頭にない。」とManning。

Bleacher ReportのJason Coleが今季公式戦でBroncosはBrock Osweilerで行くことを決めたと伝えたが、この情報はBroncosが公式に否定。Kubiakヘッドも
「そんな話は知りもしない。我々は以前から行っているが、我々はQBが怪我から回復することに全力を挙げている。」と話している。またOsweilerも今週末のSD戦の先発と言われているだけでその後の話はないとしている。

今週末に対戦するSD。QBはPhillip Rivers。今週先発するBroncos QB Brock Osweilerとは大学時代の攻撃CがNoel Mazzoneと同じだった過去がある。RiversはNC Stateで大学最後の年に、OsweilerはArizona Stateで2年間。
Osweilerはドラフト前にMazzoneとあった際にRiversも同席。
「僕たちはそれから良い関係にあり、彼はずっと僕に良くしてくれている」とOsweilerはRiversに関して話している。
RiversによるとOsweilerとはメールのやりとりを続けているという。
SDのヘッドMike McCoyもBroncosで攻撃Cだった時に、Osweilerの新人年にコーチしている。Osweilerは
「Mikeは僕に週単位でどう試合プランを勉強するが、日曜の試合に準備するのかを教えてくれた」と話している。

Peyton Manningの怪我が癒えた時。Manningは先発に復帰するのだろうか。復帰したとして、フォーメーションはどうなるのだろうか。Osweilerが先発に入りアンダーセンターからのプレイが多くなり、ラン攻撃が突然出だした。Manningが好むピストルからのRBのハンドオフの場合、RBはQBへ直線的に前に上がり、ボールをハンドオフされてからプレイ方向へ動き出す。一方アンダーセンターからのハンドオブの場合、QBはセンターからスナップを受け取ると、プレイサイドへ流れ、RBもプレイサイドへ流れながらハンドオフを受け取る。ピストルからではしばし突入する穴を探しスクリメージ前でスローダウンしているシーンが多かったRB CJ Andersonはアンダーセンターとなったこの2試合まったく躊躇する時間がなく穴に走り込んでいる。アンダーセンターでプレイサイドに流れながらのハンドオフの場合視界の先に視界が開けているために、判断する時間も多く、またピストルの場合ハンドオフを受けてから急速にプレイサイドの流れるため無駄な動きが多くなっているからと考えられる。つまりゾーンブロッキングを効果的に続けるにはアンダーセンターからのランのほうが理にかなっているということになる。
KubiakヘッドはManningでアンダーセンターオフェンスが展開出来るのかとの質問に
「出来る自信があるよ。Peytonだって今年何度かアンダーセンターでプレイしている。Peytonがアンダーセンターでプレイしづらいなんて言っていないよ」とKubiak。そうはいっても結局Manningが入ればManningオフェンスになるしかないのでは・・・・。

SD@Denverのオッズは4ポイントBroncos有利。

今年のNFL反即ヤード喪失王はBroncos。NFL Penalty Trackerによると、Broncosが犯した反則85回で813yを喪失、相手チームがBroncos対戦時に犯した反則が64回で478y獲得、反則での獲得喪失ディフレンシャルがマイナス338yでリーグ最悪。Broncosの反則回数85回はリーグ9番目の多さ。Broncosとの対戦時相手の反則64はリーグ2番目に少ない。反対にNFL反則ヤード獲得王はArizona。犯した反則70回で536y喪失、相手チームの反則が102回で906yヤード獲得、+370ヤードのディフレンシャル。

水曜日にTE Dan Lightとプラクティススクワッド契約。Lightは火曜日にBroncosが行ったワークアウトに参加した16人の選手のうちの一人だった。Lightは8月28日にBroncosと契約、わずか4日でリリースされていた。6-5、265パウンドでFordham Universityでは4年間で177キャッチ、1594ヤード。3年時に66キャッチで話題となるも最後の14年シーズンの11月に靱帯断裂でドラフトされなかった。Lightは大学時代は”ブロンクスのグロンク”というニックネームだった。

スポンサード・リンク

  1. 2015/12/04(金) 00:09:39|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)