broncomaniacのブログ版

18.5.21 2019年ドラフト会場もうすぐ決定

2019年、20年のNFLドラフト開催地誘致競争。この2月にDenverが5つの最終候補に残った。現地火曜、オーナー会議で投票が行われ19年の開催場所が決定する。20年の開催地投票は今回は行われない見込み。現在残っている5つの候補地はNashville(Tennessee州、Titansのホーム開催)、Denver、Cleveland-Canton(Ohio州、Brownsのホームおよび殿堂のあるCantonのダブルプッシュ。ただし両市は100キロ離れている)、Las Vegas(Nevada州、20年シーズンからRaiders移転予定)、Kansas City。Denverは実質2019年のみの候補。20年はドラフト開催時期に地元で大きなイベントが予定、ホテルの数の問題で20年開催は厳しい。Las VegasはRaiders移転が2020年のため、実質2020年のみの候補か。
情報筋では19年はNashvilleとDenverの2つの争いとなっており、リーグの評価はNashvilleのほうが高いという。
NFLの50年連続でNY開催だったが15年、16年がChicago、17年がPhiladelphia、今年がDallasだった。

現地火曜から始まるOTAに先立ち、前日月曜、恒例の選手・コーチゴルフ大会開催。

Denver BroncosのILB Brandon Marshallと元Denver BroncosのWR Brandon Marshallが初めて対面。現在34才、FAのWRのほうのMarshallが創設者の1人である、Project375(心の病を解決するための団体)のイベントで初対面。2人は名前が同じで、しばしBrandon Marshallが何何をしました・・・とメディアが伝えると、「Brandon、何何しちゃったの?」と別のほうのMarshallに大量に連絡が行ってしまうことが多く、何かあると片方がTwitterで、「俺じゃないほうの話だから」とつぶやくことも。WRのMarshallは自分のほうの10万人くらいのファンが間違えて、ILBのほうのMarshallのTwiterのフォロワーになってしまっていると嘆くと、ILBのほうのMarshallは、いや俺の5万人のファンもそっちのフォローしちゃってるしと応戦。
さらにWRのMarshallは
「友達から電話で、ラスベガスでパーティーなんだって?とか聞いてきて、俺知らねえよ、って答えたり」と2人はならんでにこにこ顔でエピソードを披露していた。




スポンサード・リンク

  1. 2018/05/22(火) 02:51:17|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)