broncomaniacのブログ版

18.5.24 OTA2日目

2019年のドラフト会場がNashvilleに決定。Denverは最終候補5つに残っていた。Broncos CEOのJoe Ellisは
「残念だ。Denverほど良い開催場所はないと信じているからね。詳細が入ってからなぜ駄目だったか、色々検討していきたい。すぐにもドラフト会場に選ばれるようにね」と話している。Denverは2020年開催地候補にも残っているが、4月最終週のDenver市内のホテルはすでに予約で埋まっており、ドラフト開催は厳しい状況。

今年のBroncosのドラフトは各大学のキャプテンばかりを指名したせいか、優等生として評判。Derek Wolfeは
「今年の新人は文句を言わない。あまちゃんばっかりのドラフトの年は文句たらたらで文句言うか泣くかなんだけど。今年の新人は何も文句がない」と話している。
叔父のほうのDomata Pekoも今年の新人の態度、そして戦力としての手答えを早くも感じている様子。
「まだ練習2日だけど彼らには喜んでいるよ。昨日も、“おい今年の連中はチームの助けになりそうだな”って言ってたところなんだ。」と話している。しかしPekoを本当に感心させたいのなら彼に名前を覚えてもらわなくてはいけない。それまではPekoは新人は名無し、あるのはジャージー番号だけ。
「彼らが53人ロースターに残るまではね。残ったら初めて僕は彼らの名字と名前を覚えることにするよ」と話している。

BroncosはOTAの間、攻撃ラインのスペシャルコンサルタントとして元Indyの攻撃ラインコーチHoward Muddを招いている。76才のMuddは1974 年にSD Chargersの攻撃ラインコーチとなり、Peyton ManningがColts入りした1998年から2009年までColtsで攻撃ラインコーチ。本人は引退したつもりが、Coltsに戻されたり、NO Saintsに臨時でお願いされたりとなかなか引退出来ず、2011年にはついにPhillyでフルタイム攻撃ラインコーチ職でNFL復帰。12年に今度こその引退をしていた。選手としても優秀で1964年のSF 49ersのドラフト9順指名選手。ポジションはガードでプロボウル3回、オールプロ2回。NFLでは伝説的なコーチの1人とされている。
なおMuddはManningを新人時代から全盛期まで見ているものの、NFLでもっとも偉大なQB、GOAT(Greatest Of All Time)はJohn Elwayだと話している。1年ほど前にESPNで
「1978年以来でなら私はJohn Elwayを選ぶ。彼は何も無いところからどでかい仕事をするからだ。僕はあのThe Driveの時、Cleveland Brownsのコーチだったんだ。あの頃の彼は素晴らしいチームにいたことがあるか?ないね。彼はただ良いというレベルのチームにいたんだ。しかし彼は全部で5回もスーパーボウルにいった。違うヘッドコーチの元で、違った環境の元で、違ってレベルの守備の元で」とMudd。
きっと2番手がManningかと思いきや、なんとTom Brady。BradyがElwayより下の理由は
「理由は彼は常に彼にとってのベストのコンビネーション状況、環境でプレイしているからね。2TEセット、3WR、4WRセット。まぁ守備的にはRichard Seymourくらいしかいなかったけど」とMudd。

スポンサード・リンク

  1. 2018/05/24(木) 23:03:38|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)