broncomaniacのブログ版

18.8.25 先発組ようやくシャッキとする

1234
Denver1076629
Washington0301417

現地金曜日、Pat Bowlen Broncosオーナーがプロフットボールの殿堂貢献者枠でファイナリスト選出。来年スーパーボウル開催前日に最終投票。

元BroncosのTE Julius Thomasが引退発表。精神科医目指し勉強するという。

Denver Broncos@Washington Redskins

Ron Learyが欠場でMax Garciaが先発LG。

前半
第1Q
Broncosのキックオフ
Washington攻撃1
自陣20yから。RBは契約したばかりのばかりのAdrian Peterson。やや!GotsisがQB Alex Smithをサック。スーパーボウルシーズンに少し在籍のTE Vernon Davisへのパス失敗。Alex SmithとDavisはSF時代のチームメイト。3凡。

McKenzieファインプレー。ロングパント、新人Yiadomが脚にボールをぶつけてしまう。フリーボールとなって転がるボールをMcKenzieかぶさってリカバー。ちゃんとYiadomにボール触るなよーと指示を出していたがあたってしまっていた。

Broncos攻撃1
自陣16yから。TE Huermanパスキャッチ後、ボール叩かれファンブルするもボールは外に出ていったため大事ならず。3rdダウン3をショットガンからBookerランでファーストダウン。ローテーションで新人Freeman入る。Freemanラン2回で残った3rdダウン3、RB LindsayへKeenum浮かしたパスで17y。新人WR Suttonへのファーストダウンパスで敵陣入る。このドライブ3度目の3rdダウンは4y。Sandersへのp明日はセカンダリーに叩かれ失敗。SandersフリーとなるもKeenumのパスが遅れ、セカンダリーにリカバーされてしまった。
McManusの50yトライ。難なく成功で3-0とBroncosファーストチームオフェンス、先制する。

Washington攻撃2
自陣25yから。Adrian Peterson13yランで沸かせる。Washington、契約したばかりのPetersonのラン多め。Todd DavisがPetersonにヘルメット頭頂部ヒットで反則もらう。ランばかり25y、反則20yでBroncos陣入る。3rdダウンからこのドライブ初パスはSmithがD Walkerにヒット受けパス失敗、プレシーズンゆえ4thダウンギャンブル3はVernon DavisへのパスヒットもS Dymonte Thomasが仕留めファーストダウンに半ヤードたりずギャンブル失敗。ラン8回くらい、パス2回のオフェンスだった。Thomasは欠場しているS Will Parks、Su'a Cravens代わりに多くの出番がありそう。

Broncos攻撃2
自陣25yから。KeenumからサイドラインでマンツーカバーのJosho Norman VS Courtland Suttonの競りあいハイボールはSutton勝利で大きく前進、さらにNormanカバーのD Thomasヒットでパス2発で敵陣35yへ。Huermanパスインターフェアもらいさらに前進ファーストダウン。Jake Buttのパスヒット、最後は新人Freemanが24yランどっかん決めてTD。先発オフェンス、パスプロは良く多少Keenumのポケットが縮まっても、Keenumは一度もヒット受けること無く、パス乱れ打ち。2回のドライブで10回投げ7回成功85y。ランはFreeman、Booker、Lindsayと3人もってたいして出ていなかったがFreemanが良いブロックで抜けると2人タックルかわして24yTDランを見せた。新人WR Suttonが2回レシーブ37y。Josh Normanのシングルカバーでの競りあいに勝利、目立つ活躍。

Broncosのキックオフカバーチームよし。

Washington攻撃3
自陣13y。RBに元BroncosのKapri Bibbsが入った。Alex Smithが、フリーのVernon Davisへのロングボム外す。S Stewart一安心。S Dymonte Thomasがまたも良いプレイ、Smithのミドルパスを叩き失敗に。3凡。Smithが3度の守備ドライブで2ドライブ連続ファーストダウン阻止プレイ。ロースター生き残りを猛烈にアピール。

Broncos攻撃3
自陣45yから。Booker15yランもC Paradisのホールディング。

第2Q
Broncos攻撃中。ホールディングがあったこともあり、3rdダウン12、Keenumのパスはラインスクリメージで叩かれる。今日ライン上でパスディフレクトは2度目。背が低いKeenum。攻撃ラインが推される状況でのパスはディフレクトされやすいか。あとハイボールが高すぎることが多いKeenu。Sandersへのパスはなぜか高すぎが多い。
Broncosファーストチームオフェンス、今日初めてのパント。

Washington攻撃4
自陣21yから、Robbyカバーでパスとられファーストダウン。ChubbがPeterson止める。Bibbsランもファーストダウン前にまたもS Thomasがストップ。4thダウンインチ自陣を本日2度目のギャンブルのWashington。Peterson、左外を走り15yラン。Peterson、Washingaton契約後3日くらいしか練習していないにもかかわらず、本日大活躍。Smith本日最長の21yパスヒット。Broncos陣29yに。4thダウン2で本日3度目のギャンブルはいかず32yFG。10-3とWashington追い上げる。この守備でBroncosはBrandon MarshallとDerek Wolfeが傷んだ模様。

本日スタジアムにClinton Portisのジャージを着た人が凄く多いとのリポート。PortisはWashingtonで地元テレビ局でリポーターをしている。しかし理由はもしかして新加入のPetersonかもしれない。Petersonのジャージー番号は26。Portisのジャージー番号も26。

Broncos攻撃4
自陣25yから。ラン2回がロスで3rdダウン15、Sandersヒットでファーストダウン。さらにSandersが素晴らしいダイビングキャッチで31y前進。D Thomasが先週欠場の理由の痛めている手首が痛いのか手を押さえている。Sandersのエンドアラウンド、FB Janovichが1人ブロックするとSandersがスピードで圧倒、LBのゆるいタックルも外し27yTDラン。Sandersこのドライブ、15y、33yレシーブ。27yTDランとワンマンショー。17-3とファーストチームオフェンス絶好調。

Brandon Marshallは脳震盪の疑いだったが検査で問題なし。Wolfeも怪我はしていない。

Washington攻撃5
自陣21yから。先発QB Alex Smith本日おしまい。8回投げ3回成功33yと不調に終わる。QBにはColt McCoy登場。元Cleveland Bronwsのベテラン。Washington4年目らしい。Marshall元気にランストップ。McCoyパス投げるところもなく3凡。

高いパントでMcKenzieリターン試みるも走るところなし。

Broncos攻撃5
自陣25y。Alex Smithはもう本日終了もKeenumはまだ。Broncosは前半一杯、プレイがしょぼければ3Qもということだったが今日の先発組のプレイぶりから本日最後のドライブになりそう。残り2分台に入っている。Keenumサックされ3凡。

Washingtonの地元局、Clinton PortisがAdrian Petersonにインタビュー。PortisがPetersonに自分のサインを書いた26番の番号をPetersonに手渡して、あとで君のジャージくれよ、とか話している。しかしCM行く前の映像でPortisが渡したジャージにPetersonがペンを持って何かしようとしていた。Portisの26番に自分のサインを書こうとしていたみたい。PortisはBroncosの元ドラフト2順選手。Washington間で行われたChamp BaileyとのメガトレードでWashingtonに放出された。Portisは目立ちたがり屋で当時プロレスのチャンピオンベルトをサイドラインに持ち込み、活躍後サイドラインで自分の腰に巻いてアピールしていたが、Mike Shanahan当時ヘッドがそのような行動にぶちぎれ。当時Denver PostのAdam Scheffterはなんとシーズン中にPortisを放出するとShanahanに聞かされていたが誰にも絶対に言うなとShanahanに言われていたという。Scheffterはその話をShanahanのオフィスで聞かされたというから、当時かなりShanahanとScheftterはいい関係にあった模様。シーズン後はBroncosコーチ陣も誰もPortis放出プランを知らず、Scheffterも口止めされていたのでどうにも出来ず、いつ実現するのかとずっと待ちだったという。

Wasahington攻撃6
自陣24yくらいから。残り2分きり2ミニットオフェンスのQB McCoy。Broncosえらいゆるい浅いゾーンが空いた守備。D Walkerか、誰の記録かまとめて3人ぐらいでサック。

Broncos攻撃6
Keenum膝ついて時間流して前半おしまい。

前半終了。17-3でBroncosリードで折り返し。
Broncosはすべて先発組。
Keenumは18回投げて12回148y。TD、Intともになし。気になったのはスクリメージで3回パスを叩かれたこと。背が低いため攻撃ラインがポケットを小さくされると守備ラインのパスを叩かれることが多そう。Chicago戦でパスが高すぎることが何度かあったが今日もSandersへのパスが2回くらい高すぎだった。
レシービングリーダーは新人Suttonの3回45y。サイドライン際のJosh Normanとのマッチアップで勝利したハイボールのキャッチは見事。ほかSandersのダイビングキャッチも炸裂。手首を痛めているThomasが1回13yのみ。手首は痛そうで押さえているシーンもあった。TEはあまり目立たずHeuermanとButtがレシーブ1度づつ。ランはFreemanが5回26y。といっても24yTDランが一度あったためで他はまったく出ず。Lindsayは2回6y、Bookerが3回9yとランプレイは低調。RBはLindasyは完全にHB3つめのスポットをつかんだ模様。
Broncos守備はパスプレイは完全制圧。Alex Smith、C McCoy2人併せてパス9回で3回成功33y。一度長いパスを決められた以外は投げる場所がほぼなし。2サック、7QBヒットも浴びせWashington QBはかなり痛い目に。
ただしPetersonのランにはやられた11回56y。毎回出され続けたわけではなく、出るドライブでは出され、出ないドライブではきっちり押さえるという感じだった。
Broncosの怪我人はS Shamarko Thomasが目を痛め病院に向かったという。

後半
Broncos攻撃1
Broncosはセカンドチーム。KellyがQBに入る。Lindasyのラン、DeAngelo HendersonへのパスでWashington陣入る。Kellyロールアウトから守備の頭超パスを投げようとするも頭越えられず、あやうくインターセプト。Kelly判断ミスのスローだった。3rdダウンショートは新人WR Hamiltonでファーストダウン。T Kouandjioホールディングで下がる。サイドライン際のHamiltonへロングボムは見せ場つくるもキャッチ出来ず。3rdダウン17はHamiltonへショートパスでファーストダウンとれずもMcManusのFG圏内に十分入るパス。ホールディングで10y下がったドライブもKelly落ち着いてMcManus圏内へ。45yFG成功で20-3とリード広げるBroncos。

Washington攻撃1
自陣15yから。Broncos控え組、Washingtonオフェンスに何もさせず3凡。ラン出ず、ラッシュかかりまくりだった。

Broncos攻撃2
自陣43yから。Lindsay13yランで敵陣へ。新人RB Williams本日初キャリーは少し。3rdダウンでKellyパスでファーストダウンに反則で前進。エンドゾーンのTE Patrickへのパスは良い具合のボール落ちてきたものの守備もぎりぎりついてきて惜しくも素晴らしいTDレシーブならず。3rdダウンロングでブリッツのラッシュにKelly、サックを受けないため早々に浅いパスを投げておしまい。McManusの34yFGで23-3と地味にリード広げるBroncos。

Washington攻撃2
自陣25yから。Rayサックで3凡。

Broncos攻撃3
自陣36y。3rdダウン6はRB Williamsのパスでファーストダウン、敵陣へ。

第4Q
Broncos攻撃中
Broncosは時間消費モード、ランと短いパスのみ。McManusが56yFGヒットで26-3となる。マイルハイじゃないのに。

キックオフリターンでAlexander Johnsonがリターナーの元BroncosのKapri Bibbsをストップ。

Washington攻撃3
QB Kevin Hoganがプレッシャーをよけ40yパスヒット。さらに18yTDパスヒットのHogan。Hoganは元Clevelandの3年目。出身はWashingtonとRedskinsの地元ッ子。Washington本日初TDで26-10となる。このドライブ2年目のLangley、新人のYiadomがでかいの2発やられる。

Broncos攻撃4
自陣8yから。Paxton Lynchが入る。Lynch良いミドルパス投げるもWR White取れず。HenderssonとWilliamsのランが出まくり前進のBroncos。McManus本日5本目のFG成功で29-10となる。Broncos時間消費ドライブ、8分以上つぶしまくった。WilliamsとHenderson、ご苦労様です。

前半で病院に向かったBroncos S Shamarko Thomasは網膜剥離かもしれないという。Minnesota VikingsのZimmerヘッドは一昨年だっがか網膜剥離を繰り返し苦しんでいた。

Washington攻撃4
元BroncosのKapri Bibbsが38yラン。残り試合時間2分。最後CB CJ SmithがやられHoganがTDパスヒット。29-17となる。Hogan2回のドライブで9回投げ7回成功88y2TD。

Broncosに攻撃権まわるも時間つぶしておわり。

Von MillerとAdrian Petersonが握手している。

Broncosプレシーズン初勝利。先発組はようやく攻守共にぱりっとする。控えトップチームもぱりっとする。気になるのはCBの層の薄さ。Harris、Roby、Brockはいいとして、今日はLangleyもやられ、Yiadomも相変わらず。CJ Smithも最後のTDをいかれた。


スポンサード・リンク

  1. 2018/08/25(土) 11:43:19|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (846)