broncomaniacのブログ版

18.8.26 Washington戦後記

Washington戦で4キャッチ61yを記録したWR Emanuel Sanders。Pitts在籍の4年間はスロットメイン。スロットよりアウトサイドでボールをばんばんキャッチしたいとBroncosへFA移籍。Peyton Manningからばしばしボールを受けた。Manning引退後の2年間はボールが飛んでこずボールもっと投げてくれよと願っていた。今年ドラフト2順で大型WR Courtland Suttonが入団。WRが2人以上入る体形ではSandersはスロットに戻ることが多くなった。さぞ不満たらたら・・・・かと思いきや
「いやー、スロットもいいねー」とWashington戦後のSanders。いくらアウトサイドにセットしてもボールが飛んでこなければしょうがない。Case KeenumがQBならスロットでもボールは飛んでくる。スロットに入るSandersは圧倒的なスピードとクイックネスでセカンダリーにはカバーしきれない。特に3rdダウンからのパスプレイではスロットSandersの威力は絶大。Sandersはプレシーズン3試合で7キャッチ88yとWRリーダー。

Denver Post新ビートライターRyan O'HalloranのWashington戦後記
箇条書き
〇 先発守備ライン 4メンラッシュで圧倒
先発組プレイの前半、WashingtonのQB15ドロップバックで12回が4人のラッシュ。2サック、4QBヒットで合計6ヒット。うちサック1、ヒット2はWashingtonの控えライン相手であったがそれでも素晴らしい出来。
「うちの守備はパサーをラッシュするよう作られている。もし点を先行すればパサーをラッシュすることが出来る。それが我々の目標」とJosephヘッド。

〇 反則多すぎ
Washington戦で反則数10、喪失ヤードは93。プレシーズン3試合で反則39、喪失ヤード344。うちレイトヒット、アンスポーツマンコンダクトなど15yの反則が8つ。

〇 Phillip Lindsayはラッシャーよりレシーバーとして貢献か
ドラフト外FAながらロースター確定状態のRB Lindsay。3試合で5キャリー31y。レシーブでは4キャッチ58y。Lindsayはレシーバーの位置にセットするなど相手のミスマッチを狙いあちこちに出没。

〇 Su’a Cravens, Paxton Lynchはどうなる
オフにFA契約したS Cravens。パッシングダウンでLBとしてもプレイ出来ると期待が高かった。しかし膝の具合が芳しくなく8月1日以降練習不参加。もし開幕に間に合わないとすれば・・・。
考えられシナリオは
・カット しかしBroncosはCravensを高く評価。これはなさそう。
・怪我人リスト入り 最も可能性が高い。各球団は2人まで復帰可能の怪我人リスト入り選手を指名できる。ただし開幕から6試合欠場になる。
・怪我のままロースターに残す。もし怪我で出場できないCravensを残すとロースター枠がもったいない。
さてLynch。Chad Kellyに控え争いで敗北。
考えられるシナリオは
カット、トレード、ロースター残留の三択。ロースター残留は驚くべきことではないが同時に理解しがたいものでもある。しかし予想はLynch残留。


スポンサード・リンク

  1. 2018/08/27(月) 01:49:45|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (901)