broncomaniacのブログ版

2015.9.16 Marshallボルト折れる他

・リスフラン間接の骨折で足にボルト2本が入ったままで今季プレイしているLB Brandon Marshall。プレシーズンゲームのSF戦でそのうちの1本が折れていたことをMarshallが明らかにした。
「ボルト自体はもう用済みなんだ。治るまで間接をつなぐ役目をしていたもの。折れたところでもう用済みだから不要なんだけど、折れたちゃったから人体にとって余分なものでもあるし痛みがあるんだ。医者は折れて問題ないがしかし痛みは感じることになると話していた。今後も大丈夫だと思うよ。まぁかなり痛むよ。試合中はアドレナリンが出ているから大丈夫だけど」とMarshall。ボルトを抜く手術を受けると回復に2ヶ月かかるためシーズン終わるまで現状のままでプレイする。なおフットボール選手にはよく起こることで、Wade Phillips守備Cによると、ドラフトコンバインでもボルトが折れてしまっている選手が多くいるという。特にパフォーマンスは影響しないという。
Marshallは今季は絶対に欠場出来ない理由がある。7月に第二次世界大戦に海軍の一員として参加した祖父が亡くなった。Marshallは今季を祖父に捧げるシーズンにすると誓っているからだ。Marshallは祖父が亡くなるとき、祖父の手を握りしめていた。Marshallは祖父が亡くなった後、自分の胸に"Williams 7-1826— 7-7-15"の入れ墨をいれた。祖父の名と祖父の生まれた年月、亡くなった月、日と年の数字だ。
Marshall一家にとって祖父は支柱的存在だった。Marshallは大学時代から自分の試合前には祖父に電話をしていた。
MarshallのNFLのキャリアはJacksonvilleだった。2013年のプレシーズンの頃、祖父がMarshallに電話をしてきた。Marshallはそのときの様子を
「彼が電話してきて言うんだ。”夢を見たよ。おまえがスーパーボウルでプレイしているんだ”って。僕は”じいちゃん。俺は今Jacksonvilleにいるんだよ。ちょっとそれには時間がかかりそうだ”って言ったんだけどじいちゃんは”いやBrandon、夢に見たんだから”って言っていたよ」と話す。まさかその夢が其のシーズンに実現するとはMarshallは思っていなかった。MarshallはJaxをその電話の数日後カットされた。MarshallはBroncosとプラクティススクワッド契約。12月Von Millerのシーズンエンドの怪我で53人ロースターに昇格。スーパーボウル出場となった。
「じいちゃんとのこの会話は素晴らしい思い出の一つ。彼は正しかったんだ」とMarshall。

・Baltimore戦で怪我をしたS David Bruton、Darian Stewart、エンドMalik Jacksonは全員次のKC戦は出場。エンドKenny Anunikeは未だ膝の怪我の回復途中にあるためJacksonの出場OKはうれしいニュース。JacksonはBaltimore戦で頭をうち退場。脳震盪だった場合KC戦出場は不可能だったが幸い脳震盪は起こしておらず。
Baltimore戦ではJacksonが27スナップ、Sylvester Williamsが35、Vance Walkerが34、Antonio Smithが32、Darius Kilgoが22スナップと5人でローテーションした。
「我々は全員が必要なんだ。僕自身は怪我をしたなんて思っていなかったからね。とくかく大丈夫で良かった」とJackson。

・TJ Wardの出場停止処分が明けたため、BroncosはCB Curtis Marshをカット。

スポンサード・リンク

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/09/16(水) 22:40:35|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)