broncomaniacのブログ版

18.9.17 試合後記

2ミニットオフェンスで逆転のFG圏内までたどり着いたBroncosオフェンス。試合後のロッカーでは"Football 101''の声が。Josephヘッドにより毎週行われているフットボール101授業。いつアウトオブバーンズに出るか、いつチャレンジが行われるか、すべての試合状況を頭にたたき込むレッスン。最後のドライブ、テレビ放送では批判されていたCase Keenumの時計が止められないスクランブルラン。WR Patrickがキャッチ後最初にインサイドにカットしたこと。多くが答えが求められるプレイだった。
Keenumはスクランブルは時間の把握は出来ており問題はなかったと話した。またPatrickのインサイドのカットもPatrickは
「Caseはハドルでスパイクするからって言い続けていたんだ。僕はキャッチ後ゲイン出来るとわかっていたし誰も守備がいなかったからね。最初のカットの後にヤードをぐことを考えたんだ」とPatrick。

高温の中での激戦で最後のドライブはBroncos、Oaklandと疲労が目立っていた。しかし最後のドライブKeenumを守った攻撃ラインは賞賛に値するものだった。
「最後のドライで攻撃ラインは本当に素晴らしい仕事をしてくれた。投げるための時間が必要だった。Oakland守備はプレッシャーに次ぐプレッシャーで責め立ててきた。攻撃ラインはガッツを見せ、ダウンンフィールドにまで出てプレイをしてくれた。彼らの仕事は見ていて楽しかったよ」とKeenum。

OaklandのTD後のエクストラポイントのキックをブロックしたのはOLB Shaq Barrett。
「コーチはいつも何が勝利を決めるプレイになるかわからないからと言っているからね。だからいつでもきちんとプレイしないと。でもブロックしたボールが後ろにいかなかったのは残念だ。そうなったら拾って走ってTD出来たのに」とBarrett。ブロックしたボールは方向は変わったが勢いはかなり残り、FGバー近くまで飛んでいった。

Phillip Lindsayは2試合連続でスクリメージからの獲得ヤードが100y超え。ドラフト外新人では最初の2試合連続100y超えは初。

スナップカウント。
ニッケルコーナーのAdam Jonesは21スナップ。あまり出来が良くなくTramaine Brockに多くの場面で後退された。Brockが23スナップでJonesを上回った。ILBでは新人のJosey Jewellが13スナップで出場。
RT Jared Veldheerが脳震盪で下がり控えのBilly Turnerが35スナップで出場。
RBではLindsayが28スナップ14キャリー。Bookerが22スナップで3キャリー。Freemanが16スナップで8キャリー。

第1QにQB Carrを襲いサック&ファンブルフォースを決めたVon Miller。しかしILB Todd Davisのホールディングで取り消し。試合後Millerは
「ステーキディナーの刑だな。彼は俺の従兄弟みたいなもんだからな。彼がどう埋め合わせてくれるか楽しみだ」と試合後に話していた。

2つのビッグパスをキャッチ判定されなかった新人WR Courtland Sutton。出場スナップは54とE Sandersと同じだけ出場。ここまで2試合で3キャッチ54y。

スポンサード・リンク

  1. 2018/09/18(火) 02:34:43|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (901)