broncomaniacのブログ版

2015.12.14② 試合後リポート少しだけ

パントでファンブル、Oaklandに逆転のドライブを与えてしまったEmmanuel Sanders。
「相手に大きな流れを与えてしまった。この試合は僕に責任がある」とSanders。Sandersのパントのファンブルは新契約したS Shiloh Keoの判断ミスが引き起こしたともいえる。試合はSandersをパントリターナーで開始、しかしSandersのファンブルパントの前のパントのプレイでBroncosはKeoをリターナーに投入。ところがKeoは自陣10yサイドライン寄りに落ちてくるパントをキャッチせず流してしまった。パントは地面をバウンド、Broncos陣1yでアウトオブバーンズ。自陣深い位置からの攻撃を強いたパントレシーブの判断ミスはセーフティーを招いてしまった。Broncosはフィールドの位置が悪い状況が続いたため再びSandersをリターナーに投入、しかしそのSandersがファンブルを犯してしまった。スペシャルチームのミスは多く、Brandon McManusも49yFGを外してしまった。
「いいキックと感じた。ただ運がなかったのか。あと5インチ足りなかった」とMcManus。蹴られたボールは左サイドのバーを直撃。あたったボールはどちらにずれることなくまっすぐにフィールド側に跳ね返ってしまった。

Oaklandの攻撃トータルヤードはわずか126y。Chris Harrisは
「守備的に言えば今日はよくプレイ出来た。相手攻撃がどれだけヤードを稼いだかわからないけどただ今日僕たちが出来なかったことはターンオーバーを奪うことだった。これは心配だ。今日もっと出来たことといえば、ターンオーバーを奪うことだった」とHarris。
久しぶりに出場したDeMarcus Wareは
「前半Oaklandの攻撃はマイナスヤーデージだった。しかし得点差はなかった。後半も彼ら攻撃は前に進めなかった。しかし彼らはターンオーバーバトルで勝利した。いつも言っているがターンオーバーを奪った方が勝利するんだ。」とWare。
Wareは復帰戦の今日は限定出場。傷めていた腰の調子はよく、今後はベース守備でもプレイを増やしていきたいと話した。

近年のBroncos守備としては間違いなく最強を誇る現在のBroncos守備。その一方、攻撃が大不振。来年は確実に戦力が落ちる守備を考えると、今年優勝せずにいつするんだ、という状況のBroncos。
来年は守備に多くFAが多い。まずVon Millerは再契約最優先として、二人のエンド、Malic JacksonとDerek Wolfeは契約最終年の年にキャリア最高のモンスターシーズンを送っている。Jacksonとの再契約はSDのCorey Liugetクラスが基準になるかもしれない。5年51.25ミリオン、7.5ミリオンの契約ボーナス、30ミリオンの保障。ラン、パスラッシュと共に圧倒的なパフォーマンスのJacksonゆえ年平均10ミリオン以上は妥当な額。
強力なランストッパーから今季パスラッシャーとしても活躍を見せるWolfe。NFLの元代理人Joel CorryはWolfeの額はDallasのTyrone Crawfordの契約が雛形となると話している。Crawfordは5年45ミリオン、10ミリオンの契約ボーナス、24.6ミリオンの保障。

次のPitts戦ではTJ Wardが戻る見込み。足首を痛め二試合に欠場していた。Denver地元テレビ局のMike Klisは次のPitts戦もBrock Osweilerが先発すると伝えている。Klisはその次の12月28日のCincinnati戦がManning or OsweilerのQB論争が勃発する時期と伝えている。

スポンサード・リンク

  1. 2015/12/14(月) 23:02:08|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)