broncomaniacのブログ版

18.9.27 PSパンターの話

プラクティススクワッド契約したパンターColby Wadman。17年のドラフト対象選手。ドラフトされずドラフト外FAでも契約できず、初NFL球団との契約は18年のOakland Raidersが最初。ただし5月にカット。Broncosとの契約はスペシャルチームCのTom McMahonが理由だった。昨年シーズンまでIndianapolis ColtsでスペシャルチームCだったMcMahon。昨年もColtsのミニキャンプにトライアウトで参加。今年もBroncosのミニキャンプにMcMahonの誘いでトライアウト参加していた。
「彼がIndyにいた時から僕をスカウティングしてくれていたんだ。CaliforniaのDavisにまで僕のためにワークアウトで来てくれたり、Indyのミニキャンプに呼んでくれたり。一緒にワークをしていたんだよ」とWadman。Wadmanは昨年6月から12月の間は実家の両親の家や大学時代のチームメイトと部屋をシェアし、学位の残りを習得、ワークアウト、生活費のためピザ屋の配達のアルバイトなどをしていた。Managerial Economicsの学位もとり、本人はフットボールはそろそろ潮時かと悩んでいた時期のBroncosの誘いだった。
BroncosにはMarquette Kingという高額パンターが在籍。しかしこのKingがえらい期待外れのプレイぶり。今回のWadman契約はKingの尻を叩く意味も。
Josephヘッドは
「Marquetteには今度の試合ではいいパンチを期待している。しかしこのリーグはパフォーマンスが重要だからね」と水曜の練習後に話した。
Kingは開幕から3試合で17パント。ハングタイムの平均はNFLの理想の4秒を下回る3.9秒。開幕から2試合では平均4.11秒であったがBaltimore Ravens戦では平均3.5秒。うち2回は3秒すら下回る凡パントだった。
KCではリターナーで強烈なTyreek Hillがいる。JosephヘッドはHillのカバーにはパントのハングタイムが大きな影響を持つと話している。
「ハングタイムはキーとなる。彼はフェアキャッチをあまりこのまない。彼のリターンを止めることが勝つには必要だ」とJosephヘッド。
なおWadmanはBroncosにミニキャンプでトライアウト参加していたためKingとはすでに面識がある。水曜の練習で久々に再会。
「Marquetteは僕にも良くしてくれるしいい人だよ」とWadman。

次のマンデーナイトのKC戦へ向けた練習開始。CB Adam Jones、Tramaine Broockの怪我組も練習参加。膝の痛みのILB Brandon Marshallは不参加。

KC戦でBroncosはホームのオレンジジャージではなくブルージャージでプレイ。

KCは開幕3試合で第1Qでとった得点が49点。1970年以来最高の得点数で、1989年のBroncosの開幕3試合の1Q43点以来のハイスコアチーム。このシーズンのBroncosは開幕3連勝も4戦目でClevelandに1試合でわずか13点しかとれず敗戦。ただしスーパーボウルに出場。スーパーボウルではSFに粉砕され55-10で敗戦。

Baltimore戦でパンチしたと退場になったRB Phillip Lindsay。出場停止処分も予想されたが、処分なし。

Ravens戦でVon Millerは守備スナップ72中49スナップでのプレイ。ずいぶん外れていた時間が長いようだがこれがMillerの今季の平均スナップ数になりそう。Millerは開幕のSeattle戦では守備57スナップ中50スナップで、Oakland戦では57スナップ中50スナップ。JosephヘッドはMillerには常に疲労なくフレッシュな状態でプレイさせたいと考えているようで
「うちの守備が70もプレイする中で彼は50プレイほど。これはいい数字だ。」と話している。

次のKC@Denver戦。Texas TechのコーチKliff Kingsburyは悩んでいる。彼がUniversity of Houstonのコーチ時代にはCase KeenumがQBだった。Texas Techのヘッドとなり、彼の下でKCのQB Patrick Mahomesが先発QBをつとめた。
「どっちもこれは選べないよ。両方のオフェンスを応援することにするよ」とKingsburyコーチ。KingsburyコーチはKeenumがNCA記録のパッシングヤード、パスTDを投げた時の共同攻撃C兼QBコーチだった(翌年単独攻撃C昇格)。元NFLのQBでTexas Techでプレイ後、2003年にNE Patriotsにドラフト6順で指名され、新人時代は怪我人リスト、04年はNO Saintsのプラクティススクワッド。05年にはBroncosのプラクティススクワッドに2週間在籍。その年JetsでNFLデビュー。Broncos戦相手にパス2回成功1回17yの記録を残している。以降NFLヨーロッパ、カナディアンフットボールでプレイし2008年からUniversity of Houstonでコーチ歴開始。Johhny ManzielやBaker Mayfieldもコーチしたことがある。
Kingsburyは
「これ以上の誇りはないよ。ハイスコアリングゲームになってくれるといいね。」と話している。

スポンサード・リンク

  1. 2018/09/28(金) 00:09:38|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (847)