broncomaniacのブログ版

18.10.21 ThomasとMarshall トレード放出候補か

BroncosはLA Rams戦でアキレス腱を切ったG Ron Learyを怪我人リストに入れた。空いた枠で、NY JetsのプラクティススクワッドのG/C Nico Falahとロースター契約。今年のドラフト外FA選手。JetsはFalahを高く評価。JetsはFalahの他球団とのロースター契約での流出を恐れ、Falahのサラリーを上げたばかりだという。地元メディアのManish MethaはFalahが流出の可能性が高い選手にもかかわらずJetsが53人ロースターに昇格させなかったことに驚いていると伝えていた。
FalahはUCSの先発センター。Jetsの1順QB Sam Darnoldにスナップを出していた。
大学4年シーズン前にはドラフト上位指名の評価が高かったが4年シーズンはいまいち+怪我でドラフトされなかった。ドラフト後にTennessee Titansと契約、9月にJetsとプラクティススクワッド契約。ドラフト前には、過小評価されているセンターでNFLでも先発センターになれる可能性がある、と評価するドラフトサイドも多数あり、低ラウンドもしくはプラクティススクワッドのダイヤモンド原石候補と言われていた。大学1年、2年時にはタックルの控えもつとめガードでもプレイ。

Rams戦のホースカラーの反則でDarien Stewartが26739ドル、TDプレイと思ってトーンティングをしたEmmanuel Sandersに10023ドルの罰金がリーグから課された。

トレード話。もしBroncosからトレードされる可能性があるとしたら、若手に出番を譲る道筋が出来つつあるベテラン。Denver地元局のMike KlisはCourtland SuttonのためDemaryius Thomasが、Josey JewellのためにBrandon Marshallが考えられるとし、実際のところThomasには興味をもつ球団があると伝えている。リーグ最強インサイダーのAdam Schefterも複数球団がDenverにThomasに関しての連絡を入れたと伝えている。トレード期限は10月30日。両選手高額サラリーのベテラン選手。若手の台頭とともにサラリーに見合った成績かというとかなり微妙。
Thomasは2015年に5年70ミリオンで契約延長。今季のキャップヒットは12ミリオン。今季終了後のカットでデットマネー3.5ミリオンでカット出来るため、今季がBroncos最後のシーズンの噂もシーズン負から出ていた。30才のThomas。昨年は2011年のTim TebowがQBの時以来の1000yレシーブ以下で949y。今年は7試合終了で372yレシーブのみ。
ProFootballFocusのグレードでは74.3、Good評価でリーグWRで31位の評価。
なお相棒の31才のSandersは現在603yレシーブ+走ったり投げたりのエースWR状態。SchefterによるとSandersにも興味を持っている球団があるが、BroncosはSandersに関しては話しを聞く気は無いという。
先発ILBのMarshallは16年に4年32ミリオンで契約。28才の今季はキャップヒット7ミリオン。今季終了後のカットで4ミリオンのデットマネー。ProfootballFocusではグレード59.9と平均的グレード。LBでは48位評価。今年はランダウンでJewellに出番をとられているがパッシングダウンではでずっぱりなのはMarshall。TEカバーに苦しんでいるBroncosだけに、今年を諦めていないならまだMarshallは必要ではある。

スポンサード・リンク

  1. 2018/10/22(月) 02:02:29|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)