broncomaniacのブログ版

18.11.18 Bosa嫌な時に戻ってくる

現地金曜発表された日曜のLAChargers戦の出場ステイタス。
アウトはILB Brandon MarshallとS Dymonte Thomas。それぞれ膝、足首を痛めている。そして木曜の練習でACL断裂のG Max Garcia。シーズンエンドで今後怪我人リスト入りとなる。
対戦相手のChargersはCB Trevor Williamsがアウト。ベテランTE Antonio Gatesがクエスチョナブル。そしてまさかのDE Josey Bosaのクエスチョナブル。今季は脚を痛めてここmsw出場無しのBosa。今週はlimitedベースで練習に参加。復帰は近いと見られていたがBroncos戦で復帰とは予想されていなかった。情報筋によるとクエスチョナブル発表ながら、脚に今後問題が出ない限り出場だという。どれだけプレイするかは、Bosaの状態次第となる見込みという。

ChargersのQB Phillip Rivers。かつてJay CutlerがBroncosに在籍したときには、Culterをトラッシュトークで攻撃しまくるなどBroncosファンにとってはにっくき悪童のイメージ。しかし今のBroncos、特に守備選手にとってRiversはフットボールの情熱が高すぎるだけの好青年のイメージとなっている。
「自分は2年前のプロボウルまでは彼のことは好きではなかった」とVon Miller。
「でもプロボウルで彼と話しをして、彼という人間に驚かされた。今は彼のことを尊敬している。彼の試合中のトラッシュトークは別に気にならないよ。だいたい“ファーストダウンとったぜ糞野郎”、みたいな感じでたいしたことじゃない。まぁいらつく選手もいるけど彼はそうじゃないよ。今は彼と対戦するのが楽しいよ」とMiller
なおMillerはRiversをキャリアで15回サック。MillerがもっともサックをしているQBがRivers。
Chris Harrisは
「彼は試合中ずーっとトラッシュトークしてる由一のQBだと思う。とにかくフィールドでずっとキャンキャン叫んでるから彼を嫌う選手もいるだろうね。でも僕は彼がうるさい以外は素晴らしい選手だと思う。彼はチームが勝つことをとにかく全部やっている。彼は僕たち相手選手に叫んでいるのと同じくらい審判にも叫んでるしね」とHarris。

怪我人続出攻撃ラインのためChargers戦でRGで先発することになったElijah Wilkinson。Massachusetts大出身で本来のポジションはタックル。学生時代はガードは練習でのみ。ドラフトはされず17年にドラフト外FAでBroncosに。開幕ロースターには残れずカットされプラクティススクワッドに。10月にロースター昇格されてからはずっとロースター内。とはいえ今季シーズンも開幕ロースターに残れるという予想はなく、キャンプ要員と見られていた。しかしタックルだけではなくガードでも守れることが有利となりロースターに残った。ここまでは攻撃ラインの誰かがちょっと痛んだ時に数スナップ代わりにプレイ。痛んだ選手が戻ると下がる、という感じで試合の中でまとまってプレイしたことはなかった。Houston戦までは。Houston戦で先発センターのMatt Paradisが試合前半に足首の骨折で下がると、攻撃ラインシャッフルの中、Gとして40スナッププレイした。
「プレシーズンでもGでプレイしたからGでプレイすることになってもそんなに驚きはない。これが僕がプレシーズンから準備していたことだし。当然タックルとガードではマッチアップする選手のタイプは変わる。ガードでは素早い小さな相手ではなくより大型の選手とマッチアップすることになる。でも練習でやってきたことに集中してがんばるよ」とWilkinson。
Wilkinsonの個人的な話しとしては、高校時代学業の苦労話。高校フットでは優秀な攻撃ライン選手として評価されながら学業不振のためリクルートに来る学校といえばミリタリースクールばかり。
「成績を上げてなんとか大学に入ってやるって気持ちでがんばったよ」とWilkinson。

スポンサード・リンク

  1. 2018/11/18(日) 19:13:58|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)