broncomaniacのブログ版

2015.12.21 修正能力なしなのか・・・・

den14130027
pitts7671434


@Pitts
試合登録から外れたのは控えLBのLerentee McCray、Sは厳しい、なんとT.J. WardとDarian Stewartと先発2人が欠場。David BrutonとJosh BushにKeoでまかなう。緊急事態の場合ニッケルにWebsterを入れて、Bradley RobeyをSに入れるか。
さらに控えのOmar Boldenまで欠場。ほか攻撃ラインSam Brenner、DT Darius Kilgo、Peyton Manning。

試合ハーフタイムに入場67,234人とアナウンス。これはハインツフィールドの最多観客数。

前半
第一Q
Broncosコイントスに勝ち後半レシーブ。
McManusキックオフ。タッチバック。

Pitts攻撃1
自陣20yから。Roethlisberger、6yパスでスタート。Robyやられまず最初のファーストダウン。1度のファーストダウンでパント。

元PittsのSaneersフェアキャッチ その際にホールディングで下がる。
Broncos攻撃1
自陣9yから。Hillmanファーストダウンランでファンブル、Pittsリカバー。

Pitts攻撃2
Broncos陣21yから。スクリーンでTrevathanがRB Williamsミスタックルで一気にBroncos3yへ。Trevathanは最初のドライブではWilliamsをしっかりタックルしていたが今回はやられる。WilliamsがつっこいTD。7ー0とPitts先制。

Caldwellリターンも15yでダウン。
Broncos攻撃2
自陣15yから。オープンのD ThomasをOs外す。スローミスではなくルート間違いか。
しかし次から2発連発でSandersでファーストダウン。敵陣入り3rdダウン2はThomasでファーストダウン。ショットガンからOsがスナップ落球、拾ってサックになる。3rdダウンはNorwoodでファーストダウン。レッドゾーンへ。スナップまた乱れて、ランハンドオフ出来ずOs自分で走りすぐスライディング。Garciaやられパス失敗もOsハードヒット受ける。3rdダウン9もThomasへTDヒット。24シリーズTDありませんと実況Jim Nantzに何度も言われていたがここで終了。
パス守備がリーグ最低のPitts相手にOsはパス乱れ打ち。相変わらず右サイドのSchofieldは危険でかなりへろへろも、早いタイミングでびしびしヒット。ダウン前半は苦戦も3rdダウンを複数コンバートして、解説のSimmsはOsのベストドライブと称賛。といっても前回TDをとったSD戦もファーストドライブのみ素晴らしかった。今日はもっと素晴らしいドライブが必要になる。相手はRoethlisと豪華三枚レシーバーという破壊力。2回あったスナップミスは修正してほしい。

Pitts攻撃3
自陣20yから。3rdダウン5はJacksonにWolfeとダダ漏れでサック。3凡。Roethlisも早いタイミングのパスが多い。10y未満の浅いゾーン。

Sandersフェアキャッチ
Broncos攻撃3
自陣39yから。Sanders61yウルトラワイドオープンでTD。Sブリッツいれたら誰もSandersカバーなし、Sandersは手を上げて”玉くれくれ”と催促しOsもどごーんとパス投げてとってそのまま余裕で最後まで走り14ー7とBroncosリードする。Simmsはリプレイを見ながら、誰のミスかはわからないが誰かがポカを犯したと話している。

Pitts攻撃4
自陣20yから。Bryantへ15yパスヒット。BryantへロングはTalibべたづき失敗、しかし痛む。まずい、Talibが痛むと非常のまずい。パスを叩いてヘルプに来たBrutonと交錯していた。Talibは首らしい。Websterが入る。Millerが今日も早々に動いて反則もらう。Bryantキャッチ後Mali Jacksonが送れてヒット、その後PittsのWallaceが切れてタックル、Pittsのパーソナルファウル。なお解説のSimmsはJacksonのヒットは合法と話している。Wallaceにヒットを受けたBrutonは痛んで下がる。ひどい・・・・。Talibが戻る。RoethlisがロングパスもBushがインターセプト。RobyのカバーがよくSimmsが称賛。

Broncos攻撃4
フィールド中央から。D ThomasのスクリーンはThomasのパスインターフェアで10y下がる。CJ Andersonで2y。3rdダウン8で1Qおしまい。

第2Q
Broncos3rdダウン8、Os→Sandersでファーストダウン。さらにThomasでファーストダウン、レッドゾーン手前。Pittsのゾーンカバーまったく機能せず、観客からもブーイングが。Osはここまでレイティング158.3と完璧パーフェクト。3rdダウン5はTE Danielsでファーストダウン。正直言ってOsがいいのか、投げるターゲットがほぼ皆ワイドオープンというPittsパスカバーが壊滅なのか。ただしSimmsはプレイ前にリードして、正しく素早くそこに投げる、Osグッジョブと言っている。
ファーストダウンゴールで2回ランも今日もまたどんどん交代する。3rdダウンゴールはOsスクランブル、前がガラ空き、TDとなる。Os7yランTD。BroncosのQBランとしてはTim Tebowの11年の9y以来最長ランTD。McManusがエクストラ外す。20ー7とリードするも、気になる1点マイナス。

Pitts攻撃5
自陣22yから。Derek Wolfeはこのスタジアムの側出身。Roethlisプレッシャーさけ良いパス通す。BrownがHarrisかわしファーストダウン、フィールド中央手前へ。Bryantスクリーンから2人タックル交わしファーストダウン。BrownがBroncos陣10yへパス、しかし画面では豪快にBarrettがHeath Millerにホールディング。Brownと友達Websterが互いに挨拶。3thダウン20からロングボムはパス失敗もTalibがパスインターフェア。レッドゾーン手前。BrownがHarrisから9yキャッチ。やはりいくらHarrisでもこのショートヤードはとめられない。ファーストダウンゴール。しかしここからパス3発を凌ぎFGで終わる。最後のパスはRoby狙われるも、レシーバーよりボールに反応。久しぶりにBroncosのCBにパス乱れ打ち。WRが勝つか、CBが勝つか。ただ短いランアフターキャッチ狙いのボールが割と驚異。
Roethlisはほぼパスのみ、ラッシュも激しい中11プレイでFGへ。しかもFGはバーをヒットも先週のMcManusは嫌われたがここではポストはPittsを見方、跳ね返り中に入る。20ー10とPitts追い上げ。今日は試合最初のキックオフから両軍もみ合いおおし。FG後にももみ合い。今のFGはBarrettの手に軽く当たっていた。

Broncos攻撃5
自陣20yから。Osサックから逃げてスクランブルする。今日もパスプロテクションはぎりぎりの状態。特に外からくる。Sandersのエンドアラウンドでフィールド中央へ。次の外のラッシュはすぐにOs、Vernon Davisのほうへ投げ出す。3rd&3はSandersでファーストダウン。Schofieldは今日はずるずる下がるも、しかし最後まで何度も持ちこたえている。Vasquezホールディングで10y下がる。Thomas痛む。足が痛いようだ。Schofieldが反則もらってファーストダウン。3rdダウン1はHillman今日最長ランでファースダウンゴール8y。まずラン少し、ここで残り2分。Thomasへラテラル、Ike TaylorをスティフアームでタックルかわしTD。27ー10となる。ブロッカーゼロ、Thomasの前にTaylor1人なので体のサイズにまかせて1人くらいThomas1人でいけるだろうで突き放すBroncos。

Os痛む。左腕が動かないというレポート。ロッカーに戻る。リポート入り左肩を痛め、出場ステータスはプロバブル。Hilmanにハンドオフした際に手をひっぱられて痛めた模様。
その後其の前のプレイでスクランブルで肩をヒットされておりその時痛んだとリポート。

Pitts攻撃6
自陣26yから。
短いパスで前進するPitts。残り1分でフィールド中央へきたところでRayがサック。3rdダウンロングはRobyがBrownにやられファーストダウン。WeatonにもヒットしBroncos陣28yへ。またRobyやられる。しかし時間がなく41yFGで終わる。24ー13と2TD差に追い上げるPitts。

残り2秒。QBはOsがロッカーなのでSiemianが時間消費要員でひざついて前半おわり。NFL初スタッツはランマイナス1y。

前半終わり。

Broncosオフェンス、前半は5回の攻撃で最初の攻撃はHilmanファンブルロストも残りの4回全部TD。Osは18回投げて14回成功214y3TDパスに1ラッシングTD。Sandersが61yTDレシーブもあるため139yレシーブ。8回キャッチで今日のレシーブリーダー。Thomasも4回52y。ランはHillman9回24y、Anderson3回9y。
Osのファーストターゲット速攻パスのため攻撃ラインはずるずる後退するも、なんとか持って居る。3rdダウンコンバージョンは今日はパーフェクト。Pittsはブリッツ入れずラッシュよりもパスカバーに人をさいているも、まったく成功していない。
PittsオフェンスはRB Williamsのランは5回8yでほぼ無ファクター。Roethlisbergerは28回のパスの乱れ打ち、19回成功で194y。Talib、Harris、Robyカバーにばかすか投げまくり。ただしロングショットはTalibカバーに1発投げただけ、これはTalibのパスインターフェアになった。ほかHarrisへは短いパスばかり。しかちレッドゾーンから3rdダウンゴールでRobyを狙う、最後のFGドライブでも連続してRobyでファーストダウンをとるなど、ここぞというときはRobyを狙っている。
Broncosのラッシュはポケットが縮むのが早いがRoethlisはすぐに前にステップアップしさすがにプレッシャーの中でのプレイは慣れている。

後半
第3Q
Broncos攻撃1
自陣18yから。Os戻ってプレイ。Hilmanのランでファーストダウン。Hilmanがサイドラインでチェーンく包まり痛む。次のランプレイでホールディングで下がる。3rdダウン20となり、ドローで陣地回復で攻撃諦める。Andersonが痛む。大丈夫っぽいな。

Colqluitte本日初パント。

Brown13y戻る。

Pitts攻撃1
自陣43yから。Williamsのランでスタート。さらにWilliamsで3rdダウン5、またRoby狙われるもパス失敗でパント。

Keoたリターナーでフェアキャッチ。

Broncos攻撃2
自陣14yから。Thomasへのバブルスクリーンは危なくインターセプト。Hillman3yで dダウン7となる。Osラッシュかかり、Danielsへパス投げるも失敗。パント。

Colquitteやや短め外に出る。せめて中にいれて転がりにかけたかった。

Pitts攻撃2
自陣40yから。Jacksonサック。Harrisパス叩いたら浮いたボールBrownキャッチ。後半は運はPittsか。3rdダウン11はまたもRobyでファーストダウン。Broncos陣へ。またRobyカバーのWheatonへ長いパス投げるもまったくこれはRobyカバー。3rdダウン9はWareが早々に動きフリープレイでパスでファーストダウン奪う。HarrisカバーのBrownへロングパス投げHarrisのパスインターフェアとられる。ファーストダウンゴール9y。HarrisがBrownい行かれる。Harris2年ぶりにTD許す。2013年11月24日以来だという。27ー20と1TD差と追い上げるPitts。

Broncos攻撃3
自陣20yから。Sandersへパスヒットでフィールド中央へ。3rd&10となる。ラッシュかかりOs避けながら投げるもおしくもCadlwellへ通らずパント。後半3rdダウンコンバージョン三回全失敗。

Brown良いリターンも後ろからのブロックの反則。

Pitts攻撃3
自陣3yから。3rdダウン4でファーストダウン。Bryant落球、今日両チーム初めての落球かもしれない。Brownこのドライブで今季8回目の100yレシーブ。Pitts自陣35yでパント。Norwoodが転がるパントをリターンしないよーとふりして拾って走り出しTDとなるもイエローが投げられる。なんと・・Norwoodがボールをとらないと判断したサイドラインから攻撃選手が入ってきたためTD取り消し。なんという愚かなプレイ・・・と思ったらPittsの選手がボールにタッチしてるからどのみちボールデッドかもしれないが、ただしPittsのタッチした選手は足がアウトオブバーンズに出ている。

Broncos攻撃4
自陣28yから。パスディフレクト、サック3凡。
第三Qおしまい。

第4Q
Colquittのパントから。

Pitts攻撃4
最初のパスでHarrisカバーのBrownでファーストダウンフィールド中央。RobyカバーのBrownで17y。さらにRobyがWeatonにやられる。さらにJacksonのラファイングザパサーで前進しファーストダウンゴール。Broncos守備疲れ果てラッシュも届かなくなっているとSimms解説。RobyがまたやられWhetonTD。同点となる。17点差がなくなったBroncos。

Broncos攻撃5
自陣20yから。TE Davis5yのチェックダウンパス、本日Davis初キャッチ。危うくインターセプト、3凡。

Colquitteパント短し

ManningとOsがひそひそ会議。

Pitts攻撃5
自陣36yから。反則あり3rdダウン12となる。ManningがQBコーチNappと会議。RoehlisがWareかな逃げ、Millerに迫られるもポスを投げ成功もファーストダウンに少し足りず。

Pittsもパント短いも転がりがよい。

Broncos攻撃6
自陣16yほどから。またOsスナップみすでボール落とす。自分で拾いサックとなる。3rdダウン5はプレッシャーもHillmanにパス投げファーストダウンもホールディングがり取り消し下げられる。Vernon Davisがファーストダウンパスを今日も落球・・・・・。
今日Broncosレシーバーの落球がこの自陣10yからの3rd&16ファーストダウンコンバージョンパスで出るとは・・・・、先週のOakland戦でもFG圏近くまで進む4thダウンギャンブルのファーストダウンパスを落球のDavis。なおボールをキャッチする際SのMitchellが気になり目をやってしまったと解説のSimms。

Pitts攻撃6
自陣46yから。なんとか3凡。パント。

Broncos攻撃7
自陣11yから。Os追っかけられながらNorwoodへパス通しファーストダウン。Os足をつかまれなんとかサック逃れるもパス投げてインターセプト。Os後半はプレッシャー嵐に悩まされていたがついにインターセプト。

Pitts攻撃7
Broncos陣38yから。まずファーストダウン。HarrisカバーのBrownでTD。今のはまっすぐはしり少し中にはいり、もう入ったときはボールが目前、。SimmsあれではCBが出来ることは少ないと解説。完璧なルートと完璧なタイミングのパス、これはもうRoethlis凄いとしかいいようがない。
24ー27とPittsついに逆転。

リターンをLatimerにトスしてフィールド40yまで戻す。

Broncos攻撃8
自陣40yから。時間は3分強。3rdダウン4でファーストダウン。D Thomas難しいボールもSimmsは落球でなないな・・リプレイいて、いや落球だと。いいとこきてエースクラスが落球連発。敵陣で4thダウン5になる。ギャンブル。Andersonへ投げるも失敗、キャッチしてもLBが前にいたのでとってもファーストダウンはとれそうもないパスだった。

Pitts攻撃8
自陣35yから。残り2分14秒。ランゲイン無し。タイムアウト。えぇええええ・・・パス!投げると来なくラッシュ探してRBに投げるもBrandon Marshallインターセプト。

Broncos攻撃9
Pitts陣41yから。残り2分1秒。Danielsへのパス失敗で2分。Will Allenインターセプトチャンス逃す。パス4発失敗。

Pitts攻撃9
3rdダウン5はRoethlisパス、今日何度も何度もやられたアウトパターン。ファーストダウンでPitts勝利確定。

Pittsは前半はルーズなゾーンだったが後半はタイトに密着しカバー、あれほどフリーになっていたBroncosレシーバーは後半はまったくフリーにならず、攻撃ラインも毎度ものすごい勢いでポケットが小さくなってしまいもうOsお手上げ状態。後半すべてのパフォーマンスが落ちてしまった。
前半完璧も後半すべてが崩壊と2試合連続で相手にアジャストを許し逆に、こちらはなにもそれを跳ね返せないという展開だった。

スポンサード・リンク

  1. 2015/12/21(月) 10:07:57|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (541)