broncomaniacのブログ版

2015.12.21②

ここ7試合で3ー4と負け越しているBroncos。10ー4とPittsにも破れプレイオフ黄色信号。現在はシード3。残り2試合に勝てばシード2を取れるがもし1ー1の成績で終えた場合、KC、NYJets、Pittsの3チームが残り2試合を全勝するとプレイオフを逃す。
KCは残りはCleveland(3-11)、@Oakland(6-8)、Pittsは@Baltimore(4-10)、@Baltimore(6-8)、NYJetsはNE、@Buffalo。

本日試合登録されずサイドラインから観戦したPeyton Manning。試合前に”ManningがJohn Elwayに試合を控え登録で迎えるのを拒否したと”とNFL.Networkが伝えた事に激怒。
「第一にそれはくそ××だ。第二にそれは侮辱だ」とManning。
Elway GMもTwitterで
「Peytonが私はGary Kubiakに控えは嫌だなどと言っていない。伝えられた報道やうわさは間違えだ」とつぶやいている。

本日二つのTDを許した。Chris Harris。
「今日は僕の責任。あきらかに僕の責任だ」とHarris。

後半失速が続くBroncos。集中力の問題か、落球が問題か、ブロッキングの問題か。細かいものを指摘すると次から次へと原因が指摘出来る。何かが崩れると全てが崩れていく。敵地での連敗。流れが来ているときはきちんとプレイが出来るが、逆境になると、ふがいないプレイが続出。ここ2試合は敵地での敗戦、相手チームのファンの観客のボルテージがあがり、Broncos選手には大きなプレッシャーになる。しかし幸運なのは今は12月。問題を修正する時間は残されている。過去9回のスーパーボウルチャンピオンのうち7チームは12月に最低2敗戦している。Broncosのスーパー初制覇となった1997年シーズンもそうだった。あの時もBroncosは12月に2連敗。土壇場でKCに優勝をさらわれながら、ワイルドカードからスーパーボウル制覇。
他チームの例では2011年のNYGiantsは11月から12月に4連敗、しかしプレイオフではワイルドカードからAtlanta、GB、SFを撃破しスーパーボウルでもNEに勝利。
2012年シーズンにBaltimore Ravensが12月に1-4と負け続け10-6でワイルドカードへ。12月の対戦では敗れたBroncosをディビジョナルで撃破、カンファレンスタイトルゲームでもNEに勝利し、スーパーボウルでもSFを破っている。
彼らはみな12月に大問題を解決、何かしらの解決策をもって1月になだれ込んだ。今のBroncosには怒りや落胆で時間を費やしている暇はない。Kubiakヘッドは
「問題はこれからどう学びどう改良するかだ。我々は良いプレイが出来る時間帯がある。それをもっと安定的にし、我々のプレイを常にすることだ。次はCincinati。次のマンデーナイトは大きなチャレンジだ。私はとても楽しみにしている。今週一週間は素晴らし準備週間を過ごさないといけない」と話している。

スポンサード・リンク

  1. 2015/12/22(火) 00:15:22|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)