broncomaniacのブログ版

18.12.12 Chubb激突

はとこ激突。BroncosのBradley Chubb、ClevelandのRB Nick Chubb。
Bradleyは今年の1順全体5番目、Nickは2順全体35番目にClevelandに指名。今週土曜、BroncosはClevelandと対戦。まずは今年のドラフトの時にこのサイトで伝えた二人の関係の記事。

18.4.27
1順指名したBradleyのまたいとこにあたるGeorgia大のRB Chubb。2人はGeorgia州Chubbtownの近くの町の出身。えっ?Chubbtown?Chubbtownとは1850年代にChubbさんが発展させた町。なんと2人は先祖様がつくった町の近郊で育った親戚関係。BradleyとNickの初対面は2013年の時のクリスマスだという。
BradleyがNC Stateの2年の時にコーチから、
「お前、Cedatown出身のChubbって知り合いか?」と聞かれ初めてNickの存在を知ったBradley。家に戻ると父親に
「Nickって親類?もしそうならお互いに助け合えると思うんだ」と聞いたのだという。
Nick Chubbは
「Chubbが他にもいると知ったときは、僕は絶対に会わないといけないって思ったんだ。だって僕たち皆フットボールを愛してるんだから。だから彼らとうまくやっていけるよう連絡をとりたいっておもったんだ」とBradleyの声に応えた。
Bradleyのほうの兄貴BrandonはWake Forest大出身で2016年にドラフト外FAでLA RamsとDetroit、SFのプラクティススクワッド経験。今のところ今年の夏はDetroitでロースター残留争いをする見込み。BrandonもBradleyと一緒に13年のクリスマスにNickと初対面、以来フットボール一家としての関係を築いている。 終わり

上記を伝えてから8ヶ月。2人がキャリア初の対戦の日を迎える。Bradleyは
「いつもの公式戦と変わらないよ。いつもと同じだ。でも対戦は楽しみだよ。彼のことは高校の時に初めて名前を聞いて、大学の時に初めて会ったんだ。それ以降ずっと話しをしているけど初めて対戦だからね」と話している。
2人はフィールドのサイドラインの反対側にたつことになるが同じサイドに立つ可能性もあった。今年のドラフトでBroncosは全体40番目の指名を持っていたがNick指名のためトレードアップを図っていた。しかしClevelandが35番目で指名。Broncosは40番目でWR Courtalnd Suttonを指名した。結局のところ両チームに良い結果となった。Clevelandは若きエースを獲得。Broncosは3順でRoyce Freemanを指名し、Suttonを得て、さらにドラフト外でPhillip Lindsayを獲得した。

現地水曜日、選手とコーチのプロボウル投票が行われる。ファン投票は木曜まで受け付け。来週火曜日プロボウルロースター発表。

Oakland RaidersがCJ Andersonを解雇。12月25日にDenver@Oaklandの試合が組まれていた。なお25日のOakland戦はRaidersにとって最後のOaklandホーム戦の可能性。2019年からLasVegasでのプレイをRaidersは目指している。

元Broncosで殿堂入りが予想されるChamp Baileyの息子KevinがColorado大進学。Champがインスタグラムで報告したもの。

スポンサード・リンク

  1. 2018/12/13(木) 00:36:39|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1999)