broncomaniacのブログ版

19.01.09 新ヘッド決定近し

次期Broncosヘッド。Pitts攻撃ラインコーチMike Munchak、Chicago守備C Vic Fangioの2人に絞られJohn Elway GM、Elwayの右腕Matt Russellらは現地火曜日に最後の人選会議、その後Joe Ellis CEOに決断を伝えると見られている。早ければ現地水曜日、もしくは遅れれば木曜に新ヘッド発表になると予想されている。Arizonaの新ヘッドKliff Kingsburyが39歳、Green Bay新ヘッドMatt LaFleurも39歳。Ramsの若き天才Sean McVayヘッドが大当たりしたことで若いヘッドコーチ路線に出ているNFLチームもあるがBroncosは経験が大事という判断か、還暦路線となっている。
新ヘッド候補インタビュー期間にはBroncosは各チームからのジョブインタビュー要請を断っている。Buffalo Billsから攻撃ラインコーチSean Kuglerが同職で、Atlanta Falcons、Cincinnati BengalsからGary Kubiakの攻撃C職のインタビュー要請があった。Kuglerにはほかの球団からも要請があったと見られており、Broncosはすべて断っている。Kuglerは以前Buffaloにコーチとして在籍していたことがありBuffalo地元メディアはFAでセンターMatt Paradise獲得のためKuglerの球団復帰は大きな利点になると伝えている。Broncosのアシスタントはまだ契約支配下にあり、新ヘッドの方針で来期のコーチ陣を決める予定。
MunchakとFagioでは現在地元メディアはFagio有力と伝えている。MunchakはMiamiのヘッドジョブインタビューを断りBroncosヘッド職就任に大きな意欲を見せていると伝えられている。Munchakがヘッドになった場合、攻撃ラインの長らくの弱体化に歯止めと期待が出来る。Munchakのランブロッキングはアウトサイドゾーンが中心。LindsayとFreemanのワンツーパンチ体制には大きな強みとなる。
守備CにはMunchakと付き合いが長いGregg Williamsが候補となるかもしれない。Houston Oilers→Tennessee Oilers→Tennessee Titansで二人は長い間の付き合いがある。Williamsは今年Cleveland Brownsで守備Cとして、また暫定ヘッドとして素晴らしい成績を残した。
Fagioがヘッドとなると守備強化の期待が高まる。AFC西にはPatrick Mahomes、Phillip RiversとQBが揃っている。ヘッド経験はないがエリート守備Cと評価されているFagioの加入は力強い。Fagioヘッドとなると現在守備CのJoe Woodsの立場が微妙に。Wade Phillips離脱後の2年間多くの批判を浴びてきているがBroncos内部はWoodsを評価している。Fagioは自身が守備プレイコールを行い、Woodsは守備Cの肩書のまま残留の可能性も。その場合、DBバックコーチ上がりのWoodsはDBバックコーチを兼ねることもあるかもしれない。
Fagioはヘッド経験はなく、攻撃畑はおまかせになることになる。Gary Kubiakが攻撃Cという肩書ではなく攻撃シニアコンサルタントで若い攻撃Cを雇い、Kubiak責任のもと攻撃再構築することが出来る。


スポンサード・リンク

  1. 2019/01/09(水) 22:55:19|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (968)