broncomaniacのブログ版

19.03.16 新入団選手会見&Heuerman再契約

現地木曜夜遅く、Pat Bowlenオーナー専用機でトレード入団のJoe Flacco、FA入団のJa'Wuan James、Kareem JacksonがDenver入り。飛行機はそれぞれ待機場所まで飛んでピック。Houstonで搭乗したJacksonはDenverの寒さ眠さもぶっとんだという。
明けて金曜は朝から入団会見。3人のニューBroncosがメディアにお披露目。Flaccoは34才だが、Tom Bradyの現在からQBは60才までプレイ出来るとし、まだまだプレイ出来ると意気込んだ。昨年はシーズン途中に控え降格。
「本当にベンチで惨めな思いだった。トレードされるとはわかっていた。Denver Broncosって聞いて僕も妻も笑顔だったよ」とFlacco。
なおFlaccoといえば2012年シーズンのプレイオフディビジョナルラウンド。FlaccoのプレイするBaltimoreにBroncos勝利と思われた試合終盤。FlaccoがWR Jacoby JonesへS Rahim Mooreの頭を越える70yロングボムをぶん投げ同点。ダブル延長で勝利。Baltimoreはその勢いでスーパーボウル制覇。Flaccoはあのロングパスはキャリア最高のパスだったと話した。

新先発RT Ja'Wuan Jamesは奥さんがDenverの北にあるThornton出身。それゆえDenver近郊にはよく来ていたそう。奥さんとはTennessee大時代からの恋人。ソフトボール選手だったという。Jamesによると“伝説的なピッチャー”だったという。
JamesはAtlanta州出身。

CB/SのKareem James。18年シーズンのPhillip Lindsayに見舞った強烈なヒットが思い出されるがあのヒットはキャリアで2番目の強烈なヒットだったという。守るポジションに関してはCB、Sといろいろな場所で動き回りたいと話した。

John Elwayがセンター先発はConnor McGovernの予定と話した。先発センターMatt ParadisはFAでCarolinaに流出。昨年18年シーズンに足首の骨を骨折、Elwayは
「彼の足には大きな不安があったんだ」と話した。

現在新しい戦力としてはまだ上記3人のみの補強。流出している選手のほうが多い。
ローテーションOLBとして活躍したShaq Barrettがこの日Tampa Bayと1年5ミリオンで契約合意。Colorado States出身のBarrett。2014年にBroncoにドラフト外FAで入団。2015年のスーパーボウルシーズンにはキャリアハイ5.5サックを記録した。
「こういう日が来るとはわかっていた。来て欲しくなかったけど。Denverにいたかった。ここが僕の家だし、家族もここに住んでいる。フットボールビジネスの世界でうまく物事が運ばなかったんだ」とBarrett。Tapmaを選んだ理由は
「3-4守備で先発争いが出来るから」とBarrett。BroncosもBarrettを呼び戻したく話しはしていたがBarrettによるとオファーまではいかなかったという。BroncosにはVon MillerとBradley Chubbがいるため先発争いは存在しない。
流出は多いが呼び戻しも1人成功。自軍からFAとなっていたTE Jeff Heuermanと2年9ミリオンで契約合意。
「チームも僕と再契約を望んでいたし僕も望んでいた。まだDenverではやり残しているからね。まだここでやらなくちゃいけないことがある」とHeuerman。Heuermanのここまでのキャリアは怪我に次ぐ怪我。2015年のドラフト3順TEはその年の新人キャンプでいきなりACLでシーズンアウト。昨年18年シーズンも11月にアバラを折り肺にも損傷を受けシーズエンド。それでも18年はスタッツ的にはキャリアハイ。11試合に出場し31レシーブで281キャッチを記録した。

ElwayはChris Harrisら19年で契約が切れる選手などの関しては、ドラフトが終わり今季戦力が一段落してから動き始めるという。

BroncosからFAとなりNE Patriotsと契約したTE Matt LaCosse。2年2.8ミリオンの契約だそう。




スポンサード・リンク

  1. 2019/03/16(土) 04:50:09|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)