broncomaniacのブログ版

2016.1.4② 試合後リポート

OLB DeMarcus Wareが膝を試合途中に退いた。ほかDarien Stewartもハムストリングを悪化。足首のBrandon Marshallも先発したが早々にアウト。皆2週間後のディビジョナルラウンドへ向け体を癒やす。

第一シードをとり、ディビジョナルラウンドからの登場のBroncos。試合は日本時間1月18日朝6時40分開始。月曜日で働くサラリーマンは今から有給休暇か午前休、もしくは当日お腹がいたくなる準備が必要となった。対戦相手はワイルドカードラウンドでPittsがCincinnatiに勝利すればPitts。Pittsが敗戦した場合はKC@Houstonの勝者となる。Broncosのプレイオフはスパーボウル含めすべてCBSの放送。

五つのターンオーバーを喫したBroncosオフェンス。Brock Oswilerは2つのインターセプトに1つのファンブルロスト。しかしインターセプトはレシーバーのキャッチミス、パスラッシュでボールを叩かれたもの、ファンブルロストはブリッツからブラインドサイドでヒットされてのもの。Oswilerの責任といえるものは一つもなかった。しかしそれでもKubiakヘッドは第3QにRB Andersonのファンブルロストの次のドライブでPeyton Manningを投入した。
「Brockがなにが間違ったことをしたとは思っていない。私は自分のガット(内臓、勇気を示す言葉として使われる)がPeytonの出番と感じ彼にオフェンスを指揮させた。」とKubiak。このコメントに”胃腸の都合でQBを交代させた初めての出来事だ”という冗談がネット上を回っていた。今回のManningオフェンスのスパークで2週間後の先発QB論争が巻き起こることになる。SD戦でもManningがサイドラインでウォームアップを始めるまで誰もOswilerの代わりにManningが入るとは思っていなかった。試合後Manningは
「次はわからない。我々は次の試合まで2週間ある」と話した。Kubiakヘッドは2週間後の試合の準備が開始する木曜日に両QBと話をしたいとし、誰が先発になるかは明らかにしなかった。
「2人と話し合ってチームにとってのベストの判断をするよ」とKubiak。
Manningが試合を控えで迎えるのはTennessee大の一年生の時以来。此の時の先発QBはのちにMLBで大打者として活躍したTodd Heltonだった。今でも親友のHeltonは
「彼が勝って本当によかった。多分僕は彼より緊張していたよ」話した。
しかしManningのパスで勝利したのではなく、勝利したのはHillmanとAndersonのランプレイだった。Manningは相手がブリッツに来ると、逆サイドにランをコールするなど、確実に出るプレイを選択。ランアタックの司令塔になった。Manningは
「後半は確実にすべきことが出来た。ラインは何度も大きな穴を明けた。ハンドオフをしていただけの僕に称賛はない。僕は彼らが良いランをする手助けをしただけだ。僕への称賛は拒否するよ」と話した。

試合後Peyton Manningは、Osweilerの時より自分の時のほうがパスプロがよかったからみたいだよと、後半のオフェンスの活躍ぶりをラインの手柄にした。
後半のBroncosオフェンスラインの出来はRT交代が原因なのかもしれない。ハーフタイムにKubiakヘッドはリポーターに、不振のMichael Schofieldにヘルプ(のブロッカー)を使うのかと質問され”いやヘルプをおかない”と話したが、確かに事実。Schofieldに変わってTyler Polumbusと入れた。Kubiakヘッドは
「攻撃ラインは苦労していた。オフェンスで500yも稼いでいながら苦労しているというのはまぁあまりいえることではないが、しかしたしかにそうだった。2Q後半には問題になっていた。だからMichaelを下げたんだ。いつもいってるが我々は全員で闘っている。Tylerをインして攻撃ラインコーチのClancy(Bones)に、”大丈夫なのか?”と聞いたら彼は”大丈夫、彼にチャンスをやってくれ”と答えた。そして彼は素晴らしいプレイをした。これが我々チームのよい見本だ。誰かがステップインする」と話した。PolumbusはRB Hillmanの決勝23yランでもランブロックで道を開いた。Schofieldは本日も前半からやられまくり、Osweilerのパスプレイの際にはエンドにやられOsの手が叩かれボールが浮きインターセプト。試合途中には元BroncosのMark Schrelethは”彼は完全にミスマッチになっていることがかわいそうだ”とつぶやき、Tiwtterでは”いい加減にPolumbusに変えてやれ”の声がとびかっていた。

プレイオフ決定。AFC6チームで最もプレイオフチームと闘って成績を残しているのはどこか。
1Broncos プレイオフチームとは@KC勝利、Minnesota勝利、GB勝利、KC敗戦、NE勝利、@Pitts敗戦の4-2。
2 NE プレイオフチームとはPitts勝利、@Demve敗戦、@Houston勝利で2ー1。
3 CincinnatiはKC勝利、Seattle勝利、@Pitts勝利、Houston敗戦、@Arizona敗戦、Pitts敗戦、@Denver敗戦で3-4。現在プレイオフチームに4連敗中。
4 Houston プレイオフチームとはKC敗戦、@Carolina敗戦、@Cincinnati勝利、NE敗戦で1-3。
5 KC プレイオフチームとは@Houston勝利、Denver敗戦、@GB敗戦、@Cincinnati敗戦、Minnesota敗戦、Pitts勝利、@Denver勝利で3-4。
6 Pitts プレイオフチームとは@NE敗戦、Arizona勝利、@KC敗戦、Cincinatti敗戦、@Seattle敗戦、@Cincinnati勝利、@Denver勝利で3-4。

スポンサード・リンク

  1. 2016/01/04(月) 19:14:52|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)