broncomaniacのブログ版

19.04.28 トップ指名3人情報 

ドラフト3順指名のパスラッシャーDre’Mont Jonesの大学のコーチに元Broncosが。元BroncosのエンドKenny AnunikeがJonesのOhio Stateでアシスタントコーチ。JoneはAnunikeからBroncos情報をもらっているという。Anunikeは2014年のBroncosドラフト外新人選手。14年はプレシーズンで肘を痛め怪我人リスト。15年は3試合に出場もまたも怪我人リスト。公式記録は3試合出場タックル1。16年のキャンプ中カット。その後Jetsと契約したがカット、引退。15年在籍ゆえスーパーボウルチャンピオンチームの一員。
選手としては芽が出なかったがBroncos時代は地域コミュニケーション活動に積極的に参加し、ヴォランティアイベントなど多くの社会貢献をしたことで表彰されたことも。17年からOhio Stateのアシスタントコーチに。
Jonesの指名後にAnunike はTwitterでJonesにおめでとうのメッセージをつぶやき、Von Millerには面倒見てくれよな、とつぶやきを入れていた。

ドラフト2順指名のDrew Lock。鉄砲肩。比較されるQBがJay Cutler。おまけに常に自信満々な態度もCutlerと同じ。地元メディアMike Klisもかつて見せたCutlerの自信満々の態度を思い起こせるとつぶやいたため少しの不安の現地ファン。
会見を見た地元メディアのTroy Renchは
「彼はとんでもない自信家。ただ彼は自分の肩だけでなく、試合では精神的なことの大事さも理解しているようだ。ロッカールームで信頼を集めることもQBとして大事ということも」と会見でのLockの印象を伝えている。
おまけに大のKCファンとなると、元ドラ1であまりぱっとしなかったShane Rayと被る。
「僕はKCファンで育ったからね。正直ここのチームカラーを嫌って成長したんだけど、今はそれを変えることに喜びを感じているよ」と球団施設の記者会見でLock。BroncosファンはRayのように、体中KCの刺青が入ってないことを願っている。
LockによるとScangarello攻撃Cからは早くも宿題が出されており、特に左サイドのロールアウトの向上を求められたという。

ドラフト2順の地元Coloradoっ子の新先発ガード候補のDalton Risner。昨晩は早速先発LT Garrett Bollesと過ごしたという。さらにConnor McGovernとSam Jonesとは既に知り合いだという。
「自分は控えとして入団するつもりはない。今年すぐにも貢献したいと思っている」と会見で。タフで激しいプレイスタイル。
「攻撃ラインは相手守備を地面にぶち倒してプレイが終わることが理想だ」と会見でRisner。控えGのSam Jones、RB Phillip LindsayらColorado出身の選手とのプレイを楽しみにしているとRisner。

スポンサード・リンク

  1. 2019/04/28(日) 02:41:33|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2033)