broncomaniacのブログ版

18.6.18 11年ぶり Madden PC版発売

10日くらい前の話で、さらにBroncosとは関係のない話しなんだけど・・・。NFLゲームのMadden 2019が8月に発売。2007年に発売された2008以来初めてPC版での発売が発表!!。

  1. 2018/06/18(月) 21:40:45|
  2. 未分類

18.6.16 3人契約

Broncosはミニキャンプ中にトライアウトしていた3人の選手と契約。
ミニキャンプ最終日にQB Nick StevensとロングスナッパーChristian Kunitzをカット、加えてOTAの練習でアキレス腱断裂しシーズンエンドとなったLB Deiontrez Mountの枠を3つ空いていた。
新たに契約したのはOLB Bo Bower、OLB Antonio Simmons、DT Caushaud Lyons。
BowerはIowa大出身でBroncosの今年のドラフト4順指名のILB Josey Jewellと4年間チームメイト。タックルマシーンではありフットボールIQは非常に高いと評価されていたものの身体能力がNFLのレベルではないと評価されていた。
SimmonsはGeorgia Tech出身でプロデイでは246パウンドの体で40y4,51秒を記録。ドラフト外FAでTampaと契約したが先月リリースされていた。
上記2人が新人に対し、Lyonsは今年が4年目。Tusculum Collegeという小さい学校の出身。15年のドラフトで指名されずTampa、Pitts、Tennessee、LA Rams、Detroit、Chicago、Minnesotaと契約、解雇を繰り返している。NFLではまだ試合出場はなし。Lyonsは284パウンドしかなく、タイプ的には3-4のDTとしては軽すぎでエンドとしてプレイするのかもしれない。
3人ともロースターに残るのはかなりのロングショット。

  1. 2018/06/16(土) 22:56:51|
  2. 未分類

18.6.15 Miller ドジっ子ウェイターとしてレストラン潜入

dreadmiller

ミニキャンプの最終日、Von Millerがドレッドヘアのウィッグをかぶってうろちょろしており、単に報道陣を笑わすためにMillerが遊んでいるだけかと思いきや・・・。Tasete Of Broncosという企画の宣伝のための扮装であることが判明。アンダーカバーウェイターとしてMillerがレストランでドジウェイターに扮して客の反応を楽しむというもの。水を盛大にこぼして“すいません、初めての仕事で・・”やら、ワインを注文した客に“ワインにストローはいりますか?”。“水はいりますか?”と聞いて、いりますと答えると、そそがずピッチャーをどかっとテーブルに置いて去っていく・・・などなど・・。
最後に、“いや俺実はボンミラなんだよ。悪かったね”とテーブルを回って挨拶。迷惑をかけたお客さんと写真撮影大会。
今回のこの企画は9月に開催されるTaste of the Broncosの宣伝のため。マイルハイスタジアムでアウトドアテールゲートスタイルの大食事会。Broncosの選手が集まったお客様にウェイターとしてサービングしてくれることが目玉のイベント。今年で4回目。

映像はこちら

訂正ですがアンダーカバーの撮影は前に行ったもので、キャンプ最終日のドレッド姿は、やはりキャンプ最後なのでちょっとした遊びでアンダーカバーで使用したウィッグを被っていたそうです。










  1. 2018/06/16(土) 01:44:50|
  2. 未分類

18.6.15 NFL最も暇な時期がやってくる

BroncosはQB Nick StevensとロングスナッパーChristian Kunitzをカット。OTAの練習でアキレス腱断裂しシーズンエンドとなったLB Deiontrez Mountの枠を入れて90人ロースターに3つ空きがある。Broncosはキャンプにもトライアウト選手が参加しており7月下旬のキャンプまでには枠は埋まる見込み。

Paxton LynchとChad Kelly。John Elway GMは2人は2番手控え争いと話していたが、
メディア公開日のOTAやキャンプではLynchがほどんどセカンドチームに入っていた。Broncosは16年のドラフト1順のLynchを諦めてはいないが、信頼出来るほどの評価は与えていない。Lynchは過去2年Trevor Siemianに先発争いで敗れている。今年は先発QBとしてCase KeenumをFA獲得。Keenumの先発は確定。Lynchは先発競争ではなく控え競争となっている。しかしKeenumの加入はLynchの成長にブーストになるかもしれない。「彼のプロであり、それは自分にも恩恵としかならない」とLynch。
Josephヘッドは
「Caseはリーグで長いことプレイしているし、キャリアの中で立場の危うい状況でも多くやってきている。それはPaxtonにとってもいい参考になる。戦い続けて生き残り続ける。そうすればいつか自分の時がくるということだ」と話している。

臀部の手術をオフに受け回復過程になるWR Jordan Taylor。夏のキャンプには間に合わずPUPリストキャンプスタートになる。Josephヘッドが話したもの。WRはロースター争いが激しくなりそうなポジションだけにTaylorには不利な状況。

リーグで最も暇な時期がやってくる。7月末まで夏のキャンプまで1ヶ月以上公式行事無し。シーズン後の2月、3月はFA解禁やらドラフト前やらで楽しみいっぱい。しかし次の6週間は本当に何にも無し。NFLをカバーするメディア、チームのコーチ陣も最も休める時期。

  1. 2018/06/15(金) 23:37:41|
  2. 未分類

18.6.14 Ware正式にチーム復帰

DeMarcus Wareがパートタイムパスラッシュコンサルタントに。OTAでパスラッシュコーチとして招かれていたWare。今季日数にして40-50日チームに合流しパスラッシュのコンサルタントを務める。すでに今週始まったミニキャンプの2日目からチームに合流している。球団としては出来るだけWarにはチーム帯同してもらいたいと思っている。7月末からのキャンプ。プレシーズン。公式戦での準備ウィーク期間の数日。またJosephヘッドはホーム試合の場合にもサイドラインにいて欲しいと話している。
WareはBroncosとDallas Cowboysのオフの練習で臨時コーチとして招かれていた。DallasもWareにパートタイムコーチのオファーをしていたと伝えられている。
「フルタイムコーチだと週90時間の仕事が必要となるけど、僕はポジショングループを選び、テクニック重視でピンポイントで教えることが出来る。スキームに関係なしにね。また皆にはチャンピオンシップメンタリティも教えられる」とWare。
「僕は現役時代から自分のテクニックは皆にすすんで教えてきた。Broncosでは3年キャプテンを務めていたし、また同じことをやるだけだよ。違いは教える時間が増えたことと、教えた後に自分がプレイしなくていいことくらいだよ。今は教えたら、今度は違う選手の面倒を見ることが出来る」とWare。

Demaryius Thomasがつま先を痛めキャンプ2日目の練習を休んだ。初日に痛めたもの。本人は練習を参加したがったが球団判断で休み。明日も休み。

昨年ドラフト指名のWR Carlos Henderson。1ヶ月以上前からハムストリングの痛みで苦しんでいる。
「フェーズ2からのものだ。まったく良くなっていない。ロースターに残りたいのならフィールドに出なくてはいけない」とJosephヘッド。
Hendersonは2年目ながら早くもロースター危機に陥っている。昨年のHendersonへの期待は高かった。しかしOTAからキャンプではプロの壁に早くも大衝突。プレシーズン初戦で指を骨折すると早々に怪我人リストでシーズンエンド。Broncosは今年のドラフトでCourtlanad Sutton、DaeSean Hamiltonと初年度から活躍が期待出来るWRを指名している。
また今年1月に契約した3年目のWR Kenny Bellも怪我で休み。
「サイドラインにいたままではチームに残れない。彼らはフィールドに戻らなければいけない。とくにうちの現状ではね。今とても競争が激しくなっている。練習できなければ残れるチャンスは減るだけだ」とJosephヘッド。



  1. 2018/06/15(金) 00:46:07|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (759)