broncomaniacのブログ版

19.08.12 現地日曜キャンプ15日目

Broncosは2年目のパスラッシャーJeff Hollandをウェイバーカット。CB Rashard Causeyと契約した。CauseyはAtlanta Falconsの今年のドラフト外新人FA選手。Broncosと対戦したHOFゲームにも出場し21守備スナップでプレイをしていたが先週カットされていた。ロースター争いというよりは来季のためのプラクティススクワッド要員かもしれない。
解雇されたHollandは昨年のドラフト外新人FA選手。開幕からプラクティススクワッド。11月後半のロースター昇格。今年のドラフト外新人FA選手のMalik Reedとの競争に敗れた形となる。

Seattle Seahawks戦の翌日、RB Theo Riddickがメディカルの肩の異常をうったえた。検査したところ肩の骨に小さい骨折が。6-8週間のアウト。2.5ミリオンの1年契約で入団したばかりのRiddick。Seattle戦後には本人も特に怪我を負ったとは気がつかなかったという。

S Jamal CarterがILBで練習。Fangioの守備はセーフティー2人が下がっていることが多く、タックラーよりカバータイプのSを好む。Carterはカバーよりヒット好き。
「高校の時からずっとLBをやりたかったんだ。ボールから離れたところでプレイをするのは自分の性分に合わない。LBが僕のやりたいポジションだ」とCarter。
Fangioヘッドは
「今のところ一時的に練習ということ。ただし彼の動き次第では完全にコンバートということになるかもしれない。元々彼はLBをやりたがっていたしILBで怪我人も多く出ているため、タイミング的にいいチャンスだ」と話している。
ILBは先発のTodd Davis、Josey Jewellと怪我でダウン。Davisはそろそろワーク開始、Jewellは練習復帰となったが、控えのJoe Jonesは怪我で開幕は間に合わない。
Carterのサイズは6-1に215パウンド。ILBとしては軽量になるが本人の不安は
「まずはLBの言語を習得しないと。DBとLBじゃ使う言葉も違うからね」とCarter。Carterは2017年のドラフト外新人FA選手。見事開幕ロースターに残り11タックルを記録。2年目の昨年は期待されたがキャンプでハムストリングを痛めシーズンエンド。

現地日曜の練習で控えトップQBのKevin Hoganがスカウトチームでプレイした。プレシーズンの次の試合は時間が空いて19日のマンデーナイトのSF戦。Hoganがプレイをしたスカウトチームはオフェンスの練習ではなく、ディフェンスの練習のため。オフェンスの先発組はJoe Flacco、2番手がDrew Lock、3番手がBrett Rypienだった。SF戦でのQBプレイを話すにはまだまだ時期が早いが、もしかしてFlaccoが先発で少し、残りの全てを新人のLockとRypienのコンビがプレイという可能性があるのかもしれない。

現地日曜の練習でこれまで怪我で休んでいた選手がかなり復帰。
TEではJeff Heuerman、Jake Butt、Bug Howardと3人も復帰。ILBではJewll、CBではBryce Callahanも復帰。

FB Andy Janovichが怪我で当分アウト。ロースター上でただ1人の健康体FB George Astonがこの日の練習で先発組でプレイ、そして2ndチームでプレイ、さらに3rdチームでプレイ。つまりオフェンスのFB参加のプレイは1人で全部プレイ。
Fangioヘッドは
「彼が我々のFBとしてやれるかどうか見極めないといけない。次の数週間、彼はかなりの練習スナップでプレイすることになる。我々は彼でいけるか判断しないといけないからね」と話している。



  1. 2019/08/12(月) 22:00:15|
  2. 未分類

19.08.10 怪我人2人

Broncos@Seatttle戦で重傷2人。
今季復帰が見込まれるのはFB Andy Janovich。2Qにスペシャルチームでのプレイに際に胸筋を痛めた。シーズンエンド級の怪我も予想されただけに筋肉を延ばしただけで6-8週のアウトは幸いだった。2ヶ月と考えると復帰は10月から。4試合程度の欠場が見込まれる。ただし胸筋だけに上半身のウェイトトレーニングは当分出来ない。動けるようになってから身体コンディションを試合フォームにまでどれくらいで戻せるのか。控えのFBはドラフト外新人FAのGeorge Aston。Scangarello新攻撃CはFB多用オフェンスのためJanovichの離脱はチームにとっても大きな痛手、Janovichにとっても大きなチャンスとなる年と見られていただけに痛い怪我となった。
Janovichはシーズン中の復帰が可能ゆえまだ救われる。TE Austin FortはACLで手術。シーズンエンド。TEもScangarelloオフェンスで大事なポジション。Jake ButtがACLから復帰過程。Jeff Heuermanが肩の怪我でSeattle戦を欠場。Fumagalliもキャンプ練習を数日怪我で休むなどTEは怪我人だらけ。そんな中Fortはドラフト外新人FAながらキャンプから評価を上げ続けていた。2TEフォーメーションの多いScangarelloオフェンスゆえTEは53人ロースターに4人キープ見込み。Buttの回復次第ではFortがロースター残留の可能性もあるのではと見られていた。Fortの怪我でHeuerman、Butt、Fumagalli、そしてドラフト1順のNoah Fantがトップ4TEになる。なおHeuerman、Butt、Fumagalliの3人はBroncos入りした新人年は怪我で全員全休している。Nortがそれに加わり、なんとしてもFantには生き残って欲しい。
すでにBroncosはFortを怪我人リスト登録。空いた枠でOT Adam Bisnowatyと契約している。Bisnowatyは2017年のNYGiantsのドラフト6順指名選手。17年に1試合出場。18年5月にGiantsをカットされてからはDetroit、Carolina、Minnesotaとカット、契約を繰り返し、19年の今年は5月にWashingtonと契約もすぐにカット。浪人状態だった。BroncosのOTは先発のBolles、James、控えのWilkinsonとまともな戦力となるのは3人のみ。プレシーズンでも控え組ラインが苦戦ゆえ、デプス低層の底上げが目的と見られる。

Seattle戦はプレシーズン2試合目の登場だったDrew Lock。初戦のAtlanta戦より良かったというのが現地メディアの概ねの見解。
Fangioヘッドは
「今週は良くなっていた。練習でも試合でも良いところを見せていた。ただまだまだ成長の過程にある。彼に必要な時間はどれだけかはわからない。ただこの1週間は彼にはとても良い1週間だった。まだまだ彼には学ぶことが多い。そして何かあってもそれを失敗と考えず成長の材料としなくては。今は彼にとっては何でも成長のための経験。それは失敗ではないんだ」とLockに関して試合後話した。

Broncos最大の問題点は反則。Seattle戦でもSeattleがディクラインせず適用されたものだけで11もの反則をとられた。



  1. 2019/08/10(土) 22:26:41|
  2. 未分類

19.08.09 @Seattle戦 Paxton Lynch大活躍!

seattlepre

Broncos@Seatttle
Broncos側のサイドライン席はオレンジがかなり多い@Seattle。結構すいている。

前半
第1Q 
CracraftとBookerがリターナーに。Bookerリターン、ヒットされファンブルもリカバーはBroncos。

Broncos攻撃
Flacco初登場。Lindsayの1yランで開始。Linsayファーストダウンラン、Lindsayスクリーンで9y。Freemanゲインなし。FB Janovichここまで出ずっぱり。3rdダウン1でタイムアウトのFlacco。Freemanが左インサイドを抜けて50yラン。Risnerが穴をあけたのか?Janovichもブロックで上がっていた。Flacco2度目のパスはまたスクリーンで6y、2度目の3rdダウン1はFreemanのチェックダウンパスでファーストダウン。ファーストダウンゴール敵陣5y。Freemanロスなし、Lindsayロス、2回連続でランでSeattle守備がラインを押し戻している。3rdダウンは1対1カバーのSuttonへサイドライン際に50-50ハイボールを投げるがややボールが高すぎてSuttonチャンスなし。McManusのFGで終わる。3-0とBroncos先制。ほとんどJanovich投入の体型でFlaccoはスクリーンパスのみ。ただランは10yクラスの一発ランが複数でるも、Seattle控え守備も何度か攻撃ラインを押し戻しゲインなし、もしくはロスランも多かった。12プレイ78yのオフェンスだった。Risnerの空けた穴をFreemanが50y走ったプレイがこのドライブのハイライト。

Seattle攻撃
35yゲインで自陣35yから。QBはGeno Smith。3yランで開始。次ぎロス、Chris Harrisがロスタックル。3凡プレイは攻撃守備両サイド反則がありオフセット、3rdダウンやり直し。RB Pennyのスクリーンがビッグゲインになり一気にBroncos陣40y。Seattle新人WR MetcalfがHarrisカバーながら初キャッチ。さらにMetcalfスクリーン。新人鍛えるSeattle陣。しかしホールディングで下がるSeattle。Seattleはスクリーンとかドローとかすかしプレイが多い。と思ったらBroncosも似たようなオフェンスだった。Seattle結局56yのFGトライで終わる。失敗。

Broncos攻撃
QBにHogan入る。攻撃ラインはまだ先発組も、RB陣は控え組へBookerが3番手RBで登場。2yゲイン、すべってロスも守備ホールディングでファーストダウン。Noah Fantが8yパスキャッチ。Fumagalliがファーストダウンパスを落球。4thダウン2は練習でギャンブル。このためにとったんだよな・・・のRB Riddickへクイックスラント。Hoganのパスがややリードすぎて失敗。良い球投げていれば多分ファーストダウン。WRならそれくらいとれよ・・・といいたいがRBでリードのパスでさらに相手守備がヒットに来ているからそれはさすがにレシービングRBといっても酷か。

Seattle攻撃
自陣39yから。そういえばCBではBryce Callahanが怪我でいないのでYiadomが出てる。また落球!!!Gotsisが。スクリーンプレイでGotsis絶好のインターセプトチャンスもとれず。3rdダウンでAAFから来たBausbyがパスカット、3凡。BausbyもYiadom同様今日はCallahanの欠場で先発扱い。

Broncos攻撃
先発攻撃ラインも下がった。Hogan2回目のドライブ。Booker5yラン、ブーツからHogan~DaeShawn Hamiltonへ13yパスヒット。まだ試合に出てるFant7yキャッチ。

2Q
Broncos攻撃中
Riddick加入後初キャリーはロス。3rdダウン6でラッシュの中Hogan、フリーのRiddickにヒット出来ずパント。

Seattle攻撃
まだQBはSmith。Broncosの守備陣は当然もう控え組。新人Metcalfへのロングボムなややリードすぎて失敗。Dekoda Watsonのカバレッジサックでパント。Malik Reedも迫っていた。

FB Janovichがスペシャルチームのプレイで肩を痛めてロッカーへ。FB控えGeorge Aston

Broncos攻撃
QBにDrew Lockが入る。3rdダウン11でFumagalliがファーストダウンキャッチで落球のミス取り消し、Fumagalliはボールがくるのを直前まで見ておらず、振り返ったらボールが直前まで来ていてうまくキャッチ。控えFB Astonが短いパスキャッチながらタフぶりを見せる。3rdダウン7はMuhammadへの短いパス、4thダウン1をギャンブル。Muhammadのランと見せてLockキープランでファーストダウン。今のはオプションだったのだろうか、それともデザインキープだったのだろうか。
WR Nick Williamsに誰もカバーがなく24yゲインでレッドゾーンへ。RB低デプスのDavid Williamsのスクリーンで4y。さらにWilliamsで3rdダウン1。LockエンドゾーンへTDパス狙うも失敗。4thダウン4となりMcManusのFGで終わる。Lockの練習のためにギャンブルでもええのに・・・・。6-0とBroncos2本のFGでリード。12プレイ60yのドライブでうちLockのパスが55yだった。

Seattle攻撃
QBはまだSmith。前半SmithでLynchの出番は後半からか。Seattleに、Broncosに、Seattleに・・と3プレイ連続で反則。1つ挟んでSeattleに反則とぐだぐだモードに。3rdダウン14でSmithファーストダウンパスヒット。さらにSmith、オプションルックのパスからスクランブルでファーストダウン。新人WR Metcalfへのロングボムはまたもぎりぎりで取れず。3rdダウンでMalik Reedがサック。Reed今日も目立つ活躍ぶり。今年のドラフト外新人FAでロースター入りはReedか。55yFGトライ。成功で6-3とSeattle追い上げ。

Broncos攻撃
残り30秒はプレイせず時間ながしておしまい。

前半は6-3と渋い展開。Broncos攻撃ラインは、先発RB陣が良いランを見せたが、かなりSeattle守備に押し込まれておりランがほとんど出ない状態。Lockは前半実質1ドライブ。落ち着いたプレイぶりで後半に期待が。しかしBroncosはプレイ以前の課題、落球&反則が多い。Seattleも反則が多いため前半の後半はぐだぐだ展開に。
前半は攻撃はBroncosがパス101y、ラン67y、トータル168y。
Seattleが41y、52y、93y。ラン52yといってもリーディングラッシャーはQBのGeno Smith。

後半
第3Q
Seattle攻撃
QBにLynchが入る。ラン3発でファーストダウン。Lynch初パスはプレイアクションからのパスはボールが低く失敗。3rdダウン8からLynch激しいヒットを食らいながらバックショルダーをJazz Fergusonにヒット。25yゲインとなる。さらにSueCarvensの反則で大きく前進。そこから攻めあぐねるもFGで6-6の同点となる。

Broncos攻撃
ランでず、Lockプレッシャー受け失敗、短いパスで3凡。

Seattle攻撃
TEにプレイアクション短いパスからランアフターで良いゲインに。3rdダウン4からJustin HollinsのラッシュにLynchスクランブル、追いかけっこでファーストダウンのLynch。バブルスクリンでタックルミスで9yゲイン。いいラン出された後にヘルメットの頭頂部からヒットでDymonte Thomasがパーソナルファウルとられる。レッドゾーンに入るLynch率いるSeattle。LynchからまたもJazz Fergusonへ、今度はTDパスとなりSeattleが13-6と逆転。

Broncos攻撃
自陣8yから。3rdダウン1からLockスクランブルファーストダウンはホールディングで取り消し罰退。Lockエンドゾーンでサック喰らいセーフティー。RBのMuhammadがブリッツピックミスか。15-6とSeattleリード広げる。

Seattle攻撃
プレイアクションからまたもFergusonがオープンに、またもロングレシーブでBroncos陣に。Lynchスクランブルで18yラン。

第4Q
ノリノリのLynchオフェンス、前進を続ける。Lynch、ブリッツを華麗に交わしスクランブル、大きな体に物を言わせ体をエンドゾーンまで到達、TDランとなりダンスを披露。Lynch大学時代以来の大爆発中。21-6となる。

Broncos攻撃
Lockサック受ける。3凡。と思ったら両チーム反則でオフセットやり直し。Lock、フリーのCracraftにローボールすぎてファーストダウンパスヒット出来ず。

Seattle攻撃
3凡。

Broncos攻撃
TE Austin Fortに29yパスヒットもFortが芝に足をとられたか、膝を押させてダウン。キャッチして地面に足をついたときに痛めたようだ。TE怪我人が多い中、良いキャンプを送っていたTE Fort。カートで搬送される。靱帯をやっていなければいいけれど。
4thダウン4をギャンブル。失敗でおしまい。

Seattle攻撃
ファーストダウンキャッチでとったとらないがあるもすぐに終わる。

Broncos攻撃
Lockあやうくインターセプト。WRの手前の守備を見ておらず危なかった。さらにラッシュの中投げるパスもまたインターセプト危機。Trinity Bensonへ長いパスヒット、RB Devontae JacksonへTDパスヒット。2ポイントもWinfeeにヒットで22-14と1本差に追い上げる

Seattle攻撃
ランで時間消費しておしまい。

Broncos攻撃
残り2分40秒ほどあり8点差を追うBroncos。ショートパスでちびちび進む。ブリッツ入り、ポイ投げがインターセプトされておしまい。

Seattle攻撃
Broncosタイムアウトで時間とめ、時間全部消費出来ず。

Broncos攻撃
ヘイルメイリータイム。しないで普通にプレイしておしまい。

後半戦はほんとうにびっくりするくらいにBroncosサイドに見所無し。反則の山をたがいに積み続ける中、オフェンスがまったく前に進まないBroncos。ラン駄目、Lockは何も出来ず。特にブリッツにハチャメチャ弱く、入れられるとほとんどラッシュを受けるだけ。とにかくブロッカーが全部ピックしないと何も出来ない状態。ラッシュを受けたらとっととチェックダウンでボールをぽいぽい投げてたLynchのほうが良く見える本日だった。
守備はLynch相手に短いパス、良いランを出され続け大型レシーバーFergusonにビッグプレイを決められ、Broncosファンとしては悲しい日となってしまった。Lockの最終スタッツは28回投げ17回180y、1TD、1int。スタッツは見た目良いだけ、実際のプレイぶりは醜かった。

ところで本日の@SeattleはSeattleの地元放送局の実況解説。解説がDave Wymanだった。元Seattleのドラフト2順のStanford出身。FAでBroncosに加入、Wade Phillipsがヘッドだった頃に先発LBだった。


  1. 2019/08/09(金) 14:29:24|
  2. 未分類

19.08.08 @Seattle戦 移動日

現地木曜、日本時間で金曜からいよいよ2019年のプレシーズンゲームが本格スタート。BroncosはHOFゲーム出場でvs Atlantaで1試合消化済み。残りの30球団は木曜、金曜。土曜に初戦を迎える。
日本時間金曜朝9時からの・・・でなくて11時の(訂正です)Broncos@Seattle。Broncosは先発大量出場となるが、プレシーズン初戦となるSeattleはBroncosのHOFゲームと同じ、先発はほぼお休み。
SeattleのPete Carrollヘッドは
「初戦は若手のための試合になる」と話している。先発QBのRussell Wilsonは欠場。先発QBは若手とはいえないがトップ控えの28才のGeno Smith、2番手にBroncosの16年のドラフト1順指名選手でもあるPaxton Lynchが登場する。

昨年シーズンのBroncosは犯した反則が149。これはリーグ3番目に多い数。上回るのはKCの173、Indyの155のみ。Broncosはキャンプでも反則が多く、特に攻撃サイドのイリーガルモーション、オフサイドなどスナップ前の反則が多い。プレシーズンも本格化。課題の修正期間へ入る時期だけに、まずは反則数を減らしたい。
またレシーバー陣限定でいえば、とにかくキャンプ中の落球の多さは気がかり。レシーバー陣はE Sandersが怪我の回復途中でエースが2年目のCourtland Sutton。若手ばかりのグループでまたロースター争い選手が非情に多い。

  1. 2019/08/08(木) 22:30:56|
  2. 未分類

19.08.07 キャンプ14日目


現地木曜日、Seattle Seahawksとのプレシーズン試合。火曜日のキャンプ練習は軽い短めの練習となり、水曜日は移動日。FangioヘッドによるとVon Millerほか多くの先発組がプレイする。Millerはプレシーズン初戦にプレイすることはあまりなく、2015年にプレイして以来。今回は実質プレシーズン2戦だが、HOFゲームは多くの先発組が休み、おまけゲーム。通年でいえば次戦Seattle戦がプレシーズン初戦。過去3年はMillerをプレシーズンで使い怪我をすることを恐れあまりMillerをプレシーズンでプレイさせていなかった。
QBではJoe FlaccoがBroncosジャージを着て初めての試合。2番手はKevin Hogan。2人はそれほど多くのプレイはせず、ほとんどを3番手の新人Drew Lockがプレイする。
FangioヘッドはLockには高いハードルはさずけておらず、またあまり不出来と騒ぎ立てないようメディアには釘を刺している。
「まず彼が大学時代アンダーセンターでほとんどプレイしていないことを覚えておいて欲しい。また彼がスクリメージでプレイやフォーメーション、相手守備のチェックなどもほとんどしないオフェンスでプレイしていた。今彼はどうオフェンスをオペレートしてくかを学んでいる最中。まずアンダーセンターで慣れて自然にプレイ出来るようになることが最初。それ以外はそれから始まるんだ」とFangioヘッド。

HOFゲームでは若手の先発攻撃ライン3人が出場。Seattle戦では先発RT Ja’Wuan Jamesもプレイ。G Leary以外の先発組全員プレイ。Learyは身体的には問題ないがベテラン、怪我明けシーズンゆえ温存欠場。
Fangioヘッドによると、QB Flaccoが下がって以降も先発ラインはプレイする見込みと話している。
怪我人だらけで層が薄いのがTEで健康なTEはTroy Fumagalli、Austin Fort、Moral Stephensのみ。TE Heuermanは肩を痛めプレイはクエスチョナブル。ILBも薄い。Todd Davis、Josey Jewllの2人は怪我で欠場。Alexander Johnson、Josh Watson、Joe Dineen、Kieshawn Bierriaがプレイする。
CBでは新加入の先発アウトコーナーBryce Callahanが足を痛めているため欠場。

前日の練習中に喧嘩騒動を起こしたE SandersとC Sutton。
Joe Flacco曰く、キャンプで同じポジションの選手が喧嘩するなんて初めて・・・というほど珍しい喧嘩であった。
喧嘩の翌日の火曜の練習後に2人がメディアの前に。長いキャンプでのフラストレーションとちょっとした誤解が生んだものとし
「結局は俺たちは兄弟、それがすべてだ」と弟分となるSutton。
次の喧嘩の予定もはいっていて、テレビにペイパービューの代金をどちらかが払うか、だという。
なお本日もG Don BarclayとDL DeShawn Williamsが喧嘩。

神の子といえばTim Tebow。今年ドラフト2順でBroncos入りしたG Dalton RisnerもまたTebowと同じく敬虔なクリスチャン。このたび子供のための本を執筆。子供達に自分の信念を伝えたいとRisner。予約販売が公式サイトで始まっており、最初の500冊はサイン入りとなっている。
http://krakenbooks.com/daltonsbook/

現地木曜のSeattle戦後は土曜日にキャンプ練習が予定されていたがすでにキャンセルされている。軽いウェイトトレのみ。

  1. 2019/08/07(水) 23:26:23|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1059)