broncomaniacのブログ版

20.03.24 控えと契約

OLB Jeremiah Ataochuと再契約合意。1年1.5ミリオン。昨年シーズンの10月にBroncosと契約。シーズン後半に覚醒。12月に3.5サックを上げ、QB Drew Lock先発昇格後の守備の立役者だった。OLBは現在Bradley Chubb、Von Millerの先発。控えにAtaochu、Malik Reed、Justin Hollinsという布陣になっている。

NHKでやってたオマハの動物園の番組を見た。動物園は興味ないけど。Peyton Manningでお馴染みのネブラスカ州オマハ!の町の動物園なんで見てみた。東京ドーム11個分の敷地というとんでもないでかさの動物園でびっくりした。
Manningが試合中に叫んでいたオマハ。昨年自分でオマハのサインの意味をテレビで説明しており、
「ハドルで2つプレイコールしていた時に出すもので、最初のプレイは取り消しで2番目のコールのプレイで行くって意味」とManningは話していた。なおManningは現役当時、ネブラスカ州オマハから招待状を受け取っていたが数年前に実際オマハ市を訪問している。

  1. 2020/03/24(火) 23:28:22|
  2. 未分類

20.03. 23 CB Callahanペイカット

CB Bryce Callahanが減給見直し契約に合意。昨年オフに契約したFA選手の目玉の1人だったCallahan。先発CBと期待されたが足の骨折の回復が遅れ19年は全試合欠場。昨年オフに結んだ契約で19年は6.5ミリオンを受け取りながらまったく戦力にならず。見直し契約で3ミリオンが基本給で50万ドルが出場ボーナスのところ1.25ミリオンの基本給と25万ドルの出場ボーナスとなった。ただしプレイタイム出来高で2ミリオンを受け取ることが出来る。

昨年意外な活躍ぶりながら首を痛めシーズンエンドになっていたCB De'Vante Bausby。再契約合意が伝えられていたが内容は1年契約で82.5万ドルのサラリー。保証なし。この額は新CBAの3年目ミニマムサラリーの額。

LA Timesが現地土曜日、NFLの今季ドラフトはテレビ局のスタジオセットで開催する案が出ていると伝えた。NFLは4月23日~25日に無観客ではあるが予定通りLas Vegasで開催と発表。ただしリーグは他の色々な可能性も考えているという。その一案にベガスを離れテレビスタジオを中継のメイン場所として、各球団施設にカメラを入れ、指名選手発表を球団施設からの中継で入れるとうものとLA Timesが伝えた。あくまでも情報筋からの情報であり、また出ている一つの案、というだけです。

  1. 2020/03/23(月) 23:12:20|
  2. 未分類

20.03. 22 今年はランを出します補強

Broncosが元Seattle、PittsのTE Nick Vannettと2年5.7ミリオンで契約合意。20年がトータル3ミリオン、21年が2.75ミリオン。21年の2.75ミリオンは保障ゼロなので実質1年契約。Seattleの2016年のドラフト3順指命選手。19年シーズン9月にPittsにトレード放出されていた。このFAではSF 49ersも獲得に動いていたという。Vannettの獲得は先日のMelvin Gordon獲得に続き、リーグ20位のランオフェンスを引き上げたいとする姿勢の現れか。Vannettは6-6に260パウンドという体格どおりのブロッキングTE。ここ2年でレシーブは29、17キャッチしかしていない。NFLキャリア6年では61キャッチ、591ヤードの4TD。BroncosのTE Jeff HeuermanとはOhio Stateで3年間チームメイト。旧友と再びチームメイト・・・とはいかないかもしれない。Vannettの契約でHeuermanの立場が厳しくなった。Heuermanの今季キャップヒットは約4.4ミリオン。カットしてもデッドマネーは50万ドルしか派生しない。カットすれば4ミリオン近いキャップ節約になる。BroncosのTEはレシービングTEがNoah Fant。Heuermanはブロック専門TEとなっていた。Heurmanは昨年45%のスナップで出場していた。
なおVannettとの契約合意で、キャップ残りは約23.25ミリオン。ドラフトで9ミリオン必要であと14ミリオン程まだ残っているらしい。TwitterのBroncosファンがVannett契約のDenver地元局のMike KlisのTwitterの返信でつぶやいていたもので本当かは知らない。

BroncosからFAとなっているS Will ParksがPhiladelphia Eaglesと1年1.6ミリオンで契約合意。他からもオファーがあったが故郷の球団を選択。Minnesotaはもっと良い条件をオファーしていたという。

  1. 2020/03/22(日) 05:05:59|
  2. 未分類

20.03. 21 Melvin Gordon契約合意

Royce FreemanにかわるPhillip Lindsayの相棒バックを探していると伝えられていたBroncos。LA ChargersのRB Melvin Gordonと2年16ミリオンで契約合意となかなかの衝撃の展開に。13.5ミリオンが保障。20年は4ミリオンの契約ボーナス、4ミリオンのロースターボーナス、1ミリオンの基本給で9ミリオン。21年は2.5ミリオンのキャンプ時ロースターボーナス、4.5ミリオンの基本給、0.5ミリオンの試合日出場登録ボーナスで合計7ミリオン。
Wisconsin大出身で元BroncosのMontae Ball、NEのJames Whiteのチームメイト。他球団からのもっと良いオファーもあったが、本人はChargersと年2試合戦うことになる同地区ライバルを選んだと伝えられている。一時Buffalo Billsがもっと良いオファーを出していた、という情報筋からの情報があったがどうやらそれは誤報だった模様。
Gordon は15年のChargersのドラフト全体15番目指命選手。サイズが215パウントと20パウンドほどLindsayより重量はあるがそれでもNFLでは軽量バック。昨年までの相棒Freemanの230パウンドクラスのバックから相当軽量化することになる。しかしBroncosが求めていたのはArizonaのDavid Johnsonに興味と伝えられていたように、新攻撃CのPat Shurmurの求めるレシーブ能力のあるRB。昨年Shurmurがヘッドを務めていたNY GiantsではRBのSaquon Barkleyが721のパスレシーブヤードを稼いでいる。一方Lindsayはデビューの18年が196y、昨年が241yのレシーブ。Freemanは18年72y、昨年は256yのみ。ここ数年BroncosのRB陣はパスプレイではレシーバーとしてはまったく戦力にならない時期が続いている。新しい攻撃Cに好みの武器を与えること、先発本格定着イヤーのQB Drew Lockに多くの武器を与えること、ということから金額はともかく戦力は大幅にアップすることになる。
4月に27才になるGordonはそれほど大型ではないが3rdダウンに強く、特に決定力の強さは際立っている。この4年でリーグ3位の47TD、うち36のランTDに11のレシーブTDを上げている。
レッドゾーンTD数32はリーグ3位。ほかRBの多くのスタッツで軒並みトップ5。コンタクト後の獲得ヤードもこの間リーグ5位。タックル回避数はなんとリーグトップ。
気になるのはLindsayとのコンビネーション。
Gordonは
「とても興奮している。Broncosの選手は詳しいわけではないが、Vonとやれるのは嬉しい。Lindsayのことはハイライトを見て知っているし彼とワンツーパンチコンビを組むのは嬉しい。Broncosは良いバランスをもっているしスキームもあっている。Lindsayが僕の加入でどう感じているかは言うことが出来ない。ただ自分はAustin Ekelerとワンツーパンチシステムでやってたから僕は他の人とは感じ方が違うのかもしれない。彼は今後も素晴らしい選手として成長していくと思う。Denverの人も今後も彼のことをずっと愛し続けるだろう。彼は今後も活躍するよ。彼とはプロボウルで一緒だったこともあるし、良い奴だよ。彼とチームを組めることがとても嬉しい」と話している。

20年シーズンのBroncosは対戦相手が興味深いチームが多くなる。NFC南と対戦することでTom BradyのTampa。Emmanuel Sanders加入したDrew BreesのNO。Bradyが抜けたNE。トレード獲得したJurrell Daseyの古巣Tennessee、Connor McGovernとAdam GaseのNY Jets。Christian McCaffreyのいるCarolina。

  1. 2020/03/21(土) 23:02:20|
  2. 未分類

20.03. 20 Casey話す

Tennessee Titansからトレード入団のDT Jurrell Casey。Denverメディアの電話会見で話をした。Caseyはスポーツ観戦のファンということはまったくなく、フットボールも試合スタディのためのフィルムスタディ以外はあまり見ることはないという。ゆえBroncosの歴史についても多くを知らないとCasey。
「スーパーボウルに何回か勝って、あとVon MillerやBradley Chubbがいいパスラッシャーなことは知ってるよ。でも今はそれくらいしかわからない。Broncosに関してはこれくらいしか話せることはないんだ。ゴメンね」と話している。
コロナ騒動で球団施設入りは出来ないが、Caseyは先だってLAで正式にトレードが出来るかテストを受けていたという。
「皆誰でもそんなことされたら驚くよね。本当にショックだったよ。おかしなこととは思わなかった。球団施設で身体テストを受ける選手を多く見てきたから。可能性があるのかと思っていた。でもこんな早く決まるとは思っていなかった」とCasey。

Joe Flaccoわずか8試合で退団。昨年オフの目玉獲得選手だったJoe Flacco。John Elwayが解雇と伝えたと情報筋。6月1日以降解雇指定せず。ゆえ今年、来年とキャップヒットを分けることなく13.6ミリオンのデッドキャップ。昨年Flaccoをトレード獲得した時には、デッドマネーなくいつでも解雇出来る契約だったものの、契約でキャップ軽減を図るかわりにデッドマネーが生まれる契約見直しをしてしまったため大きなデッドマネーが残ることに。しかし23ミリオン強のサラリーゆえ、約10ミリオンのキャップ軽減することが出来た。Flaccoは昨年シーズンは8試合に先発で2勝のみ。首のヘルニアでまだメディカルからはプレイ可能の診断は出ていない。しかし手術は必要なく、20年シーズンのプレイは問題ないとみられている。とはいえ今年のFAはQBがごろごろといる。さらにコロナの影響で球団施設が閉鎖。次の所属先が決まるのはかなり先になるかもしれない。

  1. 2020/03/20(金) 22:44:44|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1212)