broncomaniacのブログ版

17.9.15 Leary、Stewart出場へ前進

Dallas@DevnerのオッズはBroncosの2ポイント不利。多くの専門家の予想もDallasに大きく傾いている。

現地木曜の練習。SD戦で怪我をした先発2人はDallas戦出場へ前進。脳震盪の先発ガードRonald Learyは脳震盪プロコトルをクリア練習参加OKに。この日は練習スタイルでヘルメットを持ち非常に軽い動きのみ。怪我人情報では練習不参加と発表もDallas戦出場に大きなステップ。足の付け根のS Darian Stewartはlimitedで練習参加。
前日の練習に参加していた腰のJred Crickは練習不参加。Josephヘッドは次のDallas戦は厳しいと話していた。

Vance JosephヘッドがDallasに関して
「スカウトは簡単だが倒すのは難しいチーム」と話した。
スキーム的には難しいことはないが、圧倒的な攻撃ラインの力で相手チームをたたきつぶすDallasを警戒。Dallasオフェンスを攻略するには守備ラインがランを止めないと長い夜になる。エースRBのEzekiel Elliotthはリーグの制裁で出場停止処分が出されたが異議申し立てにより再審。Broncos戦出場体制。Broncosは今季最初にして最大の試練となる。昨年からの課題、ストップザランは開幕のSD戦では22キャリー64y。一回平均2.9yと成功。しかしDallas相手にどこまで出来るか。
「攻撃ラインには3人のオールプロがいる。このリーグでも究極のライン陣。大きくアスリートでスマートだ」とJosephヘッド。

Dallas CowboysのエースQB Dak Prescott。Broncosの控えQB Paxton Lynch。ドラフトで状況次第では互いの所属チームが反対になっていた可能性も。DallasはLynch獲得に激しく動いており、結局Broncosがトレードアップ競争に勝ちLynchを1順で指名。DallasのJery Jonesオーナーは相当に悔しがり
「明け方3時にベッドに入ったけど6時ごろまでLynchのことを考えていたよ」
とJones。
Dallasは3順でPrescottを指名した。BroncosもPrescottを高く評価していたこと。もしLynchをDallasがトレードアップ交渉に勝利し指名していたらPrescottをドラフト中位で指名したのはBroncosだったかもしれない。とはいえPrescottはドラフト前におかした失敗でBroncosからは指名されないと思っていたという。ドラフト前のBroncosの球団施設訪問の飛行機に乗り遅れたのだという。
「遅れてしまったんだ。夜遅くについてそれから施設訪問となったんだけど、予定していたディナーななくなってしまった。QBが飛行機に乗り遅れるなんて、良いことにはならないとわかっていたからね。遅い便の飛行機に乗れたんだけど多分Broncosに入ることはないなって思ったよ。すべてのものは何かしらの理由があるものだからね」とPrescott。乗り遅れた理由はフロリダ州オーランドの交通渋滞だったという。

CowboysがDenverにやってくる。CowboysファンはBroncosに勝利したのを最後に見たのは1995年までさかのぼらなくてはいけない。95年9月にDallasが31-21で勝利して以来4連敗中。エースQB Prescottが2才、エースRB Elliottは生まれて2ヶ月後の試合だった。旋回対戦は2013年にDallasの地元開催、ManningとTony Romoが馬鹿投げした2013年の試合。51-48でBroncos勝利というとんでもないスコアの試合だった。ManningがRB Morenoに、ファーストダウンをとったらTDしないでダウンしろ、時間つぶしてFGで勝つんだと、話したあの試合だ。

  1. 2017/09/15(金) 23:52:55|
  2. 未分類

17.9.14 怪我人情報他

現地水曜の練習にTalib、Charlesの2人はベテランオフで休み。開幕戦を欠場した腰の痛みの守備エンドJared Crickと膝のZach Kerr、手首のRB Devontae Bookerは練習に参加。次戦はKerrは出場へ、Bookerはアウト、Crickはクエスチョナブル程度の状態とJosephヘッド。
開幕戦のスペシャルチームでのプレイで膝を痛めた新人コーナーBrendan Langleyはアウトの見込み。開幕では試合登録から外れたLorenzo Dossが第4コーナーに入る。
脳震盪の先発GのRon Leary、足の付け根を痛めたS Darien Stewartは現時点ではまだ次の試合への出場は不明でクエスチョナブル。今後の回復次第になる。
Learyは攻撃69スナップ中、脳震盪で退くまで36スナップでプレイ。FroFootballFocusのグレードでは開幕戦のガードではトータル9位、ランブロックではリーグ1位のグレード評価だった。

次の試合はDallasを地元に迎える。Broncosは元Dallasの大スターでBroncosの第50回スーパーボウル優勝チームの一員DeMarcus Wareを称えるイベントを行う。Wareは引退に際してDallasと一日契約してCowboysの一員として引退をしている。コイントスに参加し第1Q終了後にオナリングイベントが行われる。しかしWareは日曜はできる限り中立を貫く予定だという。
「身につける色はブルーだよ。両チームともにブルーがチームカラーに入っているからね。文字はDが入ったものをつけるよ。誰もどっちのDだかわからないしね」とWare。
Wareはこのプレシーズンでは地元テレビ局でDallas戦の解説を行っている。

開幕戦でバブルスクリーンがインターセプトになったプレイ。QB SiemianからWR Fowlerへ投げられたボールがインターセプトになったもの。倒れ込むFowlerの足、そして倒れ込むLA Chargersの守備の足にあたり、宙に浮いたボールがインターセプトされた。しかしその前にFowlerがボールが来る前に守備選手ヒットを受けており、パスインターフェアでは?との声が多く出ていた。FowlerがBrandon Stokleyがホストを務める地元ラジオ局のインタビューで、審判からはパスインターフェアを見逃してしまったと伝えられたことを明らかにした。
「審判にはインターフェアの反則にすべきだったと言われたよ。僕はボールが手に入るく前にタックルされたんだからね。審判はサイドラインに来てコーチ達にそのことを話して説明もしていたよ。審判の誤りがあってもちゃんとそれを克服しないといけない。あのインターセプトはTrevの責任でもなんでもないよ」とFowler。
  1. 2017/09/14(木) 23:53:01|
  2. 未分類

17.9.13 Josephヘッド会見

現地火曜は練習なし。次のDallas戦に向け選手は体を休める。

Vance Josephヘッドは会見を。今年はTEがレシーブで活躍をすると開幕前に予言していたのはDemaryius Thomas。開幕のLA戦でBroncosのTEは3人で98yレシーブ。昨年の一試合平均の37yを大幅に上回った。
「Mike McCoyオフェンスだよ。カバー3の守備には皆がチャンスがある。それがうちのプランだった。カバー3がきたら狙いどころ。成功したね。」とJosephヘッド。
BroncosのアウトサイドレシーバーのThomasとEmmanuel Sandersの存在が相手にカバー3、4を多く使わせることになると想定していた。
「DTとEmmanuelがアウトサイドにセットすれば相手は上からカバーで囲みにかかることはわかっている。2人にはコーナーがそれぞれついて、ぶちぬかれないよう2人のセーフティーは深い位置にポジショニングをとる。つまりLBとの1対1がインサイドのミドルゾーンで繰り広げられるわけだ。Virgil、Heuerman、Derbyはみなインサイドのシームでレシーブをしてくれた。これは大きかった」とJosephヘッド。

Von Millerは昨年からこれで5試合連続サックなし。それ以前には3試合サックなしが最長だった。Josephヘッドは
「Vonをフリーにしようとあちこちに移動させたが、相手はそれを許さなかった。とにかくどっちのサイドに移してもダブルでブロック。LAは両サイドともにダブルで両サイド(MillerとBarrett)をブロックしていた。おかげでレシーバーの数が減るのでパスカバーは楽だったけどね。ラッシュを止めるために人数を割けばカバーはしやすい。多分今年ずっと続くことになると思う。このチームはここ数年とにかくラッシャーが凄かった。今年はセカンダリーがラッシャーが届くようにちゃんとカバーしないとね」とJosephヘッド。

Josephヘッド一番のがっかりはパスプロテクション。
「攻撃ラインはランブロックでは素晴らしかった。パスプロに関しては良くなかった。確かにMelvin Ingram、Joey Bosaというエリートラッシャーを相手にしていた。厳しいことはわかるがもっと良くならないといけない。とにかくTrevorにはプレッシャーがかかりすぎだった。普通エリートラッシャーを1チームに2人も揃えるのは稀だがAFCの西のチームには2人そろってるんだらね」と話している。

Derek Wolfeが悩んでいる。足にフィットしたスパイクが見つからない。
「なんかフィットしない。ナイキも今年はよくない。昨日の試合は3つのシューズを試したけど合わない。去年に続いて今年もシューズが合わなくて困っている。本当にイライラするよ」とWolfe。
  1. 2017/09/14(木) 00:48:26|
  2. 未分類

17.9.12 試合後記

LGの先発はMax Garcia。次のシリーズではAllen Barbreが入った。球団リリースのデプスチャートは先発Garcia or Barbreとなっていたが、どうやら二人とも先発扱いでローテーションでプレイさせる方針のよう。
RGではFA加入のRon Learyが後半に脳震盪。Connor McGovernが入った。
ライン中央は合格点の開幕戦。しかし新人Garett Bolles、FA加入のMenelik Watsonの両タックルはIngram&Bosaの波状攻撃にへろへろ。QB Siemianの4サックの責任となった。

試合終了間際、同店を狙うLA ChargersのFG。Younghoe Kooの蹴ったボールは見事バーの間。44yFG同点トライ成功・・・と思ったがJosephヘッドがタイムアウトを取っていた。Broncosのフィールドにいた選手はタイムアウトがあったとは思っておらず同点と思ったと控えNT Shelby Harris。
「タイムアウトを取ったとは思わなかった。同点かと思っていたらサイドラインでコーチが僕たちに戻れって手を振っていたんだ。“反則があったのか?”って思っていたよ」とHarris。Kooの二度目のキックはHarrisの指をチップ、左にボールはそれていった。右の指3本がボールにあたったという。
「俺とWolfeが中央から押しまくったんだ」とHarris。蹴られたボールの行方は見失った。WolfeとGotsisにボールの方向を聞いてFG失敗とわかったという。
Broncosは昨年の開幕戦も同じ勝ち方。CarolinaのサヨナラFG狙いの場面で当時Kubiakヘッドは蹴る前にタイム。蹴られたボールは成功も、蹴り直しで失敗。Broncosは勝利している。

昨年できなかったこと。ラインがランの穴をこじ開けること。開幕戦では成功。CJ AndersonとJamaal Charlesは二人で121yを走った。Siemianのスクランブルを含めると140yを超えた。新人DeAngelo Hendersonは出番なし。一度も攻撃プレイには参加せず、Andersonが48スナップ、Charlesが控えで21スナップでプレイ。昨年の1試合平均は93y。
ラインはパスプロテクションには大きな不安が残るもラン攻撃で大きく貢献した。
オフの課題の一つだったリターンでは新人リターナーIsaiah McKenzieがTrindon Holliday以来の強力な武器になりそうな活躍。31yリターンを見せショートTDドライブ音おぜん立て。
McCoyオフェンスとなってTEのレシーブに期待が集まった開幕戦ではTE2人で5キャッチ98y。昨年のTEのレシーブは1試合平均36y。

グレードメディアとしておなじみのProfootballFocusのChargers戦のBroncosのトップ5グレード。
EDGE Von Miller, 86.2 overall grade
34回のパスラッシュで1QBヒット、4QBハリー。ラン守備ではランストップ1回も、何度もランの穴をつぶす活躍ぶり。

EDGE Shaquil Barrett, 84.3 overall grade
パスラッシュのみなら反対のMiller以上のグレード。1サックに5QBハリー。パスラッシュのグレードでは3-4LBとしてW1ではベスト3の活躍ぶり。トップはLA ChargersのBosa。

DI Adam Gotsis, 84.2 overall grade
コメントなし

C Matt Paradis, 82.4 overall grade
リーグトップクラスのセンターであることを開幕で証明。常にランアタックの中心。パスプロテクションでは1度ミスっただけだった。

QB Trevor Siemian, 82.1 overall grade
チームがSiemianに望むベストのSiemianだった。特記事項としてはロングパスの精度が高く3回投げ2回73y。1度の失敗はパスは完璧、Sandersの落球といっていいパスだった。
ProfootballFocusのゲームMVPはMiller。なおこのグレードは試合直後の暫定グレードでフィルム見直しで数値は変更されるかもしれない。

月曜の開幕戦に多くの有名人が観戦に。NBA Denver Nuggetsに新加入したPaul Millsap。チームのリクルートに貢献したのはMLB Brandon Marshall。MillsapにDenverはいいところだと食事をしながら吹聴。Nuggets入りの大きな手助けをしていた。
またDemarius Thomasの友人のNBA Minnesota TimberwolvesのJimmy Butler、Golden State WarriorsのDraymond Greenも来場。元プロレスラーのBill Goldbergもオレンジのキャップを被りBroncosを応援。司会前にJosephヘッドの握手をしていた。



  1. 2017/09/13(水) 00:21:34|
  2. 未分類

えっ Ron Leary・・・

次の試合はDallas戦。
DallasからFA加入した先発G Ron Learyが脳震盪だそう。

  1. 2017/09/12(火) 14:41:19|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (525)