broncomaniacのブログ版

18.1.31 Alex SmithがWashingtonへトレード移籍!

スーパーボウルウィークにまさかのビッグニュースが。Washington RedskinsとKC Chiefs間でトレード合意。Washington が2018年のドラフト3順、18年シーズンが3年目となる小柄なスロットコーナーKendall Fullerを見返りに、KCからAlex Smithを迎える。SmithはKCとは今季が契約最終年で17ミリオンのサラリーだったが、すでにWashingtonとは延長契約に合意、4年84ミリオン、うち保障71ミリオン。年平均は23.5ミリオンとなる。33才のSmithはFAで2度目の大型契約を勝ち取った。トレードが正式なものになるのは3月14日のNFLの18年シーズンクックオフデーまで待たなくてはいけない。BroncosもSmithにはある程度の興味を持っており、KC側にある程度の問い合わせ程度はしてたのではとも推測されているが、西地区のライバル同士だけにKC、Broncos間でのトレードは現実的なものではないと見られていた。
SmithのWashington移籍でこの3年Washingtonの先発QBだったKirk CousinsのFA市場へ流れることは決定的となった。BroncosのFAのメインターゲットと見られCleveland、NY Jets、Buffalo、Arizonaなどが強豪相手になるのではと予想されている。Blake Bortlesで来季もいくと見られるJacksonvilleの参入も可能性もある。Cousins は2017年のMatthew Staffordの5年135ミリオンを超える契約となると予想されている。
BroncosはCousins獲得合戦に敗れた場合、Minnesota3人衆の漏れた選手、もしくはTyrod Taylorなど18ミリオン以下の選手の獲得を目指し、ドラフト1位5番目でQB指名というプランも予想される。
さて現実的にBroncosはCousins獲得が成功する見込みはどれだけあるのだろうか。NBCではBroncosのキャップスペースは28ミリオンと伝えており、ここから自軍FAやドラフト選手の費用を引くと、とても大型FA選手の獲得は出来ない。今後はTalibカット、またはWRのD Thomasの契約見直し、出来なければThomasもしくはE Sandersのカットなど費用捻出を計ったとしてもキャップスペースすっかすかのClevelandやNY Jetsとオークション状態となると太刀打ちできない。とはいえCosuinsは先月のprofootballtalkのPFT LiveでFAでチームを決める際の条件として
「お金が問題かって?確かにその1つだよ。ただ全てではない。勝つことが大事なんだ。それが僕の最も重要なことでそのために犠牲も払うし、勝つ可能性を最大限にあげるまでやることは全部やる。それが最も重要なことだよ」と話している。
BroncosのCousins勧誘の強みはリーグ3位の守備があること、WRにThomasとSandersとプロボウラーが揃っていること。そしてCJ Andersonが1000yラッシュを達成していること。そしてそれらをネタに、FA選手の釣り上げに関しては圧倒的な交渉力を持つJohn Elwayがいること。
なおJohn Elwayは明日はゴルフ。いつもスーパーボウル直前に行われているPhoenix Openの水曜日のプロアマ大会が開催。Elway他NFL関係ではJohn Elway、Larry Fitzgerald、Bruce Arians、Patrick Petersonの開催地フェニックスの地元アリゾナ組他Emmitt Smith、Tim Brown、Jay Feelyらが参加する。日本の松山英樹がこの大会2連覇中。3連覇をかけて今年も参戦。プロアマではFeelyと同じグループで回る。元キッカーのFeelyはCBSでNFLアナリストをしている。

  1. 2018/01/31(水) 23:11:47|
  2. 未分類

18.1.30 Miller! Miller! Miller!

Facebook WatchでTom Bradyのリアリティショー“Tom vs Time”が開始、まけじと我らがVon MillerもFacebook Watchでショーを開始。Von Miller's Studio 58というタイトルで今週水曜にファーストエピソードの配信開始。ファンタスティックでコメディチックな素敵な旅の始まりだ!!アリゲーターとのレスリングもあるよ!
https://www.facebook.com/VonMillerStudio58/
でどうぞ。

先頃のプロボウルで守備MVPに輝いたVon Miller。スーパーボウルMVP&プロボウルMVPとなったのはNFL4人目で守備選手としては初。攻撃ではPeyton Manning、Jerry Rice、Phil Simmsが両イベントMVP受賞している。

NFLでは新人は虐められる。プロボウルでも新人は虐められる。今回のプロボウルでAFCの新人はKCのRBのKareem Huntのみ。新人1人のみの選出とはHuntには運がなかった。実力があっただけだったのに。プロボウル試合後のインタビューでMillerは
「白状すると、Kareem Huntの部屋番号を見つけといて、今大会でかかった請求書は全部Huntの部屋にツケといたよ。彼はChiefのメンバーだしなんといっても新人だ」と(多分)冗談を。
この話が単なる冗談でなく本当の話だとしてもMillerはちゃんと仕事でHuntの金銭的な負担を軽くしている。プロボウルでMillerはAFC勝利となるストリップサック&ファンブルリカバーを決めた。プロボウルは勝利チーム選手には6万4千ドル、敗者チームの選手には半分の3万2千ドルが払われる。Huntは3万2千ドル、Millerのおかげで多く稼ぐことが出来たわけで、Millerの請求書も当然?
  1. 2018/01/30(火) 22:48:57|
  2. 未分類

18.1.29 週末2つのボウルゲーム

現地日曜プロボウル開催。Von Millerが守備MVP。ストリップサック&ファンブルリカバリーが決め手となった。

現地土曜日、Broncosコーチ陣がコーチをつとめるドラフト候補生によるカレッジのシニアボウル開催。Broncosがコーチのノースチームは45-16と敗戦。
注目のQBではBaker Mayfieldはわずか2ドライブ、7回投げ3回成功9yの獲得。試合後半が開始する頃には入院している母親を見舞うためテキサスへ向かった。
この試合のパフォーマンスはMayfieldにとって評価を下げることにはならない。Mayfieldのシニアボウル参加の目的は、素行が悪いという悪評を払拭すること、フットボールへの情熱とタレントを証明すること。シニアボウル参加QBの中で練習ウィークの間最も素晴らしい練習を見せてきたと評価されており、Mayfieldがシニアボウル参加の目標はクリア。元々試合もどれだけ出るのか不明といわれていたが、試合前日にプレイが決定したもの。ドラフト指名すると予想されているBroncosの評価をあげるシニアボウルイベント参加となった。
なお身体想定で手の大きさが9.5インチ。NFLで成功するには手の大きさが大事と言われており特に背の低いQBがヒットを受けた衝撃が大きいのでボール保持のためにも手の大きさは必要。Mayfieldと比較される小型QBのDrew Brees、Russel Wilsonは10.25インチと巨大サイズ。それと比べるとかなり小さいが、9.5インチはNFLでも求められる最小値はクリアし平均的レベル。Aaron Rodgersは9.38インチ、手が小さくても成功した例として出されるTony Romoは8.86インチ。
同じくBroncosが指名予想されているQB Josh Allenは13回投げ9回成功158y2TDと活躍。Allenは大型で機動力がありキャノン砲の肩という身体能力に長けた選手。ただし弱小大学出身ゆえ判断が難しいと言われている。シニアボウルの練習ではロングボムでしばし周囲を驚かせたが、逆にタッチパスやルートランへのパスの精度が悪く、また距離が短くても強いボールを投げるのでレシーバーフレンドリーではく完成度度はまだまだの練習ウィークを過ごしていた。
とはいえ本番では落ち着いたプレイぶりでノースチーム後半の出だしを大きく盛り上げた。AllenにはPotato BowlでもElwayが接触している。

プロボウルでBroncosのヘルメットでプレイしたCB Aaib Talib。Denver地元局のMike KlisはBroncos姿の最後のTalibかもしれないと伝え、またESPNのJeff LegwoldはシニアボウルでNFL3人の匿名のGMにTalibのオフの処遇の意見を聞いたところ、GMらはデッドマネーわずか1ミリオンのTalibはカットされるだろうと答えたという。またBroncosはカットではなくトレード放出を試みるのではとも伝えられている。

  1. 2018/01/29(月) 22:38:21|
  2. 未分類

18.1.24 シニアボウル練習開始

Jon GrudenがOaklandのヘッドに就任したことで空いているESPNのWマンデーナイトフットボール中継の解説席。ESPNの重役Stephanie Druleyが元SeattleのQB Matt Hasselbeckが有力候補であるとしながらもPeyton Manningに興味があることを認めた。
「確かにMattは候補。プロボウルはそのオーディションとは思っていない(Hasselbekがプロボウルで解説をつとめる)。我々がMattと契約した時に、他のテレビ局も彼と契約したがっていた。Mattは素晴らしい解説をしてくれるだろうし、彼がGrudenの後釜の候補であると考えている。Peyton Manningのことも考えている。彼に話をもっていかないなんて馬鹿なことはしない」とDruley。現在HasselbeckはESPNでSunday Countdown showでアナリストを行っている。Druleyによると春までに後任を決める予定だという。

ドラフト1順指名候補Bake Mayfield。シニアボウル開催地モバイル入り。お母さんが入院となったためチーム合流が遅れた。
MayfieldはこのシニアボウルでNFLスカウトに自分自身を証明したいと話している。
「みな僕を悪人というレッテルを張りたがっている。Johnny Manzielタイプだと。僕がフットボールを愛している事実は疑いのないこと。僕は感情的な選手であり勝利のためになんでもする。チームメイトと一緒にいることを愛し、みなのリーダーになりたいし責任を負うこともいとわない」と話している。
チーム初対面となった月曜にモバイル入りせず、身体測定を避けたかったのではとの憶測も。
「母の具合がよくなかったんだ。家族が第一だ。別に身体測定を遅らせたかったとかそんなことはない。ちゃんと計測するし、問題となることではないし自分は気にしていない。家族第一の行動だ」とMayfield。
火曜に到着、練習の途中から参加したがその前に身体測定が行われ6-0 3/8インチ。センチでいうと184センチ弱。伝えられている185センチより小さかった。Mayfieldは能力は抜群ながら問題児であり、身長が低いという評価。ただしBroncosのJosephヘッドはDrew Breesを例に出し、身長が低いことは問題にはならないと話している。Josephヘッドは身体測定より、練習での態度、ミィーティング、他のチームメイトとの関係など、フットボール能力や身長という見える部分ではなく、今まで見えなかったことを見ようとしている。
「私は賢くタフな選手を求めている。シニアボウルに来る選手の能力レベルは高いことはわかっている。差を分けるのは選手のフットボールでの態度なんだ。フットボールを愛し。どのように学んでいくか。チームメイトとのかかわりからリーダーシップスキル。そういったものが大事であり未来のBroncosを見つける方法だ」とJosephヘッド。
Broncosがコーチするノースチームの練習スタイルはBroncosのキャンプ練習の流れで行っているがプレイスキームに関しては選手の好みのスキーム、慣れているスキームを使用するという。
「大学のスタイルは、特にスプレッドスタイルでやっている選手にプロのアンダーセンターを強要するのは無理だからね」とJosephヘッド。
Mayfieldは練習後に同じドラフト指名候補のQB Luke Falkと一緒のアンダーセンターからのスナップ練習を居残りで行っていた。

シニアボウルでUTEP大のG Will HernadezがサウスチームからBroncosがコーチするノースチームへ移動。Broncosは今季から攻撃ラインコーチは昨年までUTEPでヘッドコーチをつとめていたSean Kugler。Hernadezは今季ドラフトではGで3番手評価でドラフト2~3順指名が予想されている。

シニアボウルの練習でフィールド中央の50yラインでJohn ElwayとDan Marinoが並んで練習を見ている姿が。またGary Kubiakが反対側の50yライン上に。

Broncos RB CJ Andersonが現地木曜日Harvard Graduate School of Education (HGSE)で講演。自身が立ち上げたDreams Never Die Foundation、ドラフト外のアンダードッグから上り詰めたNFL先発RBへのキャリアなどについて話をする。

  1. 2018/01/24(水) 23:13:46|
  2. 未分類

18.1.23 Miller運動会出る

現地木曜日のプロボウルウィークに開催されるPro Bowl Skills ShowdownにVon Millerが出場。AFC、NFCの選手がドッジボールやったり、リレーをやったり、ボールを的に当てるゲームをやったりする、NFL選手ミニ運動会。AFCでミラーのチームメイトになるのは
Bengals defensive tackle Geno Atkins,
Chargers receiver Keenan Allen,
Dolphins receiver Jarvis Landry,
Chiefs quarterback Alex Smith
running back Kareem Hunt
Steelers kicker Chris Boswell.

大学四年生のオールスター・シニアボウルのコーチングのためBroncosコーチ陣はアラバマ州モバイルへ。コーチするノースチームの選手との最初のミィーティングが月曜行われた。ドラフト候補生相手を前にJosephヘッドは
「君たちの人格・性格はNFLのコーチやGMにとって大きな判断材料になる。そして選手としての能力。我々は両方持っている選手が欲しい。」と話した。
ただ練習時間に来て、ミィーティングに来て話を聞く、それだけの姿勢ではいけない。もっともっと多くの準備をしなくてはいけない、と求める選手としての姿勢を語った。
「今いる皆は、全員プロの行きたいんだ。今国のベストの選手が集まっているんだ。皆今週プロのスカウトの前でプレイをする。チャンスを生かせ。僕も勝利したい。土曜日、この日3時間、チームとして一団となろう。」とJosephヘッド。
シニアボウルからドラフトコンバイン、ドラフト、ミニキャンプ。すでにドラフト候補生のとってのNFL行列車は発車している。

現地土曜日の行われるシニアボウルで、選手そして、使用フットボールにRFID(英: radio frequency identifier)チップを装着するという。このチップからリアルタイムでスピード、距離などがデータ送信され、各チーム、そしてスカウトたちのコンピューターに送られるという。

ドラフト1順指名候補でBroncos指名も予想されるQB Josh Allen。12月のPotato BowlでBroncosからJohn Elway GMらがスカウティング活動。Allenと会話を持つなどすでに接触済。Allenは今種土曜のシニアボウルにも出場。
「彼(Elway)が僕の試合を見に来てくれたなんてとてもクールなことだったよ。そして今回も彼らと話をするチャンスがある。彼は素晴らしい人だし心底勝ちたいと思っている。」とAllen。Allenは昨年Manning Passing AcademyでPeyton&Eli兄弟とも話をしている。
「彼らがどのようにやってきたかを話したよ。試合プランニングからどのように試合フィルムを見るか、朝起きてから寝るまでの毎日の日課にいたるまで。彼らの行動をまねることは彼らの成功したキャリアから考えてもクールなことだよ」とAllen。

同じくBroncosが指名すると予想されているQB Bake Mayfield。家庭の事情でアラバマ入りが遅れ、火曜午前の身体測定を欠席見込み。NFLではサイズや体つきなどは大きな材料。スカウトの前での身体測定を欠席となると身長不足と言われているMayfieldゆえ欠席はなにかと裏があるのではとも。とはいえこの後練習前に正式な記録として残される測定がある。
シニアボウルのエグゼクティブディレクターPhil Savageは
「目標は彼には火曜午後の練習フィールドに出てもらうこと。残念ながら今日月曜まで彼はこられなかったがね。もちろんBroncos球団にもちゃんと伝えている。彼らはBakerには多く接触したいとリクエストしてきたんだからね。BroncosもBakerが遅れることは承知ずみだよ」と話している。

  1. 2018/01/23(火) 23:34:38|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (644)