broncomaniacのブログ版

NFL公式がBroncosドラフト数を間違え?

Broncosの今年のドラフト権は全部で9。
NFLが3月にドラフトオーダーを発表したが、その際のピック数は8と発表されていた。その後George Paton GMがBroncosのピック数は9とたびたび発言していた。現地木曜、Denver Post、9Newsの地元メディアはNFLの発表が間違っていたと伝え、ピック数は9つでPaton GMの発言が正しかったと伝えている。
3月にNFLが発表した際には7順全体234番目の指名権がDetroitのまま(NFL公式サイトのドラフトオーダーでは未だDetroitのまま)。このドラフト権は昨年WR Trinity Bensonをトレード放出した際にDetroitから見返りにBroncosが受け取っていたもの。
2022年4月28~30日のドラフト、Broncosの持つ指名権は
Round 2: 64 (via Los Angeles Rams)
Round 3: 75 (own pick)
Round 3: 96 (via Los Angeles Rams)
Round 4: 115 (own pick)
Round 4: 116 (via Seattle Seahawks)
Round 5: 152 (own pick)
Round 6: 206 (via Philadelphia Eagles)
Round 7: 232 (own pick)
Round 7: 234 (via Detroit Lions)。

Bradley Chubbがこのオフを利用してNorth Carolina Stateで卒業を目指し二つのクラスを受講していたとChubb本人がメディアに語った。卒業はお母さんとの約束だそう。来年オフにも二つクラスを受講し社会学の学位を取得する予定。

  1. 2022/04/15(金) 21:55:18|
  2. 未分類

Wade Phillipsヘッド就任! XFLだけど

ドラフト前のドラフト候補生のBroncos球団施設訪問した選手で判明しているのは
Braxton Jones, OT, Southern Utah
Matt Waletzko, OT, North Dakota
Tyler Smith, OT, Tulsa
Abe Lucas, OT, Washington State
Dylan Parham, OL, Memphis
Cam Jurgens, C, Nebraska
Cole Strange, G-C, Tennessee-Chattanooga
Tyquan Thornton, WR, Baylor
Chad Muma, ILB, Wyoming (local)
Tariq Carpenter, S-LB, Georgia Tech
Nick Grant, S, Virginia
DeAngelo Malone, edge, Western Kentucky
Ja’Quan McMillian, CB, East Carolina
DaRon Bland, CB, Fresno State
Cordale Flott, CB, LSU
Shemari Jones, RB, Coastal Carolina
各球団30人のドラフト候補を施設に呼ぶことが出来る(ただしローカル地元選手訪問は除く。上記ではILB Mumaはローカル選手訪問なので30人リストには含まれない)。
攻撃ラインが多くOTだけで5人もの選手が確認されている。

Broncosに移籍したQB Russell WilsonがSeattleに持つ家を売りに出している。2エーカー、約2400坪。
2013年シーズンに再開する予定のアメフトリーグXFL。8球団のヘッドコーチが発表された。元Broncosの二人がヘッド就任。

Wade Phillips
元Broncosヘッド、守備CほかNFLで40年を超えるコーチキャリアを持つ。74才。
Bob Stoops
Oklahama大で17年ヘッドを務めたカレッジの大物コーチ
Terrell Buckley
1992年のGBのドラフト1順全体5番目指名の元CB。2000年にはBroncosに先発CBで在籍。2005年に選手引退しその後コーチ業。ポジションコーチが最も高いランクでのコーチ経験。
Hines Ward
Pitts Steelersの98年のドラフト3順WR。4度のプロボウル、スーパーボウルリングを二つ持つ。引退後コーチ業に。21年にFlorida Atlantic大のアシスタントヘッ/WRコーチ。今年Houston Texansのヘッド職ジョブインタビューを受けている。
Rod Woodson
NFL殿堂入りのスーパースター。プロボウル11回、オールプロ6回。NFL100周年チーム選出。2010年代にRaidersでCBコーチを務めていた。
Reggie Barlow
元NFLのWRで8年プレイ。引退後はAlabama State、Virginia Stateで16年コーチ業。
Anthony Becht
2000年のNY Jetsのドラフト1順指名のTE。11年現役で引退後は解説業に。ESPNでカレッジの解説などを務め、2019年にAlliance of American FootballのチームのTEコーチを務めている。
Jim Haslett
NO SaintsのヘッドほかNFLでも30年以上のキャリアの大物コーチ。最近は21年までTennessee TitansのILBコーチ。

  1. 2022/04/14(木) 23:09:01|
  2. 未分類

選手オフのワークで施設入り 

現地11日より今期のオフのワークアウトプログラム開始。
それに先立ち、制限ありFAでBroncosからテンダーオファーを出されていたQB Brett Rypien、S PJ Locke、OLB Malik Reedがサイン。また1年契約で合意となっていたS Kareem Jacksonもサインした。
制限ありFA3人の契約で最も重要な契約となるはReed。ほかの2人はBroncosが独占契約権を持つFA選手でオファーが出された時点で他の球団は契約が出来ない。Reedは他球団がオファーを出すことが出来る制限ありFA。他チームのオファーの締め切りは4月22日だった。オファーが出た場合Broncosもそのオファーにマッチしたオファーで引き留めることは可能ではあるものの、キャップに余裕のないBroncosゆえ他球団には動いてほしくない状況だった。オリジナルテンダー、ラウンドテンダーでないため流出の場合のドラフト権も受け取れないことになっていた。
今季2.4ミリオンでプレイするReedは先発組で練習することになる。新契約のRandy Gregoryは肩の手術を受けオフのワークの大部分はリハビリに当てられる。
Reedはこの2年、Bradley Chubb、Von Millerのどちらかが怪我をしている期間が長かったため26試合に先発。13サックを上げている。
Lockeは過去2年、80%のスペシャルチームでプレイ。セーフティーとしても守備機会を与えられていた。
Reedは2.4ミリオン、Rypienは約96万、Rypienは約90万ドルで今季プレイする。

オフのワークのために施設に集まったBroncos選手。月曜はフィジカルテストと簡単なワークのみ。リアルなウェイトやコンディショニングトレーニングは火曜日から。

2年目のシーズンを迎えるG Quinn Meinerz。ウィスコンシン生まれのウィスコンシン育ちだけあり子供の頃のアイドルはBrett Favre 。FavreにあこがれQBをプレイしたかったが残念ながら体重増加が止まらず高校では早くも300パウンド級にまで成長。攻撃ラインと守備ラインをプレイ。
  1. 2022/04/12(火) 21:43:31|
  2. 未分類

USFL、ファーストダウンはボールのチップで計測!

現地4月11日、いよいよBroncosのオフシーズンワークアウトプログラム開始。

1983年~85年に存在したUnited States Football League、USFL。この春からFOXがメインとなり新USFLがスタート。すでにプレシーズン試合が行われている。
話題はヤードを図るチェーンは使用されず、すべてのボールにチップを埋め込みヤードを計測するテクノロジーが使われていること。
ちなみにNFLでもすべてのボールにチップは埋め込まれている。ただしヤード計測用ではなくNext Gen Statsのデータ収集のためのチップ。
USFLでは他選手のヘルメットにカメラをつけ選手目線の映像、またNFLでは試合中は使用が禁止されているドローンをプレイ中に飛ばすなど新しい試みを行う。
以下USFLのTwitterよりプレシーズンの計測の動画。


  1. 2022/04/11(月) 03:04:42|
  2. 未分類

次の契約はTE Kyle Rudolphか

BroncosはFAのTE Kyle Rudolph のワークアウトを行ったと現地メディア。キャリアのほとんどをMinnesota Vikingsで過ごしている。昨年MinnesotaからBroncosにGMとして就任したGeorge Paton GMの良く知った選手。またGBからきたHackettヘッドもGreen Bayという同じ地区だったためこれまた何度も見ている選手。
RudolphはMinnesotaの2011年のドラフト2順全体43番目指名。プロボウル2回選出。21年シーズンはMinnesotaをカットされNY Giantsと2年12ミリオンで契約。1年のみのプレイで先月カットされていた。昨年のPro Football FocusのグレードではTEで35番目の評価で平均的なグレードだった。
BroncosはNoah FantをSeattleにトレード放出。現在ロースターには大ブレイが期待されるAlbert Okwuegbunam、BaltimoreからFA契約したEric Tomlinson、FB兼用のAndrew Beckしか実績のある選手がいない。ダブルTEを使うHackettヘッドのシステムもあり経験のあるTEはほしい。
Rudolphをローサラリーの低リスクで契約出来れば大きな戦力アップになる。

BroncosからFAになっているRB Melvin GordonがBaltimore Ravensと交渉中と現地メディア。

Broncosと1年契約合意で4年目のBroncosのシーズンを迎えるKareen Jackson。Pittsburgh Steelersとも交渉していた。Pittsは強烈なプッシュだったという。BroncosもJacksonとの再契約の話を進めていたがPittsのプッシュが激しいためBroncosも急速に話を詰めてきたという。


  1. 2022/04/09(土) 17:44:17|
  2. 未分類

S Jackson 1年5ミリオン合意

BroncosからFAとなっていたS Kareem Jacksonが1年5ミリオン(詳細不明、ボーナス含む最大5ミリオン?)で再契約合意と情報筋。Broncosに19年シーズンに3年30ミリオンの契約でBroncos入り。3年目の21年は1年10ミリオンのBroncosがオプションを持つ契約だった。Broncosは10ミリオンのサラリーが高額としてオプションを行使せずJacksonはFAに。1年5ミリオンでBroncosと再契約。今年もFAのJacksonは1年5ミリオンで再契約となる。4月10日生まれのJacksonはまもなく34才となる。昨シーズンもハードヒットーセーフティーは衰えも見せずJustin Simmonsとのコンビでリーグ有数のSコンビを形成。守備にリーダーでもあるJacksonの再契約はチームにとって大きい。Broncosは2年目となるCaden Sternsが未来の先発と期待している。Jacksonの再契約でSternsに経験と成長にもう1年待つことが出来る。

米プロ野球のMLBが開幕。現地金曜日Denverの地元チームColorado Rockiesの地元開幕戦で始球式。Wilsonは2010年にRocikesのドラフト4順指名選手。2年マイナーでプレイしている。Wilsonは昨年シーズンまで所属していたSeattle Seahawks時代にも地元のSeattle Marinersの始球式を3回行っている。
またWilsonははプレイオフ争いをしているプロバスケNBAのDenver Nuggets戦を観戦。マスコットにサインを求められ、サインしたボールをスタンドの投げ込んでいた。なおこの試合にはS Justin Simmonsも観戦に来ておりWilsonと2ショット撮影も


Broncos今後の練習予定
4月11日~ オフのワークアウト開始。
4月25日~27日 参加義務のないミニキャンプ
5月23、24、26、31、6月1、3、6,7,9,10 OTA
6月13~15 参加義務のあるミニキャンプ

内容は
フェーズ1
2週のスパン中1週間。コンディショニングドリルのみ

フェーズ2
3週のスパン中2週間。フィールド練習可能。同じユニット同士でノンコンタクトのフットボールドリル可能。攻撃対守備などのドリルは不可。

フェーズ3
4週のスパン中3週間(10日間のOTAもここに含まれる)。
7on7、11on11など攻撃対守備のドリル可能。ただしノーコンタクト。
またドラフト後、新人およびキャリアの浅い選手のルーキーキャンプも開催。




  1. 2022/04/08(金) 21:47:44|
  2. 未分類
前のページ

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2253)