broncomaniacのブログ版

19.10.19 Parks手術

KC戦で手の親指を痛めたS Will Parksが試合明けの現地金曜に手術を受けた。バイウィークを挟み11月17日のMinnesota戦、もしくは24日のBuffalo戦が復帰のタイムテーブル。

週明けから怪我人リスト入りしているQB Drew Lock、RB Theo Ridddick、TE Jake Butt、WR Tim Patrickが練習参加開始。ルールでは怪我人リストから復帰出来るのは2人。

KC戦で怒号の8サックを浴びたJoe Flacco。KCはパスラッシュの数を増やしラッシュを浴びせ続けた。Denver PostのRyan O'Halloranは各サックに要した時間を伝えた。それぞれのサックで2.71秒、2.88秒、3.16秒、2.63秒、3.27秒、3.12秒、3.38秒。3.03秒だそう。NFLでは2~3秒の間にサックの58%が記録される。Flaccoが受けたサックで最長は3.38秒。平均で3.02秒。3.5秒以上時間がかかるサックなら明らかにQBの責任とも言えるがこれ以下の数字で守備ラインが割られてはポケットパサーモビリティーゼロのFlaccoには厳しいか。KCはFlaccoにパスラッシュの波状攻撃守備を敢行。KCのLB Reggie Reglandは
「彼(Flacco)は他のQBよりもボールを持つ時間が長いからね」と試合後。
サックの中にはFreemanがパスプロテクションに回りながらも空振り、Phillip LindsayがパスプロでLBに破壊されるなどパスプロテクションをふやしながらもまったく役に立たなかった場面もあった。
Rich Scangarello攻撃Cは持たないライン、球持ちが長いFlaccoに適した攻撃プランを作らない限り、攻撃は厳しい戦いを続けることになる。
なお今年のBroncosの被サック率は9.45%、Flaccoに限れば10%。Flaccoのキャリア被サック率は5.69%。昨年のBroncosのチーム被サック率は5.47%。今年の被サック率ワーストはTennesseeの14.22%、Jetsの14.12%、Miamiの11.39%、Tampaの10.20%、そしてBroncosの順。反対に優れているのがPittsの2.56%、Dallas、3.21%。トップ5までが3%台、トップ12までが4%台。

試合登録は毎試合されていないBroncosの控え攻撃タックルのCalvin Anderson。ルービックキューブが得意。キューブを見てヒントをつかむと、キューブを見ないで全面完成することが出来る腕前。ということで今週16日、なんとAndersonはイギリスのルービックと広報契約を結んだ。プロのスポーツ選手では初。今後ルービックキューブの大きな大会会場で広報、キュービック販促普及活動のため活躍する。Andersonは今年のNY Jetsのドラフト外新人FAで今季はJetsのプラクティススクワッドで開幕スタート。10月にBroncosがロースター契約でかっさらった選手。今年の夏頃から新人NFL選手にとんでもない凄腕のキュービックソルバーがいると映像などが話題になっており、USA Todayなど米大手メディアがAndersonの腕前を報道していた。それが原因となったが英ルービックより嬉しいオファーがAndersonに。新人ドラフト外選手ゆえお給料の少ないAndersonには嬉しい契約となった。Jetsのキャンプにもいつつかのキューブを持参して遊んでいたという。

  1. 2019/10/19(土) 23:26:22|
  2. 未分類

19.10.18 KCに大惨敗

KC@Denverは悪夢に。30-6と大惨敗。4年間プレイオフから遠ざかっているBroncos。今年は違う、とその力をKC相手に見せつけると期待された試合であったが惨敗。
KCのエースQB Patrick Mahomesが膝の怪我で下がってからも見せ場がなかった。Mahomesが怪我で下がりQBにMatt Mooreが入ったがそれ以降でも20-0とやられたBroncos。
攻撃ラインはランのホールを作ることは出来ず、またJoe Flaccoを守ることも出来ず、Flaccoはサックを8回も受けた。Vic Fangioヘッドはパスプレイに関しては全てが崩壊。パスプロ、フリーになれないレシーバー。誰1人Flaccoにチャンスを与えることが出来なかった。Flaccoはパス34回で21回成功213y。8サックで72y下がりファンブルも2回犯した。うち1つはKCのリカバーされリターンTDにされた。この日のKCはパスラッシュで多くに人数を割いたが、Flaccoが受けた8つのサックのうち6個は攻撃ライン+アルファの6人以上でFlaccoを守っている時に受けたもの。
特に3rdダウンコンバージョンとなると何も出来ない状態に。4日前のTennessee戦では13回のサードダウンコンバージョンで成功1。今日は14回で成功2。3rdダウンになればほぼパントという状況が続いてる。
KC戦勝利に絶対必要といわれたランもLindsayとFreemanが合わせて21キャリー71yのみ。かつてのドラ1のLT Bollesは反則を繰り返し今日3つ、合計今季9つ。今年のドラ1のTE Fantは落球を繰り返し、醜態の見本市。
スペシャルチームもなんら助けにはならなかった。McManusがFGを外し、パンターWadmanもフェイクパントからパスを投げようとしサックを受け失敗。Wadmanは左にロールアウトするも、左サイドにBroncosのレシーバーは誰もおらず完全に失敗プレイ。誰かがミスを犯しとんでもないお笑いプレイに・・・。
今季浮上宣言をする予定だったKC戦でのこの醜態。残念ながら宣言したのは今季終了のほうのマイナス宣言だった・・・。

KC戦の敗戦で4連敗時に話題になっていたベテラントレード放出の話題が再び。
次戦は@Indyで現地28日。トレード締め切りが29日。とするとトレードされる選手が出た場合、地元で最後のBroncosとしてのプレイをしたことになる。今季で契約が切れるWR Emmanuel Sanders、CB Chris Harrisを求めるチームがあるのではとされている。また21年まで契約があるVon MillerはBroncosはトレードに応じることはないとも予想されている。可能性が高いのがSanders。次期エースCourtland Suttonはすでにエース格としてプレイ。2番手としてDaeSean Hamilton、現在怪我人リストにいるTim Patrickらに成長のチャンスを与えるためにSanders放出もありえる。一方Harrisに関しては現在のCB陣の状況からないと考える向きも。先発CB Bryce Callahanは未だ怪我で出場無し。De’Vante Bausbyも頸椎に怪我で怪我人リスト入りしている。地元局のTroy RenchはNEがSanders、PhillyがHarris獲得と想像するのは難しいことではない、と伝えている。

週明けから投げる手の親指を痛めていたQB Drew Lockが練習復帰と見られている。現在2-5。2ヶ月も練習を離れていたLockに今季出場は状況的には厳しい。しかし今後も負けが続けば12月には経験を積むためのお試し投入が期待される。

ドラフト1順のTE Noah Fant。今日の試合はパス5回ターゲットでキャッチ1で7ヤードのみ。長いパス2つの落球があった。
Flaccoは
「皆彼のプレイが皆を失望させたと言うかもしれないが、これはチームスポーツ。彼だけでなく我々全ての敗戦だ」と話した。
今日のFantへのミドル~ロングパスコールはFantへの期待の表れ。長い間レシービングTEの活躍不足に悩んでいるBroncos。今年のドラフト1順のFantへの期待は大きい。しかしTennessee戦でもロングパスのボールを失い落球。今日はロング2回含む3の落球。TEではすでにFantはHeuermanを上回るプレイスナップ参加数になっており、ほぼ実質チームのNo1TEとなっている。チャンスは与えられている。あとは自分の力で成績を残さねば・・。

ILBでCorey Nelson試合登録から外れ、またハムストリングの怪我から復帰したJosey Jewellは守備スナップ参加はわずか3。スペシャルチームでは29でプレイしているためハムストリングの怪我は全快。完全にAlexander JohnsonがILB先発の座を手にしている。

今オフ目玉のFA補強選手だったRT Ja'wuan James。次戦Indy戦から出場の見込み。

S Will Parksが親指を骨折。本人は3週間ほどのアウトで戻れれば、と話している。

  1. 2019/10/18(金) 23:27:52|
  2. 未分類

19.10.16 練習開始

次戦KC@Denverはサーズデーナイト。ショートウィークのため今週は2日間の簡単な動きのみのウォークスルー練習のみ。火曜の練習でアウトはCB Bryce Callahan。LimitedがRT Ja’Wuan James、CB Duke Dawson、Derek Wolfe。Tennessee戦で膝を痛めたEmmanuel Sandersは練習フル参加。
先発に昇格した試合で足を痛めTenn戦の準備週で怪我をしTenn戦を欠場したDawsonは“恐らく出場出来る”とFangioヘッド。ただし先発はTenn戦で先発したDavontae HarrisとFangioヘッド。

Broncosはデプスチャートを更新。今季先発エンドだったAdam Gotsisはエンド3番手にまで降格。先発エンドはNT先発からエンドに移動したSheilby Harris、また3年目のDeMarcus Walkerが控えでついにブレイク、2年間でキャリア2サックの元ドラ2は今季3サックを記録。
また先発ILBはAlexander Johnson、Josey Jewellは控えになっている。

ILB先発に定着か?のAlexander Johnson。CB45というアパレルブランドを立ち上げている。CBはContinue Believing、信じ続ける、という意味だそう。そして2つ目の意味もあり、Chief Beastということだそう。ChiefはリーダーでBeastはbestの意味で、自分の分野のベストを目指せ、ということだそう。
Broncos守備ラインはここ数ヶ月、格闘技のジムでムエタイ、キックボクシングの練習を取り入れており、Von Millerも参加。Millerはこのオフはその場でAlexander Johnsonと良く知り合えたという。

今季オフにBroncosからOaklandに移籍したBrandon Marshall。Oaklandではロースターに残れず今もFA。そのMarshallがCBS Denverで面白い話しを。Oakland RaidersはKCと開幕2試合目で対決したが、キャンプの時からすでにKCのための準備練習をしていたという。
「1週間じゃなく1ヶ月も準備したけど負けてたけどね」とMarshall。KC戦の前に当たる開幕戦の対戦相手Broncosの準備はキャンプ中にはなかったという。

Tenn戦ではブルージャージーでプレイしたBroncos、今後はW13のLA Chargers戦がブルージャージ。W16のDetroit戦がカラーラッシュオレンジ。次戦のKCはサーズデーナイトだがカラーラッシュを選択せず通常のノーマルオレンジジャージでプレイ。以前はサーズデーナイトはカラーラッシュ固定だった。

  1. 2019/10/16(水) 23:33:24|
  2. 未分類

19.10.15 次戦はKCと木曜決戦

次戦KC@Denverのサーズデーナイト。日本では金曜午前の試合ですが速報更新ありません。

Chris Harrisがインターセプトを記録。キャリア20個目でChamp Baileyに20個目のインターセプトボールをプレゼントすると約束していたという。

Tennに勝利で2-4。次戦は現地木曜、日本時間金曜午前に地区ライバルKCとの激突。勝利すれば今季のBroncosはプレイオフを十分狙えるチームと証明出来る大きな試合怪我人状況は悪くない。Tenn戦で膝を痛め後半出場しなかったWR Emmanuel SandersはKC戦に出場出来る可能性があるという。またRT Ja'Waun Jamesも膝を痛め5試合欠場しているが復帰に近くなっている。次はサーズデーナイトゆえ3日間の怪我人リポートは月曜から。月曜は練習がないため、推測リポートとしてもし月曜に練習があった場合、アウトがBryce Callahan、limitedがTenn戦を欠場したCB Duke Dawson、他Shelby Harrisが脇腹、RT Ja’Wuan James、G Ron Learyが肩、NT Mike Purcellが膝、WR Sandersが膝、エンドDerek Wolfeが膝、と球団が発表している。

リーグのルールでは今週から開幕から怪我人リストに入っている選手が復帰を目指し練習可能となる。QB Drew Lock、TE Jake Butt、RB Teheo Riddickらが該当。ただし今週はショートウィーク。木曜にKC戦のためほぼ練習はない。火曜と水曜にウォークスルー練習のみ。さらに怪我人リスト組は練習開始から21日以内にロースター登録しなければならない。またBroncosのバイがW10に設定。今週から練習復帰だとW9でプレイ可能で翌週はバイ。ゆえ怪我人リスト組の練習参加は今週は見送られ来週からとなるかもしれない。Lockは痛めている投げる手の保護具はすでに外れておりスローイングも行っている。RB Riddickはまだ回復に時間がかかるという。なお開幕戦後怪我をしたWR Tim Patrickはルールでは来週から練習参加可能になる。

Tenn戦の主な選手の出場スナップ。TE Fantが65%、Jeff Heuermanが52%、Andrew Beckが18%のスナップで出場。Buttが復帰となると試合登録から外れ続けているFumagalliがどうなるか。ブロッキングに秀でているBeckが阻むことになるのか。
RBではFreemanが61%、Lindsayが47%。キャリー数ではFreemanが11、Lindsayが15だった。守備ラインは完全にローテーションシステムになった。Wolfeが66%、Shelby Harrisが54%、Dre'Mont Jonesが37%、DeMarcus Walkerが34%、Mike Purxellが30%。OLBはVon MillerとMalik Reelの先発2人が共に89%、Jeremiah Attaochu、Justin Hollinsの控えが8%。セカンダリーではCB Danontae HarrisがNFL初先発で100%。ほかJustin Simmons、Kareem Jackson、Chris Harrisも100%。ニッケルコーナーにはSのWill Parksが入り71%。Isaac Yiadomは19%だった。ILBはTodd Davisが100%、Dino、恐竜のニックネームで本人的には“ジュラシックワールドのあれ、えっとなんだっけヴェロキラプトル!”のAlexander Johnsonが87%。開幕先発ILBのJosey Jewellは0%で出番なしだった。

  1. 2019/10/15(火) 23:39:00|
  2. 未分類

19.10.14 はい2つ目! ラグビー日本代表は4つ目!

1234
Tennessee00000
Denver337316

Tennessee Titans戦の出場登録から外れたのは
RT Ja’Wuan James (knee)
CB Bryce Callahan (foot)
CB Duke Dawson (foot)
DE Adam Gotsis
TE Troy Fumagalli
WR Juwann Winfree
OT Calvin Anderson

RT Jamesは今週もアウト。復帰は来週か。CBではCallahanに続きDawsonも欠場。今週の練習で足を痛めてしまった。Broncosは元の先発のCallahan欠場、Yiadomから出番を奪って先発となったBausbyが欠場。そしてさらにDawsonが欠場。
DE Gotsis、TE Fumagalliは今週も怪我ではなく戦力外により登録から外れた。
怪我人続出でDavontae HarrisがCBで先発。2年目でNFL初先発。ニッケル体系ではSのWill Parksがニッケルコーナーに多く入る模様。契約したばかりのCB Coty Sensabaughも試合登録されている。
ILB Josey Jewellがハムストリングから復帰し試合登録しているが、先週大活躍のAlexander Johnson がILBで先発。守備ラインも先週同様Mike PurcellがNTで先発、NTのShelby Harrisがエンドで先発。

試合前のBroncos TOP100選手に選出された43人の紹介。殿堂入りのBailey、Zimmerman、Sharpeらは殿堂のゴールドジャケットを着て登場。
ハーフタイムにはBailey再登場でチームの殿堂セレモニー他。今日は盛りだくさん。

木曜に雪が降ったDenver。本日は20℃とぽかぽか陽気。

今日の観客は72024人。チケット持って会場にこなかったノーショウは3791人。

Broncosは地元4連敗仲。

Broncosがキックオフに勝ちディファー。

前半
第1Q
Tenn攻撃1
自陣25yから。Mariotaのスクリンパス失敗、Henry3yランで開始、3rdダウン7でILB Alexander JohnsonがスクランブルのMariotaをとめてサック。3凡。

Spencerが42yリターン。

Broncos攻撃1
Tenn陣45yから。Lindsay、Freemanのランがぽかすか前進。レッドゾーン入る。先週1キャッチのE Sandersをプレイにからませようとクイックスクリンするもゲインなし。Tennが最初の数プレイでILBに怪我人2人。3rdダウン8でFlaccoのパスがほんのちょっと内側になったためWR Courtland Suttonが守備に邪魔されキャッチ出来ず。少しリード気味のパスならとれたかもしれないけど、まぁこれは微妙すぎてしょうがない。McManusのFGで3-0と先制Broncos。

Tenn攻撃2
自陣25yから。
Tennまたも3凡。Mariotaパスの精度悪く、解説のJames LoftonにNFLレベルなら通さないとと怒られてる。

ロングパント、Spencer左右からTenn選手に襲われリターン出来ず。

Broncos攻撃2
Tennは怪我したILBの2人の内Evansは試合復帰とリポート。
自陣12yから。3rdダウン6はSuttonでファーストダウン。Elwayボックスでプレイシートみたいなの見てるけどGMがプレイシート持ってるんだろうか。このドライブ、ライン戦で負け、Flaccoもラッシュを多く受け、一度のファーストダウンでパント。よかったのは最初のドライブのランプレイ数発だけで、あとはTenn守備に止められている。

Tenn攻撃3
自陣15y。
Mariotaパスヒットでファーストダウン、S SimmonsがファンブルリカバーもSimmonsがサイドワイン割って拾ったためターンオーバーならず。3rdダウン6でパス失敗はDevontae Harrisの反則でファーストダウン。凄い厳しい判定な気もするが解説のLoftonは気に入らないかもしれないがまぁ反則だとしている。Mariota、キャッチボールレベルのRBのフラットパスを失敗。Mariotaはスクリーンが今年うまくいっていないという。3rdダウンパスヒット後、Devvontae Harris&Chris Harrisがファーストダウンぎりぎりで仕留めパント。

Broncos攻撃3
自陣15yから。3rdダウン1でTE Noah Fant動き反則下がる。3rdダウン6からFreemanのパスキャッチは数インチ足りず。自陣24yでは数インチとはいえギャンブル行かずパント。

第2Q
Tenn攻撃4
パンターWaddman今日はかっ飛ばす。なおTennパンターも元BroncosのBredd Kerrn

自陣20yから。
C Harrisがなんだかよくわからないホールディングとられる。今日は判定厳しい。解説の元WR Loftonもどこが反則かわらん、良いプレイだった、と解説。今度はDerek Wolfeがホールディングの反則とられる。反則2つでとられたファーストダウン以外は進ませずパント。

最初のBroncosの攻撃以外両チームあまり前に進まず。パントで相手陣深くまで蹴って、攻撃を繰り返している。

Broncos攻撃4
自陣15y。3rdダウン3でCBがブリッツでノーブロックでつっこんできたためFlaccoはボール適当投げ出し失敗で3凡。

Tenn攻撃5
自陣26y。3rdダウンで初めてMariotaファーストダウンヒット。MariotaスクランブルしたらShelby HarrisやらHollinsやらやたらめったらにヒットされる。Harrisのサックとなった。先週3メンラッシュ成功に味をしめたFangioヘッド。2メンラッシュを敢行。MORE COVER GUYS作戦でMariota投げるとこ来なく、Millerがプレッシャーでパス投げだし失敗。一度のファーストダウンでパント。

Broncos攻撃5
自陣15yから。サイドライン際に1対1のSuttoneへのロングパスヒットで40y前進で敵陣に。3rdダウン1でLindsayでとれずMcManusの53yトライへ。McManusは50y以上のFGは7回連続失敗中。今回は成功!。6-0とリード広げる。Suttonのロングボム一発でとった得点だった。

Tenn攻撃6
自陣25yから。Leny Walkerへのパスで17y前進今日最長プレイ。3rdダウン6でDerek Wolfeがサック、一度のファーストダウンでパントに。

Broncos攻撃6
自陣15yから。タイムアウトが1個で残り2分。タイムアウト少なく、危険を犯したくないのかランで時間をつぶしに行くBroncos。Learyホールディング。さらにBolles久しぶりにホールディングはTenn取り消し、ランで大きくロスしていた。ショットガンでMcGovernのスナップが乱れ超低空。Flaccoなんとか拾うも危険ゆえ自分でダウン。
なんとTennに良い陣地と攻撃権を渡すやらかしオフェンスとなってしまった。

Tenn攻撃7
自陣46y、タイムアウト2つ、残り前半48秒。Chris Harrisインターセプト。黄色い旗が出たので心配したがインターセプトのリターンの際のイリーガルブロックだった。
Mariota今季初インターセプト。

Broncos攻撃7
自陣40y。あと25y進めばMcManus圏内。Flaccoスクランブルでファーストダウンとれそうなシーンながら、前にいるSandersにお前走ってくれと投げ失敗。3rdダウン1でFlaccoがSuttonにロングパス投げ失敗もSuttonがオフェンスインターフェア。FG圏内へ進むためのファーストダウン狙いののプレイでなくロングボム選択。パントに終わる。

前半終わり。6-0でBroncosリード。
守備戦なんだろうか。互いの攻撃がショボいだけか。
BroncosはFlaccoは結構ラッシュを受けている。13回で7回成功80y。Suttonへ40yボムがあるのでそれを除くと悲惨。Suttonのロングパス以外は決まったのはえらい短いショートパスのみ。ランが出ないのでラッシュ受け放題気味なのでそもそもターゲットを見つける時間ももらえていない。ランはLindsayが8回31y、Freemanが8回25y。ファーストドライブで出ただけで後はラン攻撃は出ていない。タックル間のランは完封されている。
ぐだぐだなのはTenn攻撃も同じ。なにせMariotaのコントロールが壊滅的。そんなにコントロール悪くてええのかという外しっぷり。ランもHenryが9回22yと壊滅的。NTのPurcellが2回、解説のLoftonに褒められていた。とにかくパントパントの繰り返しが延々と続く、両チームのファンでないNFLファンなら間違いなく他の試合にチャンネルを変える酷い試合になっている。

ハーフタイム、故Bowlenオーナー、Champ Baileyの殿堂リング受け取りセレモニー。Baileyのチーム殿堂入りセレモニーが。
Bowlenオーナーの代わりに今日も6人兄弟姉妹集まる。毎回故Bowlenオーナーの代わりに6人全員集まるけど、次期オーナーを巡り姉妹で戦争をしているけど、それはそれ、パパのためには一致団結という感じなのだろうか。

E Sandersが膝でアウトとリポート。

後半
Broncos攻撃1
自陣25yから。
Fantファーストダウンパスキャッチ。3rdダウン2でFantへハイボール、Fantボール見てなく背中にボールあたりTennインターセプト。どういうことだこれは。自分にボールが投げられていないと思ったのか。上を見上げて落ちてくるボールに反応しておらず、ボールがきてないと判断しているようなので、可能性として太陽でボールが見えなかったのかもしれない。スタジアムの影からすると、太陽方向からボールは落ちている。昔Ed MaCaccreyもTDボールを太陽で見えなくて落球してる。旧マイルハイは太陽でよく見えない、というパスがちょくちょくあったけど隣に出来た新スタジアムは前より影響は少ないのか。
なんにせよ珍プレイインターセプトだった。

Titans攻撃1
自陣42yから。Tenn攻撃も期待裏切らず3凡。Broncosセカンダリーが大健闘で今日はMariotaがターゲット見つけて投げるところはほとんどない。Wolfe痛む。

Broncos攻撃2
自陣10yから。Daeshawn Hamiltonへファーストダウン危険地帯抜ける。次のファーストダウンはボール1個取れずパント。

Yiadomリターナーに迫り良いストップの貢献者になる。

Tenn攻撃2
自陣14yから。Wolfe出場してる。3rdダウン7くらいでMariotaが激しいラッシュを交わして長いパス投げるもSimmonsが2試合連続インターセプト。今季Mariota、Broncos戦までインターセプトなしも今日2つ。

Broncos攻撃3
敵陣41yから。Freemanのミスディレクションスイングパスで18yゲイン。次のFreemanのランでレッドゾーン入る。Hamiltonファーストダウンでファーストダウンゴール5yに。
TennサイドラインでTannehillがウォームアップ。Lindsayのプレイアクションフラットであと2y、LindsayランでTD、13-0とBroncosリード広げる。

Tenn攻撃3
自陣30yから。QBにTannehill入る。Kareem Jacksonがランをロスタックル。3rdダウン8でTanehillがファーストダウンパスヒットでさらにタックルミスもあり42yゲインも攻撃のパスインターフェアで取り消し。3凡で終わる。

Broncos攻撃4
自陣10yから。高速レシーバーFred BrownがNFL初キャッチ記録も3凡。
ラン出ず、Flacco追っかけられて何も出来ず。

Wadman今日一番短いパントとなる。40yくらいか?

Tenn攻撃4
自陣44yから。

3Q終了でBroncos守備は8Qで許したTDゼロ。

第4Q
Tenn攻撃中。
TannehillファーストダウンパスヒットでBroncos陣に。DeMarcus Walkerサック。MillerがTannehillにプレッシャー。2人はTexasnA&Mのチームメイト。3rdダウン13はCorey Davisがサイドライン際でキャッチか、というプレイを見せるもアウトオブバーンズでパント。

良いパント。

Broncos攻撃5
自陣3yから。Learyフォルススタート。3凡。Bollesに代わり最近はLearyが反則王になりつつある。

ここまで両チームサードダウンコンバージョンが23回で成功2回のみ。

パントまたもしょぼい、そこそこリターンもよい。

Tenn攻撃5
Broncos陣36yと絶好のチャンス。Alexander Johnsonがランロスタックル。Tannehillパスヒットでレッドゾーン入る。Purcellランロス。Tennは今季NFLロスプレイ最多チーム。3rdダウンパスはC Harrisが阻止、4thダウン3のギャンブルへ。逃げるTannehillをD WalkerとMalik Reedがサック。ギャンブル失敗。Walker遅れてきた期待のドラ2、ようやく今年活躍。今日Broncosは5サック。ただカバレッジサックが多く、セカンダリーのグッドジョブの結果も多い。

Broncos攻撃6
自陣18yから。Suttonキャッチ後パンチングでファンブルもボールはサイドライン出る。3rdダウン4でSuttonでファーストダウン。Lyncsay前がつまり大ロスか、と思ったら外回ってロングゲイン、一気に敵陣25yへ。元BroncosのWesley Woodyardがサック。McManusの48yFGトライへ。成功。16-0とリード。ただ8×2でまだ2本差には変わりなし。

Tenn攻撃6
自陣25y。試合残り4分53秒とTDマストドライブ。Broncosセカンダリーはかなりクッションを置いて守ってる。ゲインさせても時間潰せばいいよ守備。ちゃかちゃか進むTenn。Alexander Johnsonサック2つめ。Wolfeサック。今日Broncos7つもサック。1試合7サックは2015年のスーパーボウル制覇シーズン以来だそう。4thダウン11でBroncos陣12yで当然ギャンブルのTenn。Kareem Jacksonがインターセプト。

Broncos時間つぶしておしまい。16-0とBroncosが守備の大活躍で完封勝利。
なんと2連勝で次の試合はサーズデーナイト、2連敗中のKCと激突。攻撃はえらい心配だが、KC戦ではなんとか守備にがんばってもらって僅差で食らいつきたい。

ファン選出TOP100選出で今日スタジアムのイントロダクションに参加した今日スタジアムにきたBroncosの元選手達。現役選手は試合前なのでまだロッカーなので参加せず。
Steve Atwater, Keith Bishop, Dwayne Carswell, Rubin Carter, Barney Chavous, Ryan Clady, Ray Crockett, John Elway, Simon Fletcher, Steve Foley, Randy Gradishar, Daniel Graham, Mike Harden, Chris Harris Jr., Paul Howard, Mark Jackson, Rich Tombstone Jackson, Vance Johnson, Chris Kuper, Ken Lanier, Floyd Little, Peyton Manning, Karl Mecklenburg, Von Miller, Gene Mingo, Jim Ryan, Emmanuel Sanders, Shannon Sharpe, Dennis Smith, Rod Smith, Bob Swenson, Billy Thompson, Jim Turner, Rick Upchurch, Billy Van Heusen, Steve Watson, Al Wilson, Alfred Williams, Sammy Winder, Derek Wolfe, Louis Wright, Gary Zimmerman。Champ Bailey


  1. 2019/10/14(月) 08:27:53|
  2. 未分類

19.10.12 Titans戦は勝ちたい

Tennessee Titans戦の出場ステイタス。クエスチョナブルがRT Ja’Wuan James、S Trey Marshall、CB Duke Dawsonの3人。アウトはCB Brcye Callahan。
ILB Josey Jewellはハムストリングの怪我から復帰するがILBとして先発するのかは不明。Fangioヘッドはプレイの数は試合展開によるとし、また先発でない可能性もあると話した。先週はAlexander Johonsonが代わりに先発。インターセプト含め大活躍だった。

2016年のドラフト6順指名選手のFB Andy Janovichが3年5.7ミリオンの延長契約に合意。今季が新人年に結んだ契約の最終年だった。
「16年に彼を指名して以来、彼はリーグトップレベルのFBに成長した」とJohn Elway GM。Janovichの年平均1.9ミリオンのサラリーはFBではリーグ3番目。SFのKyle Juszcykが年平均5.25ミリオンでぶっちぎりでトップ、2番目がBuffaloのPatrick DiMarcoの2.1ミリオン。

現地金曜はBroncos出身の名選手が集結。今週末のTenn戦は故Pat Bolwenオーナー、Champ Baileyの殿堂入りのリング授与。先立ち金曜にBaileyの球団の殿堂入りセレモニーのイベントなどが開催。この夏に発表されたBroncos歴代トップ100選手も34人(40人報道も)が集結。
オレンジクラッシュ時代からElwayのチームメイト世代のVance Johnson、Shannon Sharpe、Dennis Smithら。Peyton Manningの大学の一年先発のLB Al Wilson、そして近年のPeyton ManningやRyan Cladyらが集まった。

John Elwayがトレード放出候補になっている選手はいない、と話した。
1-4のBroncos。今月29日が締め切りのトレード。Von Miller、Chris Harris、Emmanuel Sandersらの放出もあるのではと見られている。
「名前が出ているのは我々が出した者ではない。誰もトレードの対象にはなっていない」とElway。

10月27日のIndy戦が米東部現地午後4時25分から午後1時試合開始に変更。

  1. 2019/10/12(土) 23:49:34|
  2. 未分類

19.10.12 Jewellフル復帰

Tennessee Titans戦に向けた怪我人リポート。現地木曜の練習で不参加はCB Bryce Callahan。LimitedはRT Ja'Wuan James、S Trey Marshall、CB Duke Dawson。前日水曜の練習でlimitedだったWR Courtland Sutton、Emmanuel Sandersらがこぞってフル参加にグレードアップ。特にILB Josey Jewellがハムストリングの怪我からフル参加となっているのは大きい。ILBでは先週のLA戦でJewellの代わりに先発したAlexander Johnsonが大活躍している。次戦Jewellの復帰でどのような布陣になるか。不安はCB Dawson。前日はフル参加だったが木曜は足の痛みでlimitedにダウングレード。CB陣は不安ばかりなので心配。

Fangioヘッドは会見で選手に駄目だしすることが多く、Von Millerに関しても良い所だけでなく、悪い箇所も指摘する。
Millerは
「自分はこう考えている。もし子供がいて、子供がいい試合をしたか、まぁまぁだったか、父親は息子の良いプレイをしてほしいだろ?厳しいコメントは愛ゆえだと思ってるよ。コーチも僕にベストなプレイをしてほしいからこそだとね」と話している。

LA Chargers戦でDavontae Harrisに出番を奪われたCB Isaac Yiadom。原因は反則を繰り返し犯したからとEd Donatell守備C。
「アサイメントをしっかりと、そして良いテクニックを使いプレイしないといけない。彼はそれが出来なかった。だから交代となった」とDonatell。YiadomはW3のGreen Bay戦でもDe’Vante Bausbyに途中交代されている。LA戦ではBausbyが怪我。そのためYiadom投入となったがあっという間にHarrisに変わられていた。
とはいえ本人はけして落ち込んではいない。
「自分としてはそれほど無様な状況とは思っていない。毎日頑張ってやってるし今後もそうだよ」と話している。

ウエストコーストオフェンスといえば試合前に最初の15プレイは台本通りに進行・・・と言われるが実際にLA Chargers戦では用意した台本どおりだった。攻撃最初のドライブは7プレイかけTDに。次のドライブでも5プレイでTDに。2ドライブ目のCourtland Suttonの70yキャッチ&ランでのTDはもちろん台本上ではTDを取るプレイではなかったが、しかしScangarello攻撃Cの作ったスクリプトは2ドライブは完璧だった。
しかしBroncosは台本から外れた2ドライブ以降はFG2本で終了してしまった。
試合の流れでのコールがScangarello攻撃Cは苦手なのか?
Scangarello攻撃CによるとLAの対応、アジャストが良かったからだという。
「試合全体のスクリプトを用意出来ればそれが一番だけどね。でも相手守備Cのアジャストでそれは無理なんだ。LAのGus Bradley守備Cのアジャストがとても素晴らしかったんだよ。特にうちの3rdダウンでのプレイでは彼ら守備は今年フィルムで見る限り見たことがないことをやってきたしね。多分依然使っていたものだとは思うけど。Emmanuel(Sanders)のボールタッチが少なかったのもそれが影響している」とScangarello。Sandersはここ2試合でわずか3キャッチ19yのみとなっている。



  1. 2019/10/12(土) 00:50:21|
  2. 未分類

19.10.09 ロースターチェンジ

LA Chargers戦で今季初勝利、1-4とまだまだ負け越しのBroncos。次戦は地元でTennessee Titansを迎える。オッズはBroncosの2.5ポイント有利。Broncosが初勝利をあげたことを受けてのオッズではなく未勝利の先週の時点でBroncos有利予想が出ていた。

BroncosはLA戦で頸椎を痛めたCB De’Vante Bausbyを怪我人リストに入れ、昨年Pittsの先発コーナーだったCoty Sensabaughと契約した。
LA戦でチームメイトAlexander Johnsonに頭部をヒットされ救急車で病院に搬送されたBausby。その日のうちに病院から解放され大事なかったが後遺症が残っている。現地火曜日、球団施設に来たBausbyは動きはゆっくりだった。
「問題はないけど、動きが少しまだおぼつかない。まぁ今週はこんな感じだろう」とBausby。ヒットを受けた後、意識はあったが30分ほどは体が動かせず感覚もなかったという。その後足が動かせるようになり、数時間後には体全体が問題なく動かせるようになったという。本人は今季中の復帰と考えていたが現在のBroncosの、特にCB事情からはBausbyが回復するまで53人ロースターに残すことは出来なかった。
新契約したSensabaughはキャリアを通じてチーム3番手コーナーが主な選手だが使い勝手が良く過去7シーズンの間は年最低13試合は出場している。2012年のTennessee Titansのドラフト4順指名選手。当時のTennesseeはヘッドが現在のBroncosの攻撃ラインコーチMike Munchakだった。新人時に3試合先発、以降契約満期まで各シーズンに3試合、6試合、15試合に先発。16年はLA RamsとNY Giantsと2チームで13試合2先発。17年から2年契約でPittsと契約し初年度4試合、昨年は10試合に先発。この時Munchak攻撃ラインコーチはPittsの攻撃ラインコーチだった。Broncos入団でMunchakとは3球団目の同じチーム在籍。先発経験も豊富で試合出場も100試合を超える。
5-11、187パウンド、30才。スピードに富みドラフトコンバインでは40yを4.42秒。加えてスマートな頭脳も評価されている。元はスロットコーナーだったがPittsではアウトサイドコーナーとしてプレイしていた。
2年のPittsの契約が満期となりFAとなった今オフ、複数球団との契約が可能だったがチャンスを待っていたら売れ残ってしまった・・・らしい。現地火曜日にBroncosは5人のCBのワークアウトを行い、SensabaughのみがBroncosの求める基準クリアだった。他David Anderson、Shareece Wright、Deaatrick Nichols、Chris Campbellがワークアウトに参加していた。Sensabaughは早急にチームのプレイブックを覚え、システムになれないといけない。Broncosは開幕直前にDuke Dawson、Davontae HarrisとCB補強をしたが2人が試合に出るようになったのはそれぞれW4、5になってから。それも緊急事態での出場でFangioヘッドの言葉から判断すると、もっとシステムに慣れるために時間を与えたい、というのが本音だった模様。Fangioは両コーナーの試合の出来に関してはともに“不十分な準備期間というなかでよくやっている”という評価で、少ない練習量が・・・などの準備不足のコメントが必ずついている。公式戦が始まると相手チームの準備練習のみで、新選手のシステム習得の練習時間はほとんどとんれないことFangioヘッドは以前に話していた。DawsonとHarrisに関しては加入から1ヶ月以上たっている。しかしこの緊急事態ではSensabaughに1ヶ月もの時間は与えることは出来ないかもしれない。先発CB Bryce Callahanは怪我で復帰に時間がかかる。Isaac Yiadomは出番が与えられる度に狙われやられている。

Tenn戦でBroncosはオルタナジャージ着用。ネイビーブルーの上に白いパンツ。

LA戦でのBroncosはパスの状況ではラッシュを捨て3メンラッシュでの場面が多かった。LA戦では3人のみのパスラッシュは14プレイ。開幕から3人のみのラッシュプレイはOak戦が2、Chicago戦が4、GB戦が4、Jax戦が3のみだった。
減ったのはミスタックルの数。開幕のOak戦からミスタックルの数は11、7、2、15、LA戦では1だった。

Bradley Chubbが現地水曜に膝の靱帯部分断裂の修復手術を行う。

プレシーズンで投げる方の手の親指を痛めたQB Drew Lock。LA戦の前にフィールドでスローイング練習を行った。現在怪我人リスト。リーグのルールではTenn戦明けの週から練習復帰が可能で、怪我人リストから外しロースターに戻すか、そのまま怪我人リストでシーズン終了か、の判断猶予が3週間ある。Broncosは怪我人の数が増え続けており、新人で今季は勉強のLockをロースターに残すかどうかは、チームの事情による判断になりそう。Lock本人は球団からまだ今後のプランは何も聞いていない、と話している。

  1. 2019/10/09(水) 23:48:34|
  2. 未分類

19.10.08 怪我人幸い

試合中に頭部に激しいヒットを受け病院に搬送されたDe’Vante Bausby。検査で問題なく一安心。脊髄圧迫で数試合休む見込み。場所が場所だけに復帰のタイムテーブルは不明。
Justin Hollinsは軽度の膝の挫傷と捻挫。Fangioヘッドによると週様子見レベル。1試合、もしくは2試合ほどの欠場になるかもしれない。

CBはBroncosの悩みどころ。Bryce Callahanはあと数週間アウト。Chris Harrisの先発相棒は開幕からIsaac Yiadom。イマイチでBausbyがその座を奪い活躍。そのBausbyが倒れYiadom投入も結局良いプレイは出来ずLA戦ではDavontae Harrisが途中から入っていた。今後はDuke DawsonとDavontae Harrisに期待することになる。またFangioヘッドはCBの補強獲得も考慮されており火曜、もしくは水曜までのなんらかの決断がされると話した。とはいえ
「あまり良い選手はFAで残っていないからね」とも話している。CB事情でニッケル時にはSからコーナーにシフトしていたKareem JacksonはやはりSに固定したいとFangio。
LA戦でのランプレイでの活躍からも動かしたくない。
「Duke Dawsonが良いプレイをしてくれればKareemをSに固定出来る。LA戦でのDawsonは素晴らしかったというレベルではないが頑張ってくれたし褒められる出来だったと思う」とFangioヘッド。

ヘッドコーチとして初勝利をあげたVic Fangioヘッド。
「自分の初勝利ではなくBroncosの初勝利」とし試合ボールは受け取らず守備のAlexander Johnsonへ。ILBで先発しインターセプトを記録。おしくも試合を決める2つ目のインターセプトチャンスは落球となったが9タックルも記録。MVP級の活躍だった。ProFootballFocusが与えたLA戦でJohnsonのグレードは91.9。これは今季Broncos選手5試合を通じて最高評価だった。Johnson はTennessee大学時代のレイプ容疑で2015年のドラフトを棒に振った。昨年法的問題がクリア、8月にBroncosと契約。昨年は53人ロースターに残るも守備では勉強のためプレイせず、11月に戦力補強のためカット、プラクティススクワッドで過ごしていた。2年目の今年も同様に開幕4試合でまったく出番無し。なぜここまで出番が与えられなかったのか、Fangioヘッドは
「彼はたくさん学ぶ必要があったからね。いつかどこかの時点でチャンスはあるとはわかっていたけどね。スペシャルチームでも学ぶことがあったし」と話した。ただしプレイぶりには完全に賞賛ではなく、まだまだ修正しなくてはいけないことが多いとFangio。とはいえ先発としての出場起用には相応しい出来とFangio。
また守備ラインMike Purcellの出来もよかったとFangio。LA戦では先発エンドAdam Gotsisを試合登録から外した。エンド、タックル両方プレイ出来る先発NTのShelby Harrisをエンドに回しPurcellをNTで起用した。

高速リターナーDiontae Spencer。WRとしても期待され出番を増やしている。チーム内の評価も良いが、Spencerの悪い癖なのか、パントリターンの際に自陣深くに落ちてくるパントキックも全部キャッチ。キャッチせずにスルーすればエンドゾーンに転がりタッチバックになりそうな角度のパントもキャッチ、エンドゾーン間際からの攻撃開始の場面が2戦連続。Spencerは過去3年カナディアンフットボールでプレイ。CFLではパントのフェアキャッチがない。またフィールド面積がNFLより10%増。スペースが広いゆえパントはリターンすることが通常。CFL時代のルールがまだ抜けてない?
Fangioヘッドは
「あの状況ではコーチングされていることが出来ていない」とSpencerのプレイにちょっとお怒りモード。

LA戦でQB Joe Flaccoはパスドロップバックで60.9%でプレッシャーを浴びた。60%以上のプレッシャーにもかかわらずチームが勝利したのは2016年W7のAndrew Luckの61%
以来。

次のTennessee Titans戦は殿堂入りした故Pat Bowlenオーナー、Champ Baileyに殿堂リングの授与セレモニーが行われる。またBaileyはチームの殿堂入りセレモニーも。Titans戦ではBroncosの2~3ポイント有利予想。

Denverに冬が。日中は20℃以上にまで上がるも、朝晩は冷え現地今週水曜の夜は雨だが雪交じりになるかも。金曜は日中でも気温が上がらずかなり寒くなる。日曜の試合は地元Denver。朝は氷点下昼は18℃~20℃くらい。少しばかり今年は寒くなるのが早いDenver。

  1. 2019/10/08(火) 23:54:50|
  2. 未分類

19.10.07 何とかかーーつ 

1234
DEN1433320
LA Chargers007613


@LA Chargers戦
試合登録から外れたのは
Juwann Winfree
Bryce Callahan
Josey Jewell
Ja'Wuan James
Calvin Anderson
Troy Fumagalli
Adam Gotsis

ILB JewellとRT Jamesは来週復帰へ。驚きは先発守備エンドAdam Gotsis。怪我は報告されておらず、プレイの出来が原因の登録アウト。代わりにMike Purcellが開幕戦以来久しぶりに試合登録。Gotsisに代わりそのまま先発に入ればSF時代の16年以来の先発。Broncosの先発守備エンドのDerek Wolfe、Gotsisともに今年で契約切れ。新しい先発エンド探しが早くも開始の目的もあるか?ほかエンドはDeMarcus Walker、新人Dre'Mont Jonesがいる。
LAは元BroncosのT Okung、TE Virgill Greenが怪我をしており出場は不明だったが試合登録された。

LAの本拠地、相変わらず観客席にオレンジ多し。
LAコイントス勝ちディファー

前半
第1Q
Broncos攻撃1
自陣25yから。Flacco、プレイアクションからHuereman25yヒットで開始。Lindsay20yラン、次ぎ12yと3プレイでレッドゾーン。Freemanランでファーストダウン。ファーストダウンゴール5yに。Freeman1y、Lindsay4yでTD。
解説はTony Romo。Broncosファンの歓声がとても大きいと話している。7-0とBroncos先制。

LA攻撃1
リターンするも自陣15yで止まる。Rivers、復帰のRB Gordonへの5yスイングパスで開始。エンドPurcell先発してる。3rdダウン4はHarrisカバーのKeenan Allenでファーストダウン。しかし次のファーストダウンは取れずパント。このドライブ、ランはきちんど止めた。パント。

Broncos攻撃2
自陣19yから。ショットガンからのスナップがやや乱れ、Flacccoファンブル、拾ってパス投げだしで危うくターンオーバー。次のショットガンスナップも危なかったMcGovern、3rdダウン9でFlaccoスナップ慌ててキャッチしてSuttonへファーストダウンパスヒット。RomoがSuttonはでかいし素晴らしいとかSutton褒めてたら、Suttonがキャッチ後2人タックルかわしてエンドゾーンへ。70yのTDパスヒット。25yパスで45ySutton走った。14-0とBroncosリード広げる。

LA攻撃2
自陣14yから。Von Miller、パスカバーしたら守備ホールディングとられる。Broncos、ILBにAlexander Johnsonがかなり出ている。Broncos今季初ターンオーバー。RiversがMiller
のプレッシャーの中、カバーされていた多分Allenに投げるもオーバースロー、後ろのSimmonsインターセプト、リカバー中にファンブルするもDuke Dawsonリカバー。Millerは今日はQBプレッシャー4つくらいかけてる。

Broncos攻撃3
LA陣42yから。高速WR Spencerがエンドアラウンドで9yゲイン。Spencerはスピードあるためこういうプレイで使われる模様。Lindsayのスクリーンでファーストダウン。。RT Wilkinsonのホールディングで下がる。

第2Q
3rdダウン10でBroncos攻撃中。Wilkinson、Bollesと端から押されまくってFlacco投げるとき手をはたかれてファンブルロスト。

LA攻撃3
自陣31yから。ランプレイでIB Alexander JohnsonがCB Bausbyの頭部に友軍ヒット。Bausbyはまったく動かずカートで搬送される。大事ないといいけど。
CBはCallahanが欠場中。Yiadomが代わりに先発していたが、Bausbyがその座を奪っていた。Yiadomが代わりに入る。いきなりRivers、Yiadom狙うもパス失敗。3rdダウン7はDuke DawsonのパスインターフェアでBroncos陣に。S Jacksonランストップ、今日2回目くらい。3rdダウンもAllenでファーストダウンコンバート。このドライブ3rdダウンでDuke Dawsonが反則含め2回ファーストダウンとられている。
Bausbyは病院に搬送。体は動かすことが出来るという。
何度目かなの3rdダウンはMillerが割ってRivers逃げながらjパス投げ捨ても全然スクリメージ手前でぽてちん、インテンショナルで下がり、48yFGは失敗。キッカーは契約したばかりのChase McLaughlin 。新人でNFL初FGトライだった。後のリプレイで、Dre'Mont Jonesの延ばした手が軽くボールを叩いていた。

Broncos攻撃4
自陣38yから。ラン2回で3rdダウン2、E Sanders初ターゲットは守備パスインターフェアでファーストダウン敵陣入る。Sanders、サイドライン際の素晴らしいつま先芝擦りキャッチでファーストダウン。McManusの40yFGで終わる。17-0と3本差に広げるBroncos。

Gotsisに代わり先発してるPurcell、Broncosファンで育ったから先発して嬉しいとリポート。

LA攻撃4
自陣25yから。YiadomカバーのMike Williamsでファーストダウン。さらにRivers素晴らしいパスヒットで大きく前進、Malik Reedが割とRiversに狭っ体がRiversレベルだとプレッシャーには感じないか。Broncos陣入る。さらにYiadomのホールディングでファーストダウン与える。Kareem JacksonがまたランでGordon仕留める。Jackson、予定通りランストップで貢献中。Shelby HarrisがRiversの投げる手叩く活躍で3rdダウン7。YiadomカバーのWilliamsへのパスは失敗もまたYiadomのホールディングでファーストダウン与える。このドライブ2回目のファーストダウン献上ホールディング。BroncosはOLBのJustin Hollinsが膝でクエスチョナブル。ロッカーに下がる。前半残り20秒でファーストダウンゴール。LAは現在55試合連続で前半のシャットアウトなし。奮闘が期待されるMalik Reedがプレッシャーかけパス失敗。Alexander JohnsonがTDセービングタックルで4thダウンショート。LAがギャンブル。ボールの置き所がBroncos有利でわりと後ろ目。RB Eklerの大外のラン、手を伸ばすEklerの手をS Jacksonがヒットしてボールはファンブル。エンドゾーンに入り外に出たためルールではBroncosのタッチバック自陣20yからの攻撃も、試合時間はゼロ。試合では意味ないけどスタッツ的にはターンオーバーとなった。
前半終わり。

Broncos前半17-0のリードで折り返し。ランはLindsayが6回43y、Freemanが6回24yと良く出てFlaccoも11回投げ8回成功142y、1TD。BollesとWilkinsonが二人して押されてFlaccoが手を叩かれてターンオーバーになったプレイが残念だった。Janovichもブロッカーでばんばん貢献。攻撃ラインのパスプロも今日は結構持っている。
Broncos守備はセカンダリー不足、Chubb離脱と戦力的に不安が残る中大健闘。守備前半のMVPはS Kareem Jackson。ばんばんランをストップし、最後のランプレイでTDを阻止した。LAのRiversは25回投げ18回成功も118yのみと基本短いパスばかり。ただし
BroncosはBausbyが頭部ヒットで退場。Yiadomがアウトサイドコーナー、ニッケルがDawsonと非常に厳しい状況。しかしNFL3年ぶりの先発Purcell、Alexander Johnson、Malik Reedなどが奮闘。先週Jaxに200y以上走られたが今日は復帰のGordonを7回18y、Ekelerを2回3yと封じ込んでいる。なおRiversには何度かMiller、Reedが迫っているがサックはゼロ。Millerはかなりダブルでブロックされてる。



後半
LA攻撃1
リターン中にホールディングの反則あり自陣11y から。ランとめ、RBへのパスをとめ、3rdダウンロングでパス失敗、3凡。

Broncos攻撃1
Spencerナイスリターン。と思ったらイリーガルブロックあり自陣35yから。Lyndsay16yゲインでフィールド中央へ超えて敵陣へ。4thダウン2はハードカウントか?とRomoが話していたらなぜか新人Risnerがフォルススタート犯すということでパントに。

Wadmanグレートパント、1yくらいの落ちてきてWR Brownがノーバウンドで胸元キャッチか腰キャッチでいいものを、なぜか頭上キャッチをしようとして失敗、エンドゾーンん。前にスペシャルチームのプレイでSpencerの良いリターンを反則で取り消し、今回グレートパントをキャッチミスで単なるタッチバックに。2連続でやらかすBrown。

LA攻撃2
自陣20yから。センターのPunceyが怪我して下がったという。BroncosはDavontae HarrisがYiadomの代わり?か入ってきた。しかし2連続で狙われパスヒットされる。3rdダウンでMillerが迫り、Parksがパス阻止でパント。ハーフタイムショーで元DetroitのTEのNate ブライソンがMillerがまったくノンファクターとか解説してたけど、サックしてないだけでRiversに何度もパス早め投げだしさせてるんだけどなぁ。
YiadomがどうやらDavontae Harrisに変わられたようだ。Yiadomはいくら引っ込められても怪我でチャンスが回ってくるけど、結局ミスして誰かと交代されている。

Broncos攻撃2
自陣9yから。Wilkinsonが速攻抜かれてFlaccoがサック受ける。サックで下がり危険ゆえ諦めてランで前進して攻撃終わらせる。3凡。

LA攻撃3
自陣44yから。3凡。ラン2回をMiller、ReedのOLB2人で仕留める。

スペシャルチーム3プレイ連続ミス。
4yで落ちてくるパントをSpencerが見送りエンドゾーン入りタッチバックではなくキャッチしてリターン選択。LAのカバー選手2人がすでに来ておりリターンゼロ。

Broncos攻撃3
自陣4yから。パスをスクリメージでラインに手を伸ばされチップ、浮いたボールをインターセプトされる。

LA攻撃4
Broncos陣7yから。ワイルドキャットのLA。ラン2回とめ3rdダウンゴール2y。Alexander Johnsonがエンドゾーンでインターセプト。

Broncos攻撃4
自陣20yから。プレイアクションからFlaccoインターセプト危機の危ないボールを投げる。LAの選手が落としただけの危ないプレイだった。Flaccoに激しいラッシュがかかってきており、Flaccoも慌ててパスを投げるようになっている。WR Fred Brown、NFL初キャッチはファーストダウン・・と思ったらLearyのホールディングで取り消し。ゴールライン手前で3rdダウン20は危険すぎるゆえ短いパスで距離稼いでパント。

リターンTD喰らうもイエローが早々に出る。審判団協議の結果反則なし。
Desmond Kingの68yリターンTDで17-7とLA追い上げる。

Broncos攻撃5
自陣25yから。Lindasyゲインなし。

第4Q
Broncos攻撃中。3QはBroncos攻撃はファーストダウンゼロ。3rdダウン4でFlaccoスクランブルでファーストダウン。Janovich不在の間FBをしていたTE Beckがファーストダウンキャッチ。NFL初キャッチか?。Freemanランでファーストダウン。敵陣40y入る。さらにFreemanスクリーンでファーストダウンもRisnerがダウンフィールドに早く出過ぎ反則取り消し。3rdダウン4となり、WilkinsonがBosaにやられFlaccoサック。McManusの54yFGトライとなる。距離はあるものの外れ。Wilkinsonがやられたサックで下がったことが大きかった。

LA攻撃5
後半はBroncos攻撃陣のヘルプがまったくないBroncos守備。ここが踏ん張り所。
自陣44yからのLA。
ロングボム失敗もカバーしていたDavontae Harrisのパスインターフェアでパス成功と同じ結果に。ReedがRiversを激しくヒットしていたがRivers投げきった。Broncos陣25yへ。こっから前に進ませずFGトライへ。45y成功。新人McLaughlinプロ初FG成功で17-10と一本差に迫るLA。

Broncos攻撃6
後半守備に迷惑かけることしかしてない攻撃。残り6分47秒、時間を潰しだめ押しの得点が欲しい。自陣25yから。3rdダウン7となりスラントパスヒットもすぐヒット受け3凡。このドライブでもRT Wilkinsonがはやられていた。

Wadmanいいパントに、カバーチームも良し。

LA攻撃6
自陣20yから残り4分22秒。タイムアウト3つのLA。サイドを変えることは多いがこのドライブはMillerずっとLAのブラインドサイドにセットしている。Alexander Johnson、試合を決めるインターセプトチャンスボールを取れず。走りながらもボールは胸元だった・・・。なおMillerのプレッシャーがあった。激しいプレッシャーをかけるBroncos。Riversもラッシュを呼んでスクリーンにプレイを変えるもパスが通らず。パント。

Broncos攻撃7
自陣32yから。攻撃はなんとか時間ついやすがFGまで言ってほしい。Lindsayが久々抜けて32yラン。一気に敵陣37yへ。今のランでLindsayは今日100yラッシュ。なんとランプレイでE SandersがホールディングでFG圏内から出される。3rdダウン14で敵陣42y。ドローでLindsay13yゲイン、なんとか46yFGの距離までもっていく。
McManus成功、20-10とBroncosリード広げる。

LA攻撃7
10点差を追い試合の残り1分55秒、タイムアウト1個。自陣25yから。インバウンズパスを続け残り15秒でとりあえずFGで20-13となりオンサイドへ。

オンサイドはBroncosリカバー。Broncos今季初勝利。Fangioヘッド初勝利。Broncos球団通算500勝。今日はChubbの代わりに出たMalik Reedがサックゼロも何度も良いプレッシャーをかけていた。ILBのAlexander Johnsonも活躍。ただBausbyが今後出られないとCB陣は厳しい。また控えOLBのHollinsも膝を痛めた下がっている。

  1. 2019/10/07(月) 08:15:05|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2289)