broncomaniacのブログ版

ドラフトコンバイン始まる

今週NFLコンバインがいよいよ開始。2024年ドラフト候補の大学選手が一同に集い、ワークやNFL球団の面談を受ける。
現地火曜日、BroncosのSean Paytonヘッド、Gerorge Paton GMが開催地インディアナポリスで会見した。
PatyonヘッドはRussell Winsonの解雇、トレード、残留の決断に関しては、来週か、再来週のどこかで、と話した。Wilsonは先頃、Brandon Marshall(WRのほう)のPod Castに出演。Broncos残留を希望していると話していた。
Paytonヘッドはキャップが13ミリオン予想より増えたこと、ドラフトQBの評価、など様々な要素がからみあっていると話している。カットの場合Wilsonの2025年サラリー完全保証が派生する前にカットする必要があり、最終的な締め切りは3月17日となる。
Broncosは次の先発QBの失敗をするわけにはいかない。Paytonヘッドは
「Broncosファンが8人ものQBの名前が並んだシャツを着て、QBクールエイドを飲んでいるお笑いミームをみかけた。次のQBがそのシャツに乗らないようにすることが我々の仕事だ」と話している。
Paton GMはQB以外の強化したいポジションとしてTEを上げた。
「Dultichがいるが彼はずっと怪我がち。我々はフィールド中央の武器が必要だ」とPaton GM。Pat Surtainの5年目オプションに関しては
「それはもっとも簡単な決断の一つだ」とPaton GM。
ほか自軍からFAになる選手の引き戻しについても語り、Paton GMはセンターのChushenberryとは再契約したい、と話した。ただし額が相当高くなりそうで、またAlex ForsythにBroncosは高い評価を与えているだけに再契約は厳しいかもしれない。
昨年、2年前のFA戦線では激しく動いたBroncos。Paton GMは今年はあまり動かず
「毎年毎年積極的には動けない」と話した。

  1. 2024/02/28(水) 23:59:36|
  2. 未分類

2024年キャップ枠爆上げ

2024年シーズンのサラリーキャップが予想を遙かに上回る255.4ミリオンになる。242ミリオン程度という予想だった。前年度より一気に30ミリオン増大。キャップの例年の上げ率から10年単位で予想されていた基準についに戻ったことになる。ついにNFLはコロナの経済的影響から完全に脱したことに。
コロナで収益激減の2020年シーズン、それでも翌年2021年は球団側が将来の儲けを2021年に払うということでキャップ減をマイナス8パーセントにリーグは抑えていた。その前払いの後調整の2年間が終わったことで今季大きくキャップ増大。新しい試合形態による放映権の収益もキャップ枠大幅アップに貢献したという。コロナ前までは例年キャップ枠は前年比5~9%のアップだった。コロナの2020年は収益激減ゆえその収益が反映される2021年シーズンはマイナス8%と減少。2022年は14%アップと大幅アップだったがこれは減った分の反動。23年は8%と平均的伸び率だった。2024年は13.6%もの爆裂アップになっている。
ということでBroncosの2024年のキャップオーバーは予想より遙かに少ない10.7ミリオン(Overt The Cap、ただしSpotracは13ミリオン)。随分と楽になった。
DJ Jones、Tim Patrickら2人のカット予想。Jerry Jeudy、Courtland Sutton、Garrett Bolles、Justin Simmonsらのトレード放出、などでキャップ枠捻出の予想が出ているが今回の爆上げキャップ枠のため多くの選手が残留となりそう。

2021年のBroncosのドラフト1順のCB Pat Surtain。ドラ15年目オプション行使の締め切りは5月2日。行使となれば2025年は19.802ミリオンのサラリー。2024年は3.519ミリオン。

Russell WilsonがDenverエリアの家を売却?
2022年にトレードでBroncos入りしたWilson。25ミリオンで購入した広大な敷地を持つ家の売却に動いていると現地メディア。すでに提示を受け入れた、内覧ツアーを行う伝えられている。25ミリオンで購入した家。いくらで売れるかな。

LV Raidersが元Broncos攻撃CのRich ScangarelloをQBコーチとして雇用と現地メディア。Oakland Raidersでも2009にクオリティコントロールコーチで在籍していたことも。
SFで2017~2018年にQBコーチ。Vic FangioのBroncosヘッド1年目に攻撃C。Fangioとはあまりあわなかったのか1年で解雇。Fangio最後に2年はPat Shurmurが攻撃Cをつとめた。
Broncos解雇後はPhillyのシニアアシスタント、SFに戻りコーチ。NFLを離れKentucky大の攻撃C。2023年は所属なし。最近はドラフトを控えたUSCのQB Caleb Williamsのワークを見ていた。
  1. 2024/02/25(日) 00:03:55|
  2. 未分類

ILB Griffithと再契約

BroncosはILB Jonas Griffithと1年98万5千ドルで再契約。Griffithは今オフExclusive-Rights Free Agent、Broncosが契約独占権があるFA選手だった。Broncosには2021年にSFからトレードで入団。2022年は先発ILB、11月に怪我。2023年も8月にACLで全休。
Broncos先発ILBは契約下にAlex Singleton、FAとなるのがJosey Jewell、Justin Strnad。ILBはBroncos守備の中では強化が必要とみられており、注目のポジション。Griffithは層という点では悪くない再契約。先発としてJewellと再契約するのか、FA補強へ向かうのか。ドラフトか。

BroncosはNOの攻撃CだったPete Carmichaelをシニア攻撃アシスタントで雇用と発表。またPhillyに移籍したDBコーチChrsitan Parkerの後釜としてJim Leonhardを守備バックコーチ兼パス守備コーディネーターとして雇用と発表。Leonhardはドイツ系の名前でLion Heart、Lion Braveの英語に相当する意味を持つカッコイイ名前。

スーパーボウルでLV RaidersのホームスタアムでKC Chiefsが優勝。優勝トロフィーのロンバルディートロフィーを壇上に運ぶ役目でJohn Elwayが登場。Broncosファンからはなんたる悲しい風景とXではお嘆きの声が。壇上でElwayはMahomesやKelceと笑顔で話をするシーンも見られた。
元Denver Postライターで現在リーグ最強インサイダーのAdam SchefterのSporifyでのネットラジオにJohn Elwayが登場。
SchefterにRaidersのホームでChiefsのためにトロフィーを運ぶ役割だったことに関して問われ
「Raidersのホームに関しては何も思わなかったけど、友人であるJohn LynchやKyle Shanahanの49ersに渡せればとは思ったよ。でもKCも素晴らしいプレイで、後半の逆転は素晴らしかった。Patrick Mahomesも前半の不調から復活したしね。彼は素晴らしい選手で歴代でも最高のQBの1人。彼がトロフィーを受け取ることを見るのは楽しかったよ。彼が僕を失望させることはまったくない。必要なフィジカルツールを全て持っている。判断力もある。動けるアスリートで誰にも負けない競争心を持っている。Patrick の最大の点はAndy Reedというコーチがいること。AndyはPatrickのベストが出せる、正しい状況を作っている」とElway。
Elwayは現在もカービジネス、レストラン経営やしょっちゅうゴルフで忙しくてしているという。またもすぐ10人目の孫が生まれるということで良い人生を送っているとElway。

  1. 2024/02/15(木) 20:57:37|
  2. 未分類

新DBコーチは若手超有望格Jim Leonhard

Phillyに移籍したChristian Parker DBコーチに変わる後任として、BroncosはWisconsin大の守備Cとして活躍した Jim Leonhardを迎えると情報筋。
Leonhardは元NFL選手。2005年のBuffaloのドラフト外新人FA選手。Broncosに2012年在籍。控えセーフティー、リターナー。スタッツを見るとBroncosで1試合に先発、16試合に出場アクティブ。18タックル、1ファンブルフォース。リターナーとしてはパントリターン15回で89ヤード。キャリアでは142試合出場、73先発、431タックル。
引退後にWisconsin大で2016年に守備バックコーチ、2017年~2022年は守備C、2022年に代理ヘッド。2023年はイリノイ大でシニア守備アナリスト。
41才の若手のコーチ有望格で今オフ、複数のNFLチームや大学から声をかけられていたという。Vance Josephの後釜発見とXではBroncosファンには超大ヒット補強と喜ばれている。昨年の今頃もNFL球団のコーチ候補として名前が出ていた。わりと今までふらふら残っていたのが不思議なレベルな逸材らしい。

  1. 2024/02/13(火) 01:16:16|
  2. 未分類

Gradishar、球団施設で殿堂入りを伝えられる

  1. 2024/02/11(日) 21:45:45|
  2. 未分類

DLコーチ移籍 Payton話す

コーチ流出2人目。DLコーチのMarcus DixonがMinnesota Vikingsに同職で移籍。
DBコーチのChristian Parkerに続いて2人目のオフのコーチ流出。
しかも昇格移籍ということではなく、チームは移籍をブロック出来たが2人のコーチにはブロックせず。Broncosは昨年離脱したEvero守備CがCarolina移籍の際、上記2人のコーチの移籍をブロックしていた。若い2人のコーチには良いチャンスと見送ったのか。もしくは今年は移籍を許したとたということは、他の方向性、他のコーチへチームが傾いていた、ということか。

Sean Paytonヘッドがスーパーボウルウィークの間にKay Damsの番組に出演。週明けの現地月曜からドラフトミーティングが開始。Paytonヘッドはドラフト候補の新人選手には今のところまったく知識なし、ジャージー番号もしらないと話した。QBをドラフトで取るのか、FAで取るのか、もしくは現在のチームにいるQBでいくのか、その判断はまずそれほど時間がかからず下されるとPaytonヘッド。Broncosはトレードアップ、トレードダウンするなどのメディアからいろいろBroncosのドラフトの噂は出ているが、ドラフトに関することはすべては月曜から始まるとPaytonヘッド。
FA選手評価はすでに開始しているという。
Jim RomeのショーではPaytonは求めるQBに関して
「私は、QBは素早い判断力が重要だと思う。Drew BreesやPat Mahomesらはそれらが彼らの強みになっている。クイックプロセスが出来るQBは6秒、7秒でプレイをオペレートすることが出来る。これらの能力を持つ選手を評価、見つけるのはコーチにとってもとても難しいことだ」と話している。
QBはスナップ前に、相手守備のMLBを確認し、WRにモーションの指示を出し、RBにはチェックダウンの指示を出し、たとえばKelceにはカバーゼロの注意を促す。てを指示してセットしてスナップをセンターに出させる。これがすべて数秒で出来ないといけないというPaytonヘッド。

2024年で契約が切れるLT Garrett Bolles。もしかしてキャップ対策でカットされることも予想されている。Bollesは今後もBroncosでのプレイを望んでいる。
BollesはNFL授賞式にスーツで登場。
「自分はRussが大好きだ。今後も彼とは連絡を取り合うだろう。しかし僕の仕事は誰であれ、QBを守ること。コーチPaytonはやりたいようにやるだろう。Paton GMやPennerオーナーグループも組織にための助けとなる必要なことはすべてやるだろう。そして僕も誰が僕の後ろにいても守り抜くことをするだけだ」とBolles。
ILB Alex Singletonは来年のQBに関しては現在のところどうでもいいようで、心配なのは相棒ILB Josey Jewll。FAのJewellが2024年にまた相棒として戻ってくるのか、そうでないなら誰がSingletonの相棒ILBになるのか。そちらが今のところ1番の心配事で、それが判明したらQBのことを考えたいとSingleton。

  1. 2024/02/10(土) 23:48:52|
  2. 未分類

オレンジクラッシュRandy Gradishar殿堂入り

殿堂入りの資格を得て35年、ようやくRandy GradisharがNFLの殿堂入り。スーパーボウルウィークのNFL23シーズン受賞式典で発表された。Broncos1970年代を支えた強烈なタックラーだったLB Gradishar。
Gradisharには先月末にすでに殿堂入りすることがBroncos球団を通じて伝えられていた。地元メディアのインタビューに応えたGradisharによると、Broncos広報がPennersCEOらがオレンジクラッシュ時代の話を聞きたいと連絡をしてきたという。Steve Atwaterが話を聞くからと伝えられ先月26日、Gradisharと妻はBroncos球団を訪問。Penner CEOらオーナーグループとオレンジクラッシュ時代の話で盛り上がった。その後Penner CEOらがGradisharをチームの会見ルームへ案内した。ルームに入るとそこにはTom Jackson、Billy Thompsonらオレンジクラッシュ時代のチームメイトが待っていたという。そして2020年に殿堂入り、現在Broncos広報で働いているSteve Atwaterから
「殿堂へようこそ」、と殿堂入りしたことを伝えられたという。その後ステーキハウスのDel Frisco's Double Eagle Steakhouseでお祝いのランチを楽しんだという。
Gradisharはあと3週間で72才。1974年のBroncosのドラフト1順指名選手。10年のキャリアで7回にプロボウル、2回のオールプロ、守備MVP1回。John Elwayの新人時代の1983年に1年だけチームメイト。
殿堂近代部門での資格が2008年で消失。それまでの近代部門で殿堂入り出来ず、その後は数多い激戦となるシニア枠での殿堂資格となり、長い間待つことになってしまった。
GradisharはBroncosが主なる所属の関係者では9人目の殿堂入りメンバー。John Elway、Gary Zimmerman、Floyd Little、Shannon Sharpe、Terrell Davis、Champ Bailey、故Pat Bowlenオーナー、Steve Atwaterに継ぐ。ほか3~4年の短期Broncos在籍ではPeyton Manning、DeMarcus Ware、Willie Brown、Brian Dawkins 、John Lynchら。1年だとTy Law、また引退イヤーにキャンプのみでロースターに残れなかったJerry Riceほかがいる。

  1. 2024/02/10(土) 00:50:14|
  2. 未分類

DBコーチ Parker移籍 Philllyへ

コーチ流出。DBコーチのChristian ParkerがVic Fangioが守備Cに就任したPhiladelphia Eaglesへ移籍。ParkerはFanbioのBroncosヘッド時代の3年目にBroncosに。その後Hackettヘッド、Paytonヘッドとヘッドが変わってもチームに残り続けていた。昇格移籍ではないためBroncosは移籍をブロック出来たが地元メディアのMike KlisはParkerの希望と良いチャンスを尊重しPaytonヘッドはブロックしなかったと伝えている。Parkerはこのオフ、Green Bay、New Englandの守備C職のジョブインタを受けていた。

“LV Raidersが元ArizonaヘッドのKliff Kingsburyと攻撃C職で合意へ、と現地情報筋“と書いたのが数日前。なんと契約内容のツメで破談、Washington CommandersのOC。
Commandersはドラフト全体2番目の指名権を持つ。Kingsburyは2023年はUSC。今年のドラフト1番目指名が予想されるQB Caleb Williamsの大学。WashingtonがWilliams取りへ動く布石ではとの予想も。全体1番目の指名権を持つChicagoそして、Washington。全体12番目指名権を持つBroncosも超大型トレードアップでWilliams指名に動く可能性もあるのではとささやかれている。


  1. 2024/02/07(水) 00:06:08|
  2. 未分類

地区内強化進む

LV Raidersが元ArizonaヘッドのKliff Kingsburyと攻撃C職で合意へ、と現地情報筋。
Kingsburyは2019~2022年にArizona Cardinalsのヘッド。現在Broncosの守備C Vance JosephはKingsburyヘッド時代の4シーズンArizonaの守備Cだった。
Joseph守備Cは2024年に元ボスと2度対戦することに。
ほかCarolina Panthersの守備C Ejiro EveroはPanthers残留濃厚。Everoは2022年シーズンのBroncos守備C。Panthersとは2024年シーズンに対戦予定がある。
ついでにAaron RodgersのNY Jetsとも対戦。2023年の対戦ではRodgersは怪我をし欠場だった。
昨年は元BroncosヘッドNate Hackettとそのお友達Rodgers在籍のJetsとの対戦は開幕前には大きな注目を集めていた.
また元SeattleのRB Shaun AlexanderがPodCast番組でRussell WilsonはAtlanta Falconsへ入ると聞いていると発言。このオフにBroncosはWilson解雇と予想されている。
「確実なことかどうかわからないが、そのように噂を聞いている」と話している。2024年はAtlantaとも対戦予定のBroncos。

2024年のドラフト、1順12番目の指名権を持つBroncos。BroncosはトレードアアップしてCaleb Williams,、Drake Maye,、Jayden Danielsらの指名に動くのではという推測、予想が出ており、現地でもBroncosは動くという噂がメディア間でも広まっているという。QB WilsonやPaytonヘッドの獲得のためトレード権をばんばん放出しまくりのBroncos。今年のドラフトでトレードアップする場合、ドラフト権に加えPat Surtainもそれに含まれるのでは、またJerry Jeudy、Courtland Suttoも求められればつけるだろうと伝えるライターも。もしChicagoがもつ全体1番目の指名権、Caleb Williamsをとりにいくとなるとすさまじい代償を払うことになる。一方トレードアップがないと考える意見としては、この2年のドラフトで指名権が少なく選手層がかなり薄く、これ以上チーム全体の層を薄くしてトレードアップすることはないのではというものが多い。今年のドラフト権は1順、3順、4順が1つづつ、5順が2つ、6順の計6個。
もしChicagoの全体1番目にジャンプアップするなら放出の予想は
Patrick Surtain II
2024 first-round pick (No. 12 overall)
2024 third-round pick
2025 first-round pick
2025 second-round pick とheavy.comは伝えている。


  1. 2024/02/03(土) 00:09:10|
  2. 未分類

Parker DBコーチどうやら残留

Green Bay PackersがBoston CollegeのJeff Hafleyを守備Cに指名と現地情報筋。Broncosの守備バックコーチChristian Parkerが同職でジョブインタを受けていた。どうやらParkerの他の球団への週出はない流れ。

スーパーボウルはSFとKCの激突。KCはBroncosの現在の最大のライバル。NFCの対戦相手はどこであっても大方のBroncosファンはKCではなくNFCのチームを応援となるがそれがSFとなるとさらに応援の熱もあがる。
なにせKyle ShanahanヘッドはMike Shanahanの息子。RB Christian McCaffreyはEd McCaffreyの息子。QBコーチは元BroncosエースQB Brian Griese。さらにGary Kubiakの息子のKlayとKlintも攻撃コーチで在籍。GMは元BroncosでFOXの解説者時代に暇なときにJohn ElwayについてGM学を学んだJohn Lynch。
さらに新しい情報が。SFのエースQB Brock Purdyのお父さんは元マイナーリーガーのShawn Purdy。お父さんのShawnはMiami大野球部で元Colorado Rockiesの捕手Charles Johnsonとチームメイト。Shawnに奥さんを紹介したのはCharles Johnson。Charles Johnsonの息子はBroncosのWR Brandon Johnson。
KCのQB Mahomesのお父さんは大リーグで11シーズンプレイ、おまけに日本の横浜ベイスターズでも2年プレイ。当時子供だったMahomesも日本に住んでいた。

Tulane大のQB Michael PrattがBroncosからすでに2回インタビューを受けていると話した。Prattは2順~3順指名が予想されている。

  1. 2024/02/02(金) 00:06:23|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2288)